2学科4コース

 

海洋システム科【定員40名】

 2年次より「海洋テクノコース」と「エンジニアコース」に分かれて、それぞれに専門的な科目を学びます。

海洋テクノコース(生徒数の50%程度)
 海洋や魚類に関すること、そして漁業生産や船舶運航に必要な知識・技能を学び、漁業生産技術者や船舶職員、あるいは陸上の水産関連業への従事者を育成します。海技士(航海)の資格取得を目指し、「漁業」「航海・計器」「船舶運用」などの専門科目を学びます。また、大型実習船「神海丸」で長期乗船実習を行います。

 

エンジニアコース(生徒数の50%程度)
 船舶機関に関する基礎的な理論や、機関の保守管理、自動制御などについて学び、船舶職員を育成します。陸上産業に関連する電気工事士などの資格取得も目指します。海技士(機関)の資格取得を目指し、「船用機関」「機械設計・工作」「電気理論」などの専門科目を学びます。また、大型実習船「神海丸」で長期乗船実習を行います。

 

 

海洋生産科【定員40名】

 2年次より、「食品生産コース」と「資源生産コース」に分かれて、それぞれに専門的な科目を学びます。

食品生産コース(生徒数の75%程度)
 水産物の有効な利用、食品の製造や食品全般にわたる基礎的な知識・技能を学び、食品製造や経営に従事する技術者を育成します。「食品製造」「食品管理」などの専門科目を学びます。

 

資源生産コース(生徒数の25%程度)
 魚介類の養殖や増殖、海洋環境や海洋生物、沿岸漁業などに関する知識・技能を学び、栽培漁業に従事する技術者や経営者を育成します。「資源増殖」「海洋生物」「ダイビング」などの専門科目を学びます。

 

 

専攻科【定員10名】

 海洋システム科3年間(専攻科に対して”本科”と言っています)を終えた生徒が、3級以上の海技士資格の取得を目指して進学することができます。就業年限は2年で、「漁業課程」と「機関課程」の2課程としています。

漁業課程【定員5名】
 船舶の航海士、将来の船長を目指す生徒が進学します。本科・海洋システム科の海洋テクノコースの卒業生が進学します。1年3か月の乗船実習を行い、「航海」「運用」「海事法規」「航海英語」などの専門科目を学びます。

 

機関課程【定員5名】
 船舶の機関士、将来の機関長を目指す生徒が進学します。本科・海洋システム科のエンジニアコースの卒業生が進学します。1年3か月の乗船実習を行い、「内燃機関」「蒸気機関」「執務一般」「海事英語」などの専門科目を学びます。

 

島根県立 隠岐水産高等学校
〒685-0005 島根県隠岐郡隠岐の島町東郷吉津2
TEL:08512-2-1526  FAX:08512-2-6079
E-mail : okisuisan-hs@edu.pref.shimane.jp