お知らせ

特別支援教育振興大会1保護者の発表から

 

8月21日 浜田市において特別支援教育振興大会が開催されました。

 

この大会は特別支援教育PTA研修大会を兼ねており、午前中は、特別支援学級、通級指導教室及び特別支援学校で学ぶ児童生徒の保護者の発表、午後は各分科会の発表をもとに、島根県の特別支援教育をより充実するための意見交換、協議が行われました。

 

この会は今年が57回目。この場でのくみ上げられた保護者の思いが、特別支援学校及び支援学校の分教室の設立、通級指導教室担当教員の増員などの形となって実現されてきた歴史を持っています。

 

当初は保護者2名と私(赤山)の3名で参加することとしていましたが、諸事情で私一名で浜田に向かうこととなりました。

 

私は、松江養護学校の保護者の発表に参加しましたので、その概要を報告します。

 

「わが子の歩みをふり返って~地域と仲間と学校~」と題された報告では、まず、放課後デーサービスを利用しているが、仲間をよりひろいものとしたいと考え、水泳教室、「おしごとチャレンジ」(週1回、30分~1時間程度の時間、スーパーの品出しなどの仕事体験、サポートがつくが、基本的に見守り)に参加してきているとの発表がありました。

 

ついで、保護者どおしの話し合いの場である「あったかスクラム」に出席し、作業所などで働く高等部卒業生の保護者などから卒後の就労についての情報を得ていることも説明されました。

 

島後地区においては、放課後の活動の場、特に長期休業中の子どもたちの居場所づくりに大きな課題がありますので、他の地区の福祉サービスの話をきくにつけ、なんとかしなければという思いを持ちます。

 

午後の全体会でも、中山間地からの参加者から、サービスの充実をもとめる要望があげられていました。

 

この場でだされた意見等は特振会事務局がまとめ、県に要望していかれますが、各地域の福祉サービスを充実させていく主体は、市町村です。

 

残念ながらこの会に市町村からの参加者はごく少数です。

 

隠岐地区での福祉サービスの実現には、県の施策を待つだけでなく、自分たちが必要とするものを町に伝えていく取組が不可欠です。

 

隠岐養護学校が40年前に設立されたのは、隠岐地区の方々の思いを届け続けたことが大きな要因でした。

 

「隠岐の子は隠岐で育てる」を実質的に充実させるため、宿題は多いと感じた大会でした。

 

一学期の活動から 高等部窯業班 窯出し

一学期の作業学習で作った陶器の本焼きが7月18日に行われ、窯業室に今年第一弾の製品が窯出しされています。

今年は、複数の品を盛り付けしやすいようにと、区切りをつけた皿を試みています。

この写真の陶器の販売は8月31日隠岐高校文化祭、11月16日(土)隠岐養護まつりで行います。

窯業1.jpg窯業2.jpg

一学期の活動から 高等部読み聞かせ

※一学期の取組で、掲載していなかったものを不定期でアップします。

7月4日 高等部を対象とした読み聞かせ活動を行いました。

生徒は学校図書館に集まり、テレビを利用したデージー図書での読み聞かせから始めました。

1読み聞かせ.jpg

次いで、絵本の読み聞かせ。男性教員が手にしている絵本には、絵がありません。ですが、左奥の女子生徒の表情を見てもらうと、笑いくずれています。しっかり、本の世界に入っていることが伝わりますね。

2読み聞かせ.jpg

夏休みの隠岐養護 畑づくり

児童生徒との授業はありませんが、学校では2学期にむけての準備を進めています。

その場の一つがグランド横の畑です。

トマト、きゅうりなどの夏野菜を終え、大根や白菜・ネギなどの受付準備が炎天下のもと行われています。

夏野菜を片付け、畑を整えていきます。

畑.jpg

高等部の生徒が少なく、常時農業の活動ができにくいため、この作業を教員が事前準備として行っています。

9月に苗が植えられるよう、8月中旬にポットに種をまき、苗に育てていきます。

一学期の活動から 中学部教材 カルタ

※ 一学期の活動のうち掲載していなかったものを、不定期にアップします。

カルタ.jpg

中学部の生徒の読みの学習をする際、手製のカルタを使用しています。

カルタは、この生徒が中学部に入学する以前の小学校時代から慣れ親しんできた文字の学習方法なのであり、何度も繰り返しができるという面でもよい教材であると受け止めています。

写真のカルタは濁点「"」を学習するためのもので、「びっくり」「ざるそば」「はなぢ」の読み札と取り札です。

ちなみに「び」の男性は、某有名家族の一員「マスオさん」でした。

一学期の活動から 高一 校内探検

※1学期の活動で掲載していなかったものを、不定期にアップします。

入学式の翌日 4月10日 高等部1年生4名が校内になれるため、「校内探検」という活動を行いました。

高1校内探検.jpg職員室や事務室に挨拶をして、

高1校内探検.jpg学校図書館で新担任と一緒に活動をしました。

高1校内探検3.jpg4月8月 雰囲気の変化があるでしょうか。

一学期の活動から 朝運動 高等部生徒と小学部児童

※一学期の活動で掲載していなかったものを、不定期にアップします。

 朝1時間目に朝運動という活動を行っています。運動量を確保し様々な体の動かし方を身につけることを目的として行っているものです。

 走ること、小さなハードルを連続してまたぐこと、腕の力で使ってローラーが付いたボードで移動することなどを内容としています。

 この活動には、運動量の確保とスムーズな体の動きの習得をめざしたい高等部・中学部の生徒と小学部の児童が同一時間に活動を行っています。

 高等部の生徒と小学部の児童が一緒に活動できるようにと、高等部生徒の腰に、児童がめやすとできる紐をつけてもらいました。その際の様子をアップします。前をどんどん進んでくれていますね。

日下朝運動1.jpg日下朝運動2.png小学部児童は別人です。

川内優輝選手の色紙

6月20日 マラソンランナーの川内優輝選手が本校を訪問し、一緒に活動していただいことはすでにアップしております(リンク

その折り、学校に色紙をとお願いしたところ、快く認めていただきました。

現在、児童生徒教職員との集合写真と一緒に玄関に掲示してありますのでご覧ください。

色紙.jpg

体育館照明 水銀灯→LEDへ

本校の体育館の照明は水銀灯を使っていました。

このたび、地震発生時の落下防止を主目的として、LEDへの付け替え工事が行われました。

付け替え工事をするためには、まず足場を組む必要があります。足場を設置するためには、体育館のフロアーを傷つけないようにコンパネをおいていく作業もあります。本校の体育館には約100枚のコンパネが敷かれ、固定された後に作業となりました。冷房もない体育館での作業で、頼りは扇風機。大変な業務です。

足場.jpg

そして付け替えられたLED照明はこんな形です。

LED.jpg

スイッチをつけるとすぐに点灯し、明るさもスイッチの操作で調整が可能です。さらに電気料も従来のものの20%程度と、経済面、安全面、そして利便性が向上しました。

一学期の活動から 高等部 宿泊学習

※一学期の活動で掲載していなかったものを、不定期にアップします。

7月10日~11日に行われた高等部宿泊学習については、すでに掲載しましたが、女子生徒の朝食作成風景を新たにアップします。

宿泊1.jpg宿泊2.jpg野菜を切って、玉子を焼き宿泊3.jpgみそ汁を作ります。

できた朝食はご覧の通り。

宿泊4.jpg