お知らせ

2019年9月アーカイブ

ときどきの隠岐だより 壇鏡の滝

※隠岐の自然や行事について、ときどきアップします。

やや強い雨が降った翌日の9月28日、壇鏡の滝にでかけました。

那久(なぐ)の集落から横尾山に向かい4Km弱進むと、一つ目の鳥居。鳥居をくぐり抜け、1kmさらに山に向かうと、二つ目の鳥居が現れます。

鳥居.jpg

鳥居付近に車を止め、那久川沿いに整備された参道をさらに進みます。V字型の谷に作られた参道の両脇には年数を経た杉などの木々。雨に濡れた木々の香りが谷を覆っています。昨日の雨で水量をました川の流れは速く、川音も強く響きます。

小川.jpg

壇鏡神社の石段が見えてきましたら、その左右にそれぞれ滝が見えてきます。

石段.jpg

石段を登るごとに、落水の音が大きくなり、ほほに細かな水の粒を感じるようになります。

落差40m、水量を増した滝は圧巻です。

滝.jpg

9月のふるさと給食

隠岐養護学校の給食は、隠岐の島町の小中学校と同じものをいただいています。

9月27日は「ふるさと給食」でした。

IMG_8650.jpg

シイラの野菜あんかけ、レンコンサラダ、モロヘイヤスープ

炊き込みご飯、牛乳とパイン。

隠岐で漁獲されたシイラをあげて、野菜あんで洋風に仕上げられていました。

炊き込みご飯にも具がたくさん。ごちそうさまでした。

行事カレンダー更新 小学部お茶会 岡田先生ありがとう会

小学部の遊びの指導で行われたお茶会の様子はこちら(リンク

養護教諭の岡田先生が産前休暇に入られるにあたって行った「ありがとう会」の様子はこちら(リンク

情報誌レインボーで卒業生紹介

平成29年度の卒業生へのインタビュー記事が山陰中央新報社が発行している情報誌「レインボー」に掲載されました。

y.png

2年前の9月、就労に向けての現場実習の中で、1トン近くもある牧草の塊を移動させる作業に黙々と取り組んでいたことが思い起こされます。

9月24日から10月4日まで高等部は現場実習。本校にとっても励みをいただける記事でした。

行事カレンダー更新 小学部 遊びの指導

「お茶会」をテーマにした学習の第一日目の様子をアップしました(リンク

学校ブログ オープンスクールに際して

隠岐養護学校長 赤山克司

 9月18・19日 高等部での学習を体験するオープンスクールを開催しました。はじめて参加した生徒を念頭において、概ね次のような挨拶をしました。

 ようこそ隠岐養護学校に。

 隠岐養護学校は、働く力を育むことを目的とした学校です。

「働く力」を育むために大切にしている授業に作業学習があります。今日皆さんにも体験してもらいますが、さをり織や焼き物を作る技術で就職することをめざしているわけではありません。作業を通じて、作業の内容を理解する力、分からないときに質問する力、作業が終わった時の報告や後片付けをする力、そして6時間立ち仕事をつづけるための体力を付けていくことを目指しています。

 そのような学習に取り組んでいく学校なのですが、この学校の大切な役割に皆さんに安心感を感じてもらい、活動を通じて自信を持ってもらうということがあります

 これまでの学校生活でなかなかうまくいかないなぁという経験が繰り返されていると、新しいことに挑戦する気持ちを持ちにくくなります。また、分からないことがあっても質問すること自体をやめてしまった人もいるかもしれませんね。

 少人数の隠岐養護学校では、高等部に入学した生徒は、行事などの大切な部分をすぐに担当してもらいます。「私できません」という気持ちは分からなくもないですが、それを認めていると学校が回りませんので、とにかくできそうなことからどんどんやってもらいます。ですから、様々な役割を担って、相談しながら、分からないことは聞きながらやっていく状態の学校です

 そのような経験を積み重ねていくと、新しいことに挑戦する自信や、少々失敗してもなんとかなるという安心感を感じられるようになるはずです。

 実は、安心感や自信が働くための土台となるものなのです。その意味で隠岐養護学校は行事を大切にして教育活動を行っています

 今日の体験を自分の中学校卒業後の進路を考えるための参考としてください。

 

学校ブログ 質問をする 決意表明会

隠岐養護学校長 赤山克司

 

今年の現場実習決意表明会では、目標を発表した生徒に対して教員だけでなく生徒からも質問をするようにしています。

 

