お知らせ

2020年11月アーカイブ

高等部 水産加工実習

11月19日(木)に隠岐水産高校で水産加工実習に参加しました。今年度初めての水産加工実習でした。

今回は新巻鮭づくりです。鮭を運ぶ、鮭を洗う、塩を運ぶ、塩を詰める等それぞれの作業を担当し3時間続けて取り組みました。

水産加工実習⑤.jpg水産加工実習③.jpg水産加工実習②.jpg水産加工実習④.jpg

「鮭を運んだ。重くはなかったけど冷たくて大変だった。」「鮭を洗うときに心臓を取るのが難しかった。」「手が痛くなったが最後まで頑張った。」「水高の人に分かりやすく教えてもらい、スムーズに作業できるようになった。」「中学校の同級生と話せて嬉しかった。」などの感想がありました。技術だけでなく働く姿勢についても学ぶことができた実習でした。

昼食は鮭の入ったお味噌汁を水高の生徒さんや先生方と一緒においしくいただきました。

水産加工実習①.jpg

高等部 作業製品校外販売会『ミニ岐楽市』in隠岐支庁

11月11日(水)隠岐支庁の1階ロビーで『ミニ岐楽市』が行われました。

今年度は、コロナ感染症予防のため隠岐養護まつりを中止したため、作業製品を販売する機会がなくなりました。販売の機会を探していたところ、今年度から本校の掲示コナーを作っていただいた隠岐支庁より依頼を受けて販売会を実施することができました。

昼休みの1時間実施しました。たくさんの方に来ていただきました。感染症のリスクをさけるため、生徒も代表者の3名で参加しました。次々とレジの列に並ばれるお客さんに嬉しい忙しさでした。「こんなかわいい製品を作っているんですね!」などの感想をいただきました。、新たな販路の開拓にもなり、隠岐養護学校を知っていただくよい機会になりました。

販売会②.jpg販売会③.jpg販売会①.jpg

島根県立大学教授園山繁樹氏(講演、小学部指導助言)、特別支援教育課課長佐藤真司氏、同課指導主事日髙修司氏(高等部指導助言)をお迎えして表題の研究会を行いました。「重点目標の達成を目指した授業づくり~評価に基づく授業改善の取組~」をテーマに昨年度から取り組んできた授業づくりについて発表し、県内の特別支援学校から参加された26名の先生方から貴重なご意見をいただきました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、校舎内のサテライト会場での授業参観等参加者の皆様に協力していただきながらの実施でした。この日の研究協議でいただいたご意見を今後の取組にいかしていきたいと思います。

県知研③.jpg県知研⑤.jpg県知研④.jpg県知研①.jpg県知研②.jpg