位置と地勢

来待川桜 佐々布川桜

 宍道地域は松江市の西端に位置し、北は宍道湖、南は丘陵地で、東西約10km、南北約6kmの台形状をなし、宍道湖岸に広がる面積60.17km2の町です。陸地面積45.08km2の66%は山林原野で占められており、地形的には中央部から北部宍道湖岸にかけて比較的なだらかな丘陵部と南部の山地からなっています。

 交通は、東西にJR山陰線・国道9号、南北にJR木次線・国道54号が走り、隣町には出雲空港があり、平成13年には山陰自動車道宍道・安来間、平成15年には宍道・三刀屋間が開通し、全国の高速道路ネットワークにつながるなど、交通の便に極めて恵まれています。

 北部に位置する宍道湖は、全国で6番目の広さを有する天然湖で、周囲45kmの汽水湖として独特の生態系を持ち、シジミをはじめとする宍道湖七珍(しっちん)、湖面に映る美しい夕日とともに親しまれています。