行事の記録2019

期間:8月9日(金)~12日(月)

場所:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(東京都)

 宍道高校からは6名の選手が9種目に出場しました。昨年度に比べ、上位ラウンドへ進出できる選手が増え、活気のある大会となりました。

 その中でも、通信制の高橋椿太郎選手が3000mSCで昨年度に続き優勝し、2連覇を果たしました。また、4×400mRでは、定時制の加藤裕真、高見俊介、国本実、古川将也の4選手でバトンをつなぎ、8位入賞の快挙を成し遂げました。

 連日35℃を超える酷暑の中で、選手どうしがお互いに支え合いながら大会期間を戦い抜き、チームとしても成長できた大会となりました。

 応援してくださった皆様、ありがとうございました。



r20190302-1.JPG r20190302-2.JPG


r20190302-1.JPG r20190302-2.JPG

 宍道高校は、2019年度NIE実践指定校に承認されました。NIEとは、Newspaper In Educationの略で、「教育に新聞を」という意味です。新聞をとおして社会に目を向けてほしい、物事を読み解く力や問題を発見する力などを身につけてほしい、という願いから、日本新聞協会が全国約540の小・中・高校を指定してサポートしています。

 宍道高校ではその一環として、写真にあるようなNIE企画に取り組んでいます。新聞記事を読み、その内容について賛成か反対か、生徒自身の考えを書いて貼ってもらうボードを設置しました。生徒も新聞記事を読み、自分の意見をどんどん残してくれています。



pic1JPG pic2.JPG