新着&緊急情報

 学校評価は、今年度の重点目標に対して、本校の教育活動を通してどのくらい成果を上げることができたかを評価したものです。本校では、各分掌による業務で特に重点目標に関わってくる部分について目標値を設定し、その達成度合いをアンケートや内部データに基づいて達成指数を出して内部評価をしました2月18日に学校関係者評価委員会を開催し、本校の学校評議員の方々に内部評価を参考にして、今年度の教育活動を評価をしていただきました。学校評価表は、内部評価と学校関係者評価を示し、それを受けて次年度への改善策を検討しまとめたものです。

平成30年度学校評価表(PDF)

 宍道高等学校教員バンドTHE(ザ) SHINJI's(シンジーズ)(以下「シンジーズ」)が地域の情報誌「宍道地区社協だより」の3月号に掲載されました。

 シンジーズは昨年10月の学園祭で産声を上げた、宍道高等学校教員によるロックバンドです。昨年12月2日に宍道公民館で催された「宍道歳末助け合いチャリティー」では2度目の公演を行うことができました。今回の「宍道地区社協だより」ではその時の様子が写真で掲載されています。

 我々シンジーズが地域に貢献させてもらい、また、それが地域の方々に発信されることをメンバー一同、心より嬉しく思っています。

 これからもシンジーズの活躍に、変わらぬ暖かいご声援を、どうぞよろしくお願いします。



20190313skd.JPG

 3月10日(日)、平成30年度宍道高等学校卒業式が行われました。

 式が終わった後、定時制・通信制の各ホームルーム教室にて、最後のホームルームが行われました。各教室の黒板を、今年度の「素描」の選択者、美術部員の生徒が黒板アートで飾りました。限られた準備時間の中、卒業をお祝いしたい気持ちを込めて、生徒たちは一生懸命制作をしていました。

 当日は卒業生を初め、ご家族の方々や担任の先生方など、多くの方に喜んでいただくことができました。黒板アートを制作した生徒自身にとっても、自分の描いた作品で人に喜んでもらう貴重な経験を得ることが出来ました。



pic1.JPG



pic2.JPG



pic3.JPG



pic4.JPG



pic5.JPG



pic6.JPG



pic7.JPG



pic8.JPG



pic9.JPG



pic10.JPG



pic11.JPG

 宍道高校では地域学習の一環としてたたら製鉄操業実験に取り組んでいます。3月2日に京都大学桂キャンパスで行われた第21回化学工学会学生発表会では、この1年間の成果をまとめ、池淵友風さん、矢野礼奈さん、石田達也さんの3名で発表を行いました。

 発表題目は『「宍道たたら」確立のためのレンガ炉を用いたたたら製鉄操業実験』であり、秋の操業実験で得られた鉧に含まれる鉄の割合を求めるために、キレート滴定法への挑戦や、自作した透過度測定装置による測定結果、及びその評価を中心に発表しました。地域性を取り入れながら技術を確立させようとする試みや、測定装置の自作を評価していただきました。結果は奨励賞の受賞にとどまりましたが、大学教授や他校の生徒の前で発表するという貴重な体験を積むことができたとともに、他校の発表を見て、研究へのモチベーションをさらに高めることができる機会となりました。



r20190302-1.JPG r20190302-2.JPG