校章 学校だより 第24号 平成18年12月号 ご意見・ご感想は安高まで
TEL(0854)22-2840
FAX(0854)22-3612
島根県立安来高等学校

1ページ * 2ページ

伝統をつなぎ、新しい夢・文化を地域とともに創る
安来高校 教育の日
11月3日(金)「安高教育の日」が開催されました。

<「安来高校教育の日」コンセプト>
安来高校が展開する授業・部活動など各領域についての本校教育活動全般を広く地域社会に情報発信するとともに、生徒が地域社会の一員であることの自覚をより一層深める機会をつくり、以て地域に根ざす高校としての今後の教育活動をともに考える契機とする。


特別記念講演
講演&ゴスペル熱唱
「人生あきらめたらあかん!」
 〜足りないものに不平不満をいわず有るものに感謝〜

ゴスペル歌手 市岡裕子 さんによるエネルギッシュな講演・ステージ

1年生 銭太鼓教室
写真
3年生 公開授業
写真
2年生 出張講義
写真
「版画家 平塚運一のすべて」
県立美術館学芸員 真住貴子さんを招いての版画家 平塚運一の人と作品に関する出張講義
○ 学芸員出張授業             2年 女子
 安来高校教育の日、「今年の特別授業は講演会か…ずっと話を聞いていないといけないのか…」と授業の前は思っていました。
 しかし、授業が始まってみると、とてもおもしろくて、あっという間に一時間が終わってしまいました。スクリーンに映し出された一枚の版画について、それぞれ思ったことを述べていくのが、とてもよかったです。
 そして昼休みをはさんで二時間目。次は版画家の平塚運一さんについてのお話でした。平塚さんの版画の作品をスクリーンに映しながら、お話を聞いたのですが、どの作品もとても繊細で優しく、かつ力強い作品で(18歳の時のあの版画は除く)、作品が映し出されるたびに、「ほう…」と感動してしまいました。また、今年も美術部で版画甲子園にむけて頑張らないといけないな、とやる気もかなり湧いてきました。
 この特別授業は本当に勉強になったし、おもしろい授業だったので、思い出に残るとてもよいものになりました。版画って素敵ですね。

物理実験教室
写真
「物理教育と教材の活用」
〜身の回りの物理現象を考えよう〜
島根大学助教授 重松宏武氏 による物理実験教室開講
○ 理科実験教室             2年 男子
 この日の公開授業は、普段実験をすることがなかなかできない僕たちにとって、とてもよい経験になりました。これによりさらに科学に興味を持てるようになったということもありますが、一番よかったことは、僕たちはよく式や特別な条件の中で考えるのですが、実際には想定どおりにはいかないこともあるということを、確認できたことです。例えば、重い球と軽い球どちらが速く落ちていくかを考えるとき、実際には空気抵抗があるので、重い球が速く落ちていきますが、テストの問題などでは、よく「空気抵抗はないものとする」と書いてあるので、両方同じ速さだと考えたりします。また、普段は大学入試を目指しているため、実験をするよりも、ノートをとる時間がほとんどです。しかし公式や実験の結果だけを示されても、やはり僕たちは「なぜ?」とか、「それで?」などと思ってしまいます。
 この実験教室をきっかけとして、理科への関心や理解が高まり、また仮想と現実の差を理解することもできました。これからも実験を行ったり、それに関連した話を聞いたりしたいと思っています。

2年生理系クラスでは迫力ある実験テルミット反応をしました
テルミット反応

PTA研修会での作品展示
PTAによるエアストーン作品や絵画の展示

写真 写真

「教育の日」にご来校くださった皆様、
ありがとうございました。


1ページ * 2ページ

安来高校トップページ 学校だより目次