学校生活

学校行事

~全校の児童生徒が一つの目的に向かって取り組む大きなイベントです~

 

 

FES.jpg

H.28年度から始まった学部を超えた「関わり」や「ふれあい」を大切にした全校児童生徒、保護者、教職員で行う「レクリエーション」行事です。Part1では恒例となった「じゃんけん列車」です。子どもも大人も長い列車めざしてじゃんけんを続けます。あちこちで歓声や笑顔があふれ、盛り上がります。

Part2では、今年度新しいレクリエーションの「旗揚げ」とフォークダンスです。本校の児童生徒会では、全校児童生徒、教職員を3つのグループに分けて縦をつなぐ活動をしています。「旗揚げ」では、このグループを活用して行います。グループごとにペアを作って出題者の所まで行き、「好きな食べ物は?」「好きなことは?」などのクイズに二者選択で答えます。「フォークダンス」はネーミングこそ懐かしい感じですが、オリジナルの動きで曲に合わせてダンスをします。今年度は休憩時間を利用して保護者さんに年間行事や児童生徒会活動についての説明をしました。この清和サマーフェスティバルは学校全体で集う大切な行事となっています。

 

 school FES.jpg

H.28年度から隣接の西部島根医療福祉センターで秋に開催されている学園祭に本校も共催で参加しています。学園祭初日のステージ発表にそれぞれの学部の発表を行います。
H.29年度は小学部、中高等部に分かれて「創作劇」の発表を行いました。地域の方が大勢訪れる学園祭で児童生徒たちの学習の成果を観ていただいています。また児童生徒会が運営する模擬店を行っています。店の運営は児童生徒会の3つのグループで行い、販売や売り歩き、調理、レジなどの係を決めて行います。綿菓子、ポップコーンなどの出店を通して地域の方々とのふれあいの場となっています。

 

 

kyoshoten.jpg

今年で25回目を迎える児童生徒の作品展です。本校と江津市教育研究会特別支援教育部会の合同行事として地域に定着してきました。会場は市内の商業施設をお借りし、多くの来場者の方々に子どもたちの絵画や造形作品など個性あふれる作品を見ていただいています。本校が特別支援教育の連携や理解啓発を目標として地域に向けて企画運営する大きな行事となっています。
今年度の開催は11月22日(木)~28日(水)を予定しています。