新着&緊急情報

2019年10月アーカイブ

期日:10月27日(日)

場所:東京理科大学神楽坂キャンパス

 宍道高校では、地域系活動同好会(自然科学)のメンバーが中心となって、宍道高校独自のたたら製鉄法の確立を目指すと同時に、科学的な視点から製鉄法の検討や生成物の評価を行っています。今回の研究論文は大西理音さん、池淵友風さん、遠藤壮介さん、石田達也さん、南目修哉さんの5名による共同研究で、大西さんと池淵さんが代表で表彰式に出席しました。応募総数196編の中から優良入賞23編の内の一つに選ばれることができました。当日は最優秀賞、優秀賞のプレゼンテーションを聞くこともでき、今後の研究に向けてモチベーションを高めることができる1日となりました。



pic1 pic2.JPG

 「第20回植田正治写真美術館フォトコンテスト」において、本校通信制5Dの有田耕太朗さんが【高校生以下の部】応募作品387点の中から最優秀作品にあたる「大賞」に選出されました。有田さんは昨年度、一昨年度も【高校生以下の部】で「秀作賞」に選出されています。

      「夜の森の肖像(3枚組)」

pic1 pic2 pic3

 10月12日(土)に予定していましたFTA講演会は順延せず今年度は実施しません。

 保護者面談については担任が個別に連絡し日程を調整いたします。 

 ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞよろしくお願いいたします。

 台風19号の接近に伴い、10月12日の保護者面談・FTA講演会は中止します。スクールカウンセラーのカウンセリングも中止とします。
 今後保護者面談を実施するかについては、後日連絡いたします。10月12日以外の日時に担任と相談されて面談を予定しておられる場合はそのまま実施します。
 なお、10月12日は学校を閉鎖します。

 先の10月2日(水)に定時制1・2年次生は、宍道町内での地域ボランティア活動を予定していましたが、あいにくの雨天となり中止。本校にて八雲本陣記念財団の木幡理事長様より、木幡山荘および八雲本陣の歴史について講義を頂きました。松江藩主や皇族ともゆかりのある宍道町の歴史を初めて聞いた生徒がほとんどで、興味深い話に耳を傾けていました。講義の後には、生徒代表が木幡理事長様にお礼の言葉を述べました。また松江市役所宍道支所の福間支所長様から、宍道高生には宍道のまちに関心をもって欲しいとお話を頂き、その後グループワークで生徒それぞれが地域で何が出来るかを考えました。

 定時制3・4年次および夜間部の生徒は、宍道地区人権・同和教育推進協議会の山本様をはじめ6名の方々が来校され、ご指導頂きながら人権標語のしおりを、心を込めて丁寧に作製しました。生徒たちには標語を読みながら作業をして、人権について振り返るよい機会になったと思います。

 当日お世話頂いた地域の皆様に、改めて感謝申し上げます。



pic1 pic2


pic3 pic4


pic5 pic6

 本アンケートは県の地域教育推進室が三菱MUFCに委託し、県下全ての高校で実施されるものです。

 「社会に開かれた教育課程」に求められる能力要素を多面的に把握し、生徒の学習環境を把握することを目的としています。

 実施対象は定時制生徒、教職員、学校評議員(コンソーシアム関係者)です。生徒は、配布されたプリントを参考に、10月10日(木)までに回答をお願いします。

回答はこちらから。