ブログ

一学期を振り返って

隠岐養護学校長

赤山克司

7月20日に一学期の終業式を行いました。

暑さが続いていることを考慮した総務の提案により、冷房のきいたプレールームで実施しました。

本校では、終了式の前に、各学部の学習成果の発表を行っています。

今学期の発表は、高等部、音楽で取り組んだリコーダーの演奏。小中学部は「なかよし大運動会」のハーフタイムショーで取り組んだ「よさこい踊り」に再び挑戦しました。

先生方や、隣の生徒の動きを見ながら、演奏したり、踊ったりする部分もありしたが、時間いっぱいみんなの前に立ち、やり終えることができたこと自体が、成長を感じさせました。

終業式では、おおむね次のような話をしました。

※以下終業式での話です。

今学期、いろいろなことに挑戦しました。

運動会や、修学旅行、現場実習などですが、皆さんそれぞれ、やりきることができていました。これは素晴らしいことです。

皆さんの活動をみていて、よくやれているなと感じていることを一つ紹介します。なんだと思いますか。

それは後片付けです。運動会の後、各集会の後の片づけを全員で早く行うことができています。

昨年の4月から、事あるごとに「挨拶、手の幅、後始末」と言ってきています。

集団での後始末は、先ほど言ったようにできています。あとは、家や学校での机の周りの始末ができるようになればいいですね。

挨拶は、現場実習で意識して取り組んできましたし、7月に「ふるまいアップ週間」を実施しましたので、定着してきている人も多くなっていると思います。

残るのは、「手の幅」です。手の幅とは、人との距離感を意味します。必要以上に人に近づきすぎないこと。つまり、体の距離感ですね。これを間違えると誤解のもとですので、注意が必要です。

人との距離感には、言葉遣いも含まれます。親しくなっても、丁寧な言葉遣いができるといいですね。丁寧な言葉遣いをして、喧嘩にはなりませんよね。対人関係をよくするためには、人との体の距離と言葉遣いという二つの距離感を大切にしていきましょう。

では、夏休みです。事故に注意して、8月30日、元気に会いましょう。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