「イエローライン」CD 贈呈式


 「イエローライン」は鳥取県立鳥取盲学校卒業生が点字ブロックをテーマに作詞され、エフエム山陰パーソナリティーの影山さゆりさんが作曲された曲です。生徒からの働きかけにより、昨年度学園祭で特別ゲストとして来ていただきました。影山さんには、その後も音楽の授業やイベントでご一緒させていただき交流を深めてきました。
 今回、エフエム山陰で「イエローライン」のCDを作成された記念に本校にもCDをいただきました。6月20日(火)に行われた贈呈式には影山さんとエフエム山陰の方が来校され、生徒たちに直接CDを手渡していただきました。生徒たちは、久しぶりに会う影山さんに興奮しているようで、すぐに挨拶に駆け寄っていました。また、サインをいただく生徒もいて、それぞれに再会を楽しみました。
 実際にCDを流し、皆で鑑賞すると、皆歌いたい気持ちを抑えて聞き入っていました。生徒が「テンポがゆっくりでした。コーラスも素敵でした。」と感想を述べると、影山さんからは「CDとデモの違いが分かるほど聞いてくれているのが分かって、嬉しいです。」と言っていただきました。
 CDには、皆でたくさん歌ってほしいとカラオケバージョンや歌詞の朗読が入っています。ジャケットはエフエム山陰の近くに敷設してある点字ブロックの写真です。CDにも黄色のラインがデザインしてあります。
 最後に生徒の代表がお礼の言葉を述べました。「機会があったら是非また来てください。」「CDをいただいてありがとうございます。大切に大切に聞かせていただきます。本日は本当にありがとうございます。」 いつもより大きな力強い声のあいさつで、生徒たちの心が十分に伝わったと思います。

生徒さんがCDを受け取っている様子の写真 藤森里枝さんがサインを書いている様子の写真
生徒がCDを受け取っている様子 影山さゆりさんがサインを書いている様子

前のページに戻る

トップページに戻る