ブログ

2学期始業式 あいさつ

隠岐養護学校長

赤山克司

 おはようございます。

 みんなの元気な顔を見ることができて大変うれしいですね。

 2学期には、隠岐養護まつり、みんなでつくる発表会など、大きな行事があります。加えて9月24日からは現場実習もあります。

 生徒どうしで話し合って、何をするかを決めたり、職場の人に挨拶したり、わからないことを聞く機会がたくさんあります。

 そんなとき、二つのことを気にしてもらえればと思います。

 一つは「自分から 意見をだす」「自分から挨拶する」「自分から質問する」のように「自分から」ということです。待たずに自分から動いてください。

 もう一つは「丁寧に話す」と言うことです。「〇〇さん」などと話しかけるといいですね。

 丁寧に話すことで、意見がとおりやすくなったり、人との関係がよくなったりすることが多いものです。

呼び捨てではなくて、「〇〇さん」にしましょう。 「やれ」より、「一緒にしよう」のように力を合わせてという言い方がいいですね。

 話し方は、毎日の繰り返しで身につくものです。

 いろいろな行事そして実習をいいものにするためにも、「自分から」ということと「丁寧に話すこと」に気を付けてみましょう。

 さて、体育館をみて何か変わったことはありませんか。 電灯がLEDにかわっていますね。また、あちこちにあったボールなどがなくなっています。

 夏休みの間に工事をしてもらいました。せっかくきれいになりましので、ボールなどを丁寧に扱って、引っかからないようにしてください。

 では、「自分から」「丁寧な言葉遣い」を意識してよい2学期にしましょう。