学校生活

校 章

デザインの趣旨

 山、宍道湖、空をイメージし、それを爽やかなブルーとホワイトで表現した。 形体を区切る曲線は宍道高校の頭文字Sとなっている。 立体形にすることで今までの島根県にない新しいスタイルの高等学校であることを表現した。

 また、デザインを立体にすることで伸びやかに活動する生徒がイメージでき、目に訴えることができると考える。 学校の特色である生徒を思いやる優しい学校であり、生徒が主体の学校であることを曲線を使用することで表現する。学校において将来に備えて力を蓄え、卒業後大輪の花を咲かせるためのつぼみをイメージした。

 高校生の若いエネルギーが燃え立つ炎の形をイメージし、高校生の未知なる可能性を表現した。

 なお、右下の文字については、ロゴマークとして使用する。