質問に慣れていない生徒もいますので、発表者が並ぶ場所の横に、「勤務時間」「通勤方法」など質問事項が小さいですが掲示してあります。それを見ながら生徒がなんとか質問をしていました。

 

分からないことを質問する。現場実習では挨拶、報告とともに重視されるポイントなのですが、質問する力を普段から鍛えているかというと、少々取組としては弱いのではないかと感じていました。ですから、どんな質問をするか楽しみに聴いていました

 

中には、他の人の質問事項を聞き逃して、全く同じ質問を同一生徒にしてしまった生徒もいましたが、実習を重ねてきた高等部生徒の質問はなかなかしっかりしたものがありました。

 

質問の中でこれは、質問された生徒にとってよい問いかけになっているなぁと感心したものは、高等部2年生が中学部3年生に対して発した「失敗したときどうしますか」というものでした。

 

この質問をした生徒は、多分自分が行ったこれまでの実習をふり返って、これは大切だからという意味で発したのではないかと推測しています。先輩から後輩に経験が伝えられていくという意味でも、大変よい声がけであったように思っています。

 

現場実習中出会うであろう「分からないこと」を、質問することで打開してほしいものです。きちんと質問できることそれ自体が働く上での大切な資質なのですから。そして、それが実践できる生徒は、きっと実習先からよい評価を勝ち得ることができるはずですから。

 

高等部は9日間、中学部は3日間。頑張ってほしいものです。

サッカー大会を応援するために

高等部がサッカー大会に出場するに当たって小中学部の生徒が応援幕を作りました。

少々遅くなりましたが、ご紹介します。

okidamasii.png

中学部男子が文字を書き、小中学部の児童生徒がイラストや、手形、折り紙などを飾り付けました。

大会当日フェンスに掲げ、選手を応援しました。現在は本校玄関に掲示してあります。

もう一枚は、教職員、児童生徒および9月7日の奉仕活動に参加いただいた保護者の皆さんによる寄せ書きです。

yosegaki.png

びっしり書き込まれています。

ブログ 隠岐の風 隠岐島合唱祭に寄せて2

隠岐養護学校長 赤山克司

 

広江政仁さんが作詞作曲された「隠岐の風」。隠岐養護学校の中学部は毎朝歌っており、特に中学部2年の女子生徒は休憩時間にも曲を流し一緒に歌っている大のお気に入り曲です。ですので本校では毎日この曲に接して います。

 

夢をのせて吹く風 思い出運んで

 

懐かしい便りは 故郷のかおり

 

かすんで見える 遠い思い出

 

風に吹かれて届け 隠岐の島の風

 

この「隠岐の風」が、隠岐島合唱祭最後の全員合唱で、「大地讃頌」に続いて歌われました。「大地讃頌」はつぎのような詩で始まります。

 

母なる大地の ふところに

 

我ら人の子の 喜びはある

 

大地を愛せよ 大地に生きる

 

人の子ら その立つ土に感謝せよ

 

大地への感謝から、地元隠岐への思いを歌った曲へにつながっていくのが、「隠岐島」合唱祭にふさわしいなぁ、よく考えられた曲順だなとしみじみと感じ入りました。

 

そして、会場に集った全ての人が知っているだろう地元の歌があることの幸せ感もうけとりました。

 

「隠岐の風」の歌詞を読むと、風を感じている人は島外にいるのでしょうが、島内でうたっている人は、今いる隠岐の歌として歌っている気がします。隠岐の歌、自分たちの歌、自分の歌と、中学部の生徒は思って、連日歌っているのかもしれません。

 

合唱祭が終わって3週間近くが立ちましたが、そんなことを思っては、気持ちを暖かくしています。

 

