校長挨拶

学校長 池田 速人

スペシャリストの道を切り拓く

- 創立110周年を迎えた、生きる力を育む水産教育 -


 1907年(明治40年)創立の本校は、本年で110年の節目を迎える、全国で46校ある水産系高校の中でも古い歴史と伝統を誇る「水産」の名を残した屈指の単独水産系高校の一つです。

 海・船・水産物を題材とし、常に自然と対峙して展開される水産教育は、生きる力を育む教育として今後益々その重要性が高まると確信しているところです。

 これまで、卒業生7,201名、専攻科修了生658名の同窓諸氏の皆さんが水産・海運界はもとより、陸上産業の各分野で広く活躍されています。

 海洋システム科(海洋テクノコース・エンジニアコース)と海洋生産科(食品生産コース・資源生産コース)の2学科4コースと海洋システム科卒業後、さらに2年間学ぶ専攻科課程を設置しています。

 自然豊かな隠岐の島、その西郷湾北浦に面した校舎で、普通教科と水産に関する専門教科を学びます。また、実践力を養うための多くの実験・実習や乗船実習は、心身ともに鍛え、生きる力を育み、一人ひとりを逞しく成長させます。

 中学生の皆さん、母なる海をモチーフに、母なる海に教えを請う、本校でしか経験できない貴重な体験や思いは、きっと皆さんを人間的に一回りも二回りも大きく成長させ、未来の海洋資源研究や海・食品に関するスペシャリストへと導きます。ただ学ぶだけではなく、ただ過ごすだけではない、活気に満ちあふれた高校生活が本校にはあります。

 

学校概要

【水産魂(熱・意気・団結)】
(昭和24年)

 

 昭和24年に、第27期卒業生の生徒が担任の森田勝男先生と共にラグビーを盛んに練習した。この時の「合い言葉」が 「熱・意気・団結」であり、これが全校に広がって水産魂となった。

 森田先生は函館水産専門学校(現北海道大学)卒の新進気鋭の先生で、在学中はラグビー部で活躍し「熱・意気・団結」は函館水産専門学校ラグビー部の合い言葉であった。


【校章(襟章)】
(昭和29年秋制定)

 昭和31年3月卒業の生徒が2年生と時(昭和29年4月)、島根県立隠岐水産高等学校となり26年間途絶えていた文集 「潮音」 を生徒会誌として再発行した。この表紙に描いたのが基となって、正式には市川忠雄校長が校章として製図した。

 星は水産高等学校の水を図案化したもので外側の三輪は「熱・意気・団結」の水産魂を兼ねて隠岐の三つ子の島を象徴している。「潮音」の編集長は、31年卒の松本一利氏(隠岐の島町)、表紙の図案は、同級生の秋津嘉昭氏(隠岐の島町)である。


【校歌】

 

教育方針

Ⅰ 校訓(目指す生徒像)

  1. 真理と正義を愛せよ
  2. 勤労と責任を重んぜよ
  3. 心身ともに、たくましく鍛えよ

 

Ⅱ 教育目標

  1. 水産・海洋教育をとおして、豊かな人間性と人格の形成を図り、地域社会に貢献する人材を育成する。
  2. 水産・海洋関連産業に関する、専門的知識と技術を身につけた人材を育成する。
  3. 心身ともに逞しく鍛える教育活動を実践し、勤労意欲、責任感、正義感の旺盛な人材 を育成する。

 

Ⅲ 目指す学校像

  1. 生徒がいきいきと活動し 魅力と活力ある学校
  2. 地域に貢献し 地域に必要とされる学校

Ⅳ 本年度の重点努力目標

  1. 生徒が自ら意欲的に取り組む学校生活の展開
    1. ①学びへ誘う授業を展開し、基礎学力の定着と学力の向上を図る。
    2. ②基礎・基本を重視した授業・実習の充実に努め、幅広い専門知識の定着を図る。
    3. ③複数の資格取得や上級海技士資格取得を目指す。

  2. 社会人として必要な資質の育成と基本的生活習慣の育成
    1. ①自己有用感・自己肯定感・自己指導能力を育成し、基本的生活習慣の定着を図る。(相応しい行動、挨拶、頭髪服装、態度)
    2. ②生徒一人ひとり個性や適正・能力の多面的理解に努め、計画的かつ組織的な生徒指導 ・寄宿舎指導を実践する。
    3. ③部活動・生徒会活動を活性化し、規律正しい高校生活を目指す。

  3. 望ましい勤労観の育成と進路指導の充実
    1. ①生徒一人ひとりの適正・能力に応じた計画的なキャリア教育・職業教育を推進する。
    2. ②生徒・保護者へ時宜を得た進路情報を提供し、早期の進路目標実現を図る。
    3. ③水産・海洋関連産業の新規開拓ならびに地元企業との連携により、地場産業への就職を推進する。

  4. 人権教育、道徳教育、特別支援教育を根底に据えた教育活動の推進
    1. ①校内組織および支援体制を充実し、研修や啓発など計画的な取り組みを行う。
    2. ②あらゆる教育活動をとおし、人権意識と共生意識を育み、社会性を身につける。
    3. ③生徒個々の状況把握に努め、保護者や特別支援学校等と連携した取り組みを行う。

  5. 水産・海洋教育を担う学校として、魅力と活力ある学校づくりの推進
    1. ①地域や行政との連携をより一層深め、地域に貢献する積極的な活動を推進する。(明日しまキャリア教育事業、水産業の担い手事業等への積極的な取り組み)
    2. ②魅力ある教育活動を積極的に情報発信し、生徒募集に努める。
    3. ③学校の持つ教育資源を積極的に地域へ還元していく取り組みを推進する。

 

学級編成・生徒数

 

カリキュラム

※画像をクリックすると拡大されます。

カリキュラム

 

 

学校案内「めざせ海のスペシャリスト」

めざせ海のスペシャリスト

ダウンロード

new

島根県立 隠岐水産高等学校
〒685-0005 島根県隠岐郡隠岐の島町東郷吉津2
TEL:08512-2-1526  FAX:08512-2-6079
E-mail : okisuisan-hs@edu.pref.shimane.jp