島根県立益田翔陽高等学校ホームページ




ホーム学校案内 学 校 案 内


学校案内(CAMPAS GUIDE) (pdf)


平成24年度 学校案内(CAMPAS GUIDE)2013年度版

※今年より次年度募集としての年号に変更しました。

平成23年度 学校案内(CAMPAS GUIDE)2011年度版
平成22年度 学校案内(CAMPAS GUIDE)2010年度版
平成21年度 学校案内(CAMPAS GUIDE)2009年度版
平成20年度 学校案内(CAMPAS GUIDE)2008年度版

ホーム学校案内


学校通信 (pdf)


平成25年度  4月  5月  6月                  
平成24年度  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月・12月 1月 2月 特別
平成23年度  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月・12月  1月    
平成22年度  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月    1月    3月
平成21年度  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月    2月  3月
平成20年度  4月  5月  6月  7月    9月   11月 12月  1月    

ホーム学校案内


行事予定 (pdf)


平成25年度 年間  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月            
平成24年度 年間  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月  1月  2月  3月
平成23年度 年間  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月  1月  2月  3月
平成22年度 年間    5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月  1月  2月  3月
平成21年度 年間                        
平成20年度 年間                        


ホーム学校案内 学 校 概 要


複合型専門高校


島根県では初めての複合型専門高校として、平成18年4月に誕生しました。
ホームページでは、翔陽高校での今の活動や様子についてご覧いただけます。
詳細の学校案内につきましては 学校案内(CAMPUS GUIDE) をご覧ください。

  南に薄紫の中国山地を遙かに望み、 北にみどりの海を抱き、 神話や石見銀山などの 歴史を有する島根県。 その島根県の中でも西部に位置する益田市は、 清流日本一に 輝く高津川の河口に位置し、 年間日照時間が全国でも有数の地域で、温暖な気候を利用 したマスクメロンの産地として有名です。また、万葉歌人「柿本人麿」や画聖「雪舟」所縁の 地でもあります。

  本校は、大正10年に開校した益田農林学校と昭和38年に開校した益田工業高等学校が、 平成18年に統合し、県内唯一の複合型専門高校として新たなスタートをした高校です。

  また、統合に伴い、益田工業高等学校は平成20年3月1日,益田産業高等学校は平成20年3月3日をもって閉校しました。

ホーム学校案内


学校名と所在地


  学校名 : 島根県立益田翔陽高等学校
  所在地 : 〒698−0041
         島根県益田市高津三丁目21番1号
         ( 東経131°49' 北緯34°41' 標高24m )

お問い合わせ先について
郵送の場合   上記の住所にお送りください。
電話・FAXの場合   電話:(0856)22−0642 FAX:(0856)31−1043
電子メールの場合   学校の代表メールアドレス宛に送信してください。
  アドレスは shoyo-01@shimanet.ed.jp です。
ご来校いただく場合   学校までのアクセスをご覧下さい。

ホーム学校案内


校  章

  益田翔陽高等学校設置にともない一般公募作品の中 から、玉木絵美氏作のデザインが校章として採用されました。

  外周の形状は、翔陽の「翔」の字をモチーフとし、 鳥が大空に羽ばたく形を表し、緑と光あふれる環境の もとで「伸び伸びと学ぶことができる学校」を願った ものです。

  校章の色「青」は益田市の自然豊かな環境のもと、 高い空、日本海、中国山地の山並み、高津川の青さを 表し、中央の「翔陽」と併せ、生徒たちがそれぞれの 道を探し、天翔る鳥のように、自由に自分の未来を描 くことを願っています。    

ホーム学校案内



校  歌

   

ホーム学校案内


◆ 作 者 の 紹 介 と メ ッ セ ー ジ ◆
田渕 久美子 ( たぶち くみこ ) 加羽沢 美濃 ( かばさわ みの )

益田市生まれ、益田市出身の脚本家。
主な作品はNHK大河ドラマ『篤姫』、『江〜姫たちの戦国〜』他。
第11回橋田賞受賞(2003年)
第31回放送文化基金賞 テレビ作品賞(2005年)
益田市名誉市民受章(2009年)