学校ブログ更新 フットサル大会を振り返って

9月12・13日に開催されたフットサル大会で見られた生徒の頑張りについてアップしました(リンク

※ フットサルの試合中の写真は、加工作業が終了後 掲載する予定です。

フットサル 13日 11:30準優勝

後半終了。両チームゴール出来ず1:4で安来が優勝です。

1:4 安来にリードされています。交代できないのがきいてきています。

3:0で川津に勝利。11:00から安来と決勝です。

FA7B40E1-ED31-41AB-9C06-1564C98E21E8.jpeg

前半終了。1:0で隠岐リード

10:10試合開始

D88460D1-D8F6-4C3E-8DAF-E9116165FCA0.jpeg

9:45 アップ始めました。 22B723DB-CF52-41E7-9AD8-6D46A1CECA47.jpeg

7:00 朝食をとり、10:00から準決勝です。

8FE09CC0-B150-4866-9885-2FE9ECAD2616.jpeg

高等部 フットサル 12日 15:00ゴビウスへ

15:00 交流試合を終え、ゴビウスに向かいました。

13:45 隠岐3 対 0 川津で勝利。1年生の得点がききました。

前半終了 隠岐 2 対 0 川津

CC13F457-C415-4553-87DE-8586616BCE0B.jpeg

12:35 前半終了 隠岐2対2安来

12:20 隠岐養護 と安来に試合開始 最初のシュートは隠岐

12:00 第一試合 安来6対0川津・乃木

11:45 前半終了 安来3対0川津・乃木

11:30 第一試合 安来 対 川津・乃木 開始です。

EC6044FC-5E4C-47CB-BF58-6C6B588AFD4B.jpeg

10:30 開会式を行いました。隠岐養護のキャプテンが選手宣誓を担当しました

D42A33C0-8330-414F-8535-4FF66697A20C.jpeg 4C403903-6947-4973-8458-9248BE8D3FDB.jpeg

10:00 出雲は薄曇り。芝は濡れていませんので、いい試合が期待できそうです。選手で会場準備中です。

5FBD814B-2CD1-4ED8-BC16-C7756838AB9E.jpeg D8953A26-A163-4D6F-B66A-5573690EB3A3.jpeg

高等部フットサル 第一日目 宿舎着 19:00

9月12・13日 浜山運動公園で開催される特別支援学校体育大会フットサル競技に参加する高等部生徒は、宿舎につき、夕食をとっています。

seishounenn.jpg分かりずらくてすみません。宿舎の青少年館です。

夕食は自分たちでもりつけて、準備ができたらいただきます。

もりつけ.jpg全体.jpg

本日の食事は、カレーとフライ、サラダなどなど。

K.jpgo.jpg

明日は8:00に宿舎を発。明日の試合予定は次の通りです。

11:30~ 松江養護川津・乃木 対 安来

12:20~ 安来 対 隠岐

13:10~ 隠岐 対 松江養護川津・乃木

14;00~ 交流試合

9月7日 PTA奉仕活動 予定通り行います。

天候が回復する見通しが立ちましたのでPTA奉仕活動を予定通り実施いたします。

日程は次のとおりです。

日時 9月7日(土)8:45~11:10

   8:45 受付

   9:00~9:50 奉仕活動(溝掃除、玉入れの玉づくり)

   10:00~11:10 親子レクレーション(ボッチャ)

準備をお願いしたいもの 軍手、タオル、帽子、体育館シューズなど。

駐車場 隠岐病院の駐車場をお借りしています。

行事カレンダー更新 授業風景 高等部 書道

「人権書道コンテスト」にむけて作品作りを行いました。(リンク

ときどきの隠岐だより 八朔牛突き大会

※隠岐の行事、植物などをときどきアップします。

9月1日(旧暦の八月。1日を朔日といいますので、八朔)佐山闘牛場で恒例の牛突き大会が行われました。

佐山.jpg佐山闘牛場 全景

横綱の牛は闘牛場を見下ろす高場から地域の人々を従えるように場に向かいます。

山下り.jpg

塩をまきながら場に入り、対戦となります。最後の対戦は1000kgと880kgの牛が19分つきあいました。

角がぶつかる乾いた音が山に響きます。

入場.jpg対戦.jpg

勝負が決まると、人々が牛にまたがり喜びを表します。

勝ち.jpg

卒業生会開催

8月31日(土)10:00~13:10 隠岐養護学校において卒業生会を開催しました。

卒業生と保護者、教職員など63名の参加者。9:00開場と同時に卒業生がどんどん来校しました。

総会では、会長の紹介、近況報告を。今年は20回目でしたので、過去の卒業生会の写真のスライドショーも企画しました 。

B5D3C4D2-6C4F-4FC9-920D-E8DA709E4323.jpeg 6B9176BF-6B4A-479A-8024-53F1F241FDFC.jpeg

カラオケや体育館でのバドミントンなどのレクレーションを楽しんだ後に、恒例の焼肉。

近況を話しながら、ゆっくりとした時間を過ごしました。

また来年。