出商図書館「明知の泉」

「明知の泉」の特徴

  1、読書センター、学習・情報センターとして親しみやすい図書館をめざします。

  2、図書館活用教育とNIEに力を入れ、生徒の主体的な活動や探求型学習の支援をします。

「明知の泉」の蔵書数

令和3年3月31日現在
分数 000
総記
100
哲学
200
歴史
300
社会
科学
400
自然
科学
500
技術
600
産業
700
芸術
800
言語
900
文学
冊数 2,994 906 1,924 3,270 1,688 1,138 649 2,575 775 11,096 28,634冊
比率 11% 3% 8% 12% 6% 4% 3% 9% 3% 41% 100%

 1年生9月9日のLHRで、クラスごとに、図書館で自分の進路に関連することを調べました。

 まずはマインドマップを使い、自分の興味・関心のある事柄や分野を書き出しました。次に司書によるブックトークで仕事や進学などの進路に関連する本の紹介を聞きました。その後各自で、自分の進路に関連する本や興味のある分野の本を探し、じっくり読んだり、内容をメモしたり、友だちと分かったことをシェアしたりしていました。

「ひとつでも好きなことやものがあると、それが様々な仕事につながることが分かった。」

「将来なりたいものになるために、どんなことをすればいいかが分かってよかったです。」

「まだ進路を決めていないけれど、いろいろな職業を知ることができた。」といった感想がありました。

 図書館には、進路を考える時に参考になる本もたくさんあります。これから自分の進路をしっかりと考える時に、図書館も利用してみてください。

Library98.jpgLibrary99.jpg

 
 
 

 2年生のLHRで図書館タイムを行いました。自分の興味・関心をマインドマップを使って可視化し、その中から一番気になるものに関連する本を図書館内で探す作業を行いました。自分の希望する職業に関するもの、部活動に関するもののほか、韓国語の本や写真集など、バラエティに富んだ本を探す時間となりました。
 ただ、図書館の蔵書には限りがあり、目的の本が見つからない人もいました。そうした人には、リクエスト(購入希望)することをおすすめしました。また、本を探し手に取ることで、自分の好きなこと・得意なことを再確認・再発見した人もいました。
 「自分の興味のあることについての本がどこにあるのかがわかった」「本の探し方がわかった」「なりたい職業について知ることができた」「自分が今、何を知りたいのかを整理することができて良かった」といった感想がありました。
 いろいろな情報が集められるツールとして、インターネットだけでなく、図書館の本も使ってみてはいかがでしょうか。

P1000295.jpgP1000303.jpg

 
 
 

 3年生のLHRを使って、図書館タイムを行いました。図書館の本を使い、自分の必要な情報を探す作業を行いました。今回は主に、希望する仕事の本や、就職や進学の面接や小論文試験対策の本などを手に取り、自分の進路に関わる情報をメモしました。「インターネットを使っても得られなかった情報がすぐに見つけられた」「詳しく正確な情報が分かった」「なかなか目的の本が見つけられなかった」など、様々な感想がありました。
 これからも読書だけではなく、情報を得る場所としても図書館を使ってほしいと思います。DSCN1709.JPGDSCN1705.JPG

 
 
 

本日より通常の学校生活がスタートしました。本校では①本に親しむ習慣をつける、②1日の始まりに、短時間集中して読書し落ち着いて学校生活を送るために「朝読書」を実施しています。今日から「朝読書」が始まり、どのクラスも集中して読書をする姿が見られ、良いスタートを切ることができました。

0601朝読書2.jpg0601朝読書1.jpg

 
 
 

 1年生が図書館で進路学習に関するホームルームを行いました。

 今日はグループごとに題材となる文章(働く人に関する本)を読み、キーワードを書き出しグループで各自のキーワードをシェアしました。

 働くことについて考えたり、文章から欲しい情報を探し出すスキルについて学び、今後の学習や進路決定について考える機会となりました。

PA080041.JPG PA080047.JPG PA080050.JPG

 
 
 

 本校では図書委員会の活動の一環として、2階図書館と教室棟の間の渡り廊下に、図書委員のおすすめ図書と、新聞記事比較が展示されています。

 おすすめ図書のコーナーでは、図書委員のおすすめの本と、おすすめした人のコメントが展示されています。

 新聞記事比較のコーナーでは、図書委員の生徒が同じテーマの新聞記事を複数集め、内容の読み比べをしています。

 本校にいらっしゃる際にはぜひご覧ください。

 20150615tosho1  20150615tosho2

 
 
 

 島根県大会の審査がありました。出雲商業高校からは4名が上位の賞に入り学校賞を頂きました。受賞者は以下の通りです

 指定図書の部  優秀賞 2席(全国コンクール出品) 「輝ける場所」 1年 三代 葵、    優秀賞 3席 「緑」 2年 板垣 幸帆 

 自由図書の部  優秀賞 「守りたい」 3年 堀内南美    優良賞 「誰かのために」  2年 三浦寛子

今年は出品点数も多く作品のレベルも高かった中、最終審査にたくさんの作品が残ったことは、とても嬉しいことです。本に親しみ思いを表現する豊かな感性を大切にしてほしいです。(図書館 高橋)

 
 
 

七夕にちなみ、図書館入り口や周辺を少しイメージチェンジしてみました。

 

 

 
 
 

本日は2年生の各クラスに図書館タイムを行いました。図書館に集まり、生徒の皆さん・担任・担当者・司書の先生方の掛け合い形式で旬な本の紹介をしました。読書の楽しさを発見できる時間となりました。

 

 

 
 
 



関連する記事