横須賀市生まれのピアニストであり作曲家。
「新題名のない音楽会」の司会をはじめ「紅白歌合戦」、「スタジオパーク」等のテレビ番組に出演。
作曲家として『チルソクの夏』、『四日間の奇蹟』等の映画音楽を手掛ける。

   


※ 美々 杏里(みみ あんり)さんは校歌の「独唱」を歌っていただいた方です。

ホーム学校案内



■■ 校 歌 を 聴 い て み よ う ■■

   ※ご注意※ 「校歌を聴く」ボタンを押すと曲が流れますので音量に注意して下さい。

   ※ご注意※ 楽譜の紹介ページが開くと「校歌のBGM」が流れますので音量に注意して下さい。


ホーム学校案内


沿  革


  統合以前の前身校 統合以前の前身校の沿革 (pdf) をご覧下さい
  平成11年11月30日 県立学校再編成基本計画が発表され益田工業高等学校と益田産業高等学校の統合検討が提示
  平成16年 6月24日 県立学校後期再編成基本計画が発表され平成18年ごろに両枚を統合する方針が提示
  平成16年 7月15日 益田工業高等学校と益田産業高等学枚の統合に関する県立学校再編成「実施計画」発表
  平成16年 7月30日 統合に向けた開校準備委貞会並びにプロジェクトチーム設置
  平成17年 5月11日 校名を「島根県立益田翔陽高等学校」と発表
  平成17年 9月22日 校章並びに制服発表
  平成18年 3月 7日 第1回入学者選抜試験
  平成18年 4月11日 開校式並びに第1回入学式挙行(184名入学)
〔募集学科:電子機械科1学級、電気科1学級、生物生産工学科1学級、環境土木科1学級、総合学科1学級
  平成18年 5月 9日 開校記念式典挙行
  平成19年 3月26日 野球練習場竣工
  平成19年12月10日 工業科実習棟竣工
  平成21年 1月31日 益田翔陽高等学校同窓会発足
  平成21年 3月 造園実習棟竣工
  平成21年 4月 1日 生物生産工学科、環境土木科募集停止し、生物環境工学科を設置
  平成21年 4月 教室棟エアコン(30台)設置工事完了
  平成21年 9月25日 屋内運動場耐震補強工事(内装等改修工事含む)竣工
  平成22年 1月13日 測量実習棟竣工
  平成22年10月 8日 教室棟耐震補強工事竣工
  平成23年 1月 4日 「キャリア教育優良学校文部科学大臣表彰」受賞
  平成23年 3月25日 バリアフリー化工事竣工
  平成24年 3月20日 記念館設備改修工事(エアコン、温水ヒーター、トイレ等)竣工

ホーム学校案内


歴 代 校 長


  初代 岩本 節雄 平成18年 1月 〜 平成21年 3月
  2代 井上 和朋 平成21年 4月 〜 平成23年 3月
  3代 山藤 哲夫 平成23年 4月 〜



通 学 区


  電子機械科、電気科、総合学科、生物環境工学科の各学科とも、全県一区とする。

ホーム学校案内


設置学科並びに学級数


全      日      制
学      科 学  級  数
    電 子 機 械 科 (S科)
    電   気   科  (E科)
    生物環境工学科  (A科)
    総  合  学  科   (G科)
合     計 12

ホーム学校案内


施 設 構 成


校 区 内 の 施 設 構 成 (pdf)
校 舎 内 の 施 設 構 成 (pdf)



ホーム学校案内 学 校 運 営


校    訓

『創造性を発揮し、敬愛の心を持ち、誠実に生きる生徒を目指す』




教 育 方 針


旺盛な研究心を持とう

互いの心を尊重しよう

   郷土を愛する心を持とう

ホーム学校案内




教 育 目 標


 

【1】 高い志をもち、自らの可能性を広げる力を培う

 
  日本は戦後の貧しい時代から、高度経済成長、バブルとその崩壊の時代を経て、いま、競争原理から派生する格差社会の是非を巡って論争が進行中です。いつの時代も様々な困難が横たわっています。その時代の中に生まれてきた以上、そこでいかに達しく生きていくか、一人一 人が生きる力を培ってほしい。

 目指すものは、『個の確立』

 

