お知らせ

OKIアイランドプロジェクト始動 ネットを通じた研修

県立大学と隠岐の島町とが結んだ協定にもとづいて、ネット回線をつうじた研修が10月3日より開始されました。

この日、県立大学で特別支援教育担当されている西村健一先生と、町内の小中の特別支援教育コーディネータがネット上で、気になっている児童生徒への支援方法などをともに考えていく形式の研修を実施しました。

研修の風景は次のようなものです。※中条小学校での研修風景です。

受信.jpg

沖ワークウェルに提供いただいた通信システムを利用することで、音声情報が他のもれることのない安全な状態で、参加する人の発言を相互に聞くことができる環境を実現しています。

当日の研修は、ある学校から提出された気になる生徒の学習面、生活面の状況をもとに、次のようなワークシートをもとに 「課題」「課題の原因」「支援のアイディア」の三つについて、参加者が自分の考えを発表し、西村先生が整理されていきました。

1レジュメ.jpgレジュメ2.jpg

自分の考えていなかった見方が語られ、様々な角度からの支援のアイディアが出されました。提案校の参加者は、「1番の課題の原因」をみんなとの話を通じて絞り込み、具体的な支援の方法を今後校内で検討・実施につなげていくことになります。

年度末まで月2回のペースで実施される予定です。