学校紹介

校長あいさつ

 島根県立江津清和養護学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。日頃は本校の教育活動にご理解ご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。

 本校は遠くに輝く日本海を見下ろせる高台に位置する、自然豊かな環境にある小規模の特別支援学校です。

 昭和35年9月に、隣接する西部島根医療福祉センター(旧島根整枝学園)の院内に分室としてスタートし、その後昭和54年の養護学校義務化に伴い県立移管され、県西部地区の肢体不自由教育の拠点として開校し、今年度で40年目を迎えました。

 また、平成22年度に病弱教育部門が開設され、複数の障がい種への対応とセンター的機能の充実を図り、今日に至っています。

 平成30年5月現在、小学部10名、中学部4名、高等部7名、計21名が在籍しています。肢体不自由部門の児童生徒が12人、病弱部門の児童生徒が9人です。
 また、近年は医療的ケアを必要とする児童生徒の割合が高まりつつあります。校内体制の整備と保護者、医療、福祉関係機関と連携を図りながら安心安全な実施体制づくりに取り組んでいます。

 さて、今年度学校運営を進めるにあたり、以下の重点目標を定めました。

 

 ○3つの改革の推進
 (「働き方改革」「教育課程の見直し(カリキュラムマネジメント)」「自己改革」)
 ○児童生徒一人一人の教育的ニーズに対応した教育の推進
 ○児童生徒一人一人のニーズやステージに応じた進路指導の推進
 ○学校全体で取り組むセンター的機能の進展
 ○地域に開かれた学校行事の推進
 ○専門性向上
 ○安心安全な教育環境整備

 

 教育課題は多々ありますが、児童生徒が「校訓」の通り「明るく! 楽しく! 元気よく!」学校生活を送っていくことができるよう、教職員一同「チーム」として取り組んで参りたいと思います。

 保護者の皆様、地域の皆様をはじめ、関係機関の皆様の連携のもと、信頼される学校づくりに邁進する覚悟です。

 より一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

 校長 佐々木 章友

 学校風景.jpg