ブログ

時事通信社より教育奨励賞努力賞を受賞しました。

CIMG4553.JPG この度、「時事通信社」より本校教育活動に対して「第35回教育奨励賞努力賞」を受賞し、記念の賞状と盾をいただきました。

 表彰された活動は、平成26年度から続けてきた「東日本大震災」の被災地支援活動です。児童生徒会活動として二つの活動を全校で取り組んできました。

 一つは、平成27年度から行っている「福島ひまわり里親プロジェクト」です。福島から届いたひまわりの種を育て、収穫した種を福島へ送っています。被災地復興への願いを込めて活動しています。

 もう一つは、宮城県南三陸町にある「のぞみ福祉作業所」の仕事を応援する活動です。紙パックを回収して送っています。手紙やリモートで交流をしながら活動しています。

 これからも本校児童生徒、教職員一同、被災地復興を願いながら活動を続けていこうと思います。

12月25日(金)江津市内の駅の100周年記念式典

 昨年の12月25日(金)に江津市内の駅(江津駅、都野津駅)にて、100周年記念式典が行われ、本校児童生徒と江津高校、江津工業高校の生徒が協同で作ったくす玉とタイルアートが使われました。

 本校生徒は、自分にあったやり方で「紙吹雪」を作ったり、1枚ずつ丁寧にタイルを貼ってタイルアートを作ったりしました。タイルアートは高校の美術部作画による壁紙を高校と本校とで分割してそれぞれ制作していき、最後に合体させて完成したものです。

 タイルアートは、現在、市内のJR都野津駅待合室に設置されています。是非ご覧ください。

写真2.jpg写真.jpg

 皆さんは、「ウィンチ」という言葉を聞いたことはありますか?

「ウィンチ」とは、重たいものを小さい力で動かす(持ち上げる)ことができる道具です。例えば、身近なところで階段昇降機(階段を上り下りするためのリフト)やフェリー、工場等で活用されています。

 高等部の生徒が、身近な場所で活用している「ウィンチ」ってどのような仕組みなのか?という疑問を授業の中で抱きました。そこで、GO►GOTSUコンソーシアムのつながりを利用し、確かめてみたいという生徒の要望を受け、江津工業高等学校の先生に来て頂き、授業を受けました。

 総合的な学習の時間に感じた疑問を、物理基礎の視点で理解することで、より深い学びとなりました。

 〈生徒の感想〉

 「総合的な学習の時間で「安心安全な暮らし」について調べる学習に取り組んでいます。避難経路の確保や安全に避難するための方法を調べると、階段昇降機に「ウィンチ機構」が使われていると書いてありました。初めて聞いた言葉に、どんなものか知りたくなったことがきっかけで今回の授業を受けました。

 その中で、フェリーに「ウィンチ」が活用されていることを知りました。フェリーには「ウィンチ」が複数使われていることや、フェリーが着岸するときに、投げたロープを巻き取る時に使われていることを知りました。知らないことを学んだり、いつもと違う授業であったりしたことが面白かったです。機会があればまた、今回のような授業を受けてみたいです。」

 11月5日(木)に本校の高等部の生徒が、江津工業高等学校の中山先生、NPO法人てごねっと石見の竹内さんに"将来の僕の思い"について発表しました。「化粧水を作りたい!」「起業したい!」という思いを8分間のプレゼンにすべて詰め込みました。 

①コンソーシアム(11月6日).JPG ②コンソーシアム(11月6日).JPG

 夏から本格的に準備を始め、少しずつやりたいことを形にしていく中で、先生や学校の友だちの意見やアドバイスを参考にしながら試行錯誤した2ヶ月間でした。今持っている力を全て出して準備をした結果、伝える難しさや実行するために必要なこと等、さまざまな視点から考える良い機会となりました。

 今後は、起業した方から話を聞いたり、化粧水について知識を持った方々から話を聞いたりする等、人との"出会い"と"つながり"を大切に学びを深めていきたいと思います。

福島ひまわり里親プロジェクト収穫祭

 10月6日(火)に福島ひまわり里親プロジェクトの収穫祭が行われました。

 今年度は、感染症対策のため、テレビ会議システムを使ってリモートで渡津小学校の3年生と交流しました。

   収穫祭HP用①.JPG 

収穫祭HP用②.JPG

 前半は、渡津小学校の3年生が作成した漏斗型のボトルを使って種の袋詰めをしました。「使いやすい!」、「飾り付けがすてき!」と大好評でした。渡津小学校の子どもたちからも「グッズを見たときにやる気が出たり、やりやすかったと言ってもらったりして、役に立てて嬉しかった。」、「作る時も、使ってもらっている時も嬉しかったし、楽しかった。」、「集中してやっていてすごいと思った。」等の感想が挙がりました。

  収穫祭HP用③.JPG 後半の作品作りでは、一人一人が作ったひまわりの作品を貼り合わせ、合同作品が完成しました。出来上がった作品に「おー!」と歓声が挙がり、離れた場所にいても、一緒に頑張ったと「つながり」を感じられる場面でした。

  収穫祭HP用⑤.JPG 

収穫祭HP用④.JPG

 初めてのリモートで交流しながらの行事でしたが、両校の子どもたちから、「頑張っている様子を見られて良かった。」、「もっとお互いのことが知りたい。」等の感想を聞くことができ、渡津小学校の児童と清和の児童生徒がつながることのできる交流になりました。

9月3日(木) コンソーシアム(物理授業)

9月3日(木)にGO►GOTSUコンソーシアムでつながりのある江津工業高等学校の先生に来ていただき、授業をしていただきました。

授業内容は、

漫画の主人公の身に起こる現象はありえないことだから面白い。でも、それが現実に起こったら!?「アンパンマンの顔を交換するためには・・・」「ルフィの腕が伸びた時の威力は・・・」「テニスの王子様に出てくる波動球の速さは・・・」など、物理基礎の知識を活用して計算しました。難しそうな計算と思いきや、江津工業高等学校の中山先生が面白おかしく話してくださり、最後は「おぉ~!」と感動を味わうことができました。

授業1.jpg※実際に計算方法を教えていただいている様子です。

掲示物.jpg※江津工業高校の新聞にも掲載されました!

また、中山先生からも感想をいただきました。

「生徒さんは、思考力があったので、「楽しめる」「自信がもてる」内容を意識しました。たのしんでもらえた分、次回へのハードルは上がりましたが(笑)私も次回が楽しみです。これが生徒さんの自信につながっていれば幸いです。」

これからも県立学校GO►GOTSUコンソーシアムを通して、たくさんの方々と関わる活動を実施できたらと思います。

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリ

  • 県立学校GO►GOTSUコンソーシアム
  • 江津市
  • 特別支援教育課
  • 島根県立江津工業高校
  • 島根県立江津高校