【2】 社会の変化に対応できる専門的知識を深め、実践力を高める

 
  二十一世紀に入り、科学技術の進展は、さらにめざましいものがあります。また、世界は技術革新と競争の時代にもなっています。これからの、農業技術・工業技術・生活福祉を支える専門的知識はますます高度化し、その実践力を高める必要があります。それも単なる知識・技 術としてではなく、あらゆる状況に対応できる英知として身につけてほしい。

  目指すものは、『知性の涵養』

 

【3】 互いを尊重し合い、心豊かでたくましい人間の育成

 
  昨今、幼い子どもたちが犠牲になる痛ましい事件など、人と人との鮮や信頼が薄くなっていく状況があります。校内においても、うまく人間関係が作れないケースが見られます。携帯やチャットでの繋がりの機会は増えても、生身の人間関係が築けなければ、よりよい社会は実現 できません。学級活動や学校行事、部活動を通して、互いの存在を尊重しあう学校であってほしい。

  目高すところは、『敬愛の精神』

 

【4】 明日の日本、郷土の担い手となる人材の育成

 
  どんなに、科学が発展しても、老人はこの世から去り、大人は老いていく。高校生の皆さんは、必ず次の時代を担う大人になっていく。どういう時代を築くか、それは、若い人たちの志にかかっています。徳川幕藩体制をうち破り、明治維新を成し遂げた若き志士達の高い志に学 んでほしい。

  目指すところは、『社会への貢献』

ホーム学校案内



平成24年度 重点的に取り組む事項


○ 重 点 目 標 ○ 具 体 的 目 標
  1. 人 権 尊 重 精 神 の 育 成  
  • 人 権 ・ 同 和 教 育 の 充 実
  •  
  • 挨 拶 運 動 の 奨 励
  •   2. 規律ある生活態度の育成  
  • 基 本 的 な 生 活 習 慣 の 確 立
  •  
  • モ ラ ル や 規 範 意 識 の 向 上
  •   3. 学力定着のための支援・指導  
  • 分 か り や す い 授 業 の 展 開
  •  
  • 資 格 取 得 の 奨 励
  •   4. 進 路 指 導 の 充 実  
  • 個 に 応 じ た 進 路 指 導 の 徹 底
  •  
  • キ ャ リ ア 教 育 の 推 進
  •   5. 健 康 な 心 身 の 育 成  
  • 生徒会活動の充実と部活動の活性化
  •  
  • 健康・安全教育・特別支援体制の充実
  •   6. 中学校・家庭・地域との連携  
  • 広 報 活 動 の 充 実
  •  
  • 「産学官連携事業」の 充 実
  • ホーム学校案内



    学校評価 (pdf)


    平成24年度 学校評議員会・学校関係者評価委員会の内容報告
    平成23年度 学校関係者評価委員会
    評価結果
    教職員
    アンケート結果
    生徒
    アンケート結果
    保護者
    アンケート結果
    学校評議員会(兼学校関係者評価委員会)開催
    平成22年度 学校関係者評価委員会
    評価結果
    教職員
    アンケート結果
    生徒
    アンケート結果
    保護者
    アンケート結果
    平成21年度 学校関係者評価委員会
    評価結果
    教職員
    アンケート結果
    生徒・保護者
    アンケート結果

                 ※年度末に集計しています

    ホーム学校案内



    学校運営組織


    平成25年度 学校運営組織 (pdf)

    平成23年度 学校運営組織 (pdf)



    ホーム学校案内 ギ ャ ラ リ ー


    写真クリックで原画サイズ表示します。 ( 拡大・縮小方法について
    翔陽高校全景

    ホーム学校案内

    写真クリックで原画サイズ表示します。 ( 拡大・縮小方法について
    校舎全景

    ホーム学校案内

    管理棟前庭

    ホーム学校案内

    管理棟から農場を臨む

    ホーム学校案内

    登校坂路から校舎を臨む

    ホーム学校案内

    工 業 棟

    ホーム学校案内

    ◆ 「大望の像」建立の理由について ◆
    昇降口上通路の「大望の像」

    ホーム学校案内


    Copyright (C) 島根県立益田翔陽高等学校. All rights reserved.