平成28年度 学園祭
 〜1歩1歩1歩 夢に向かって進もう!!!〜


 10月16日(日)に学園祭を開催しました。本校創立から111年目となる2016年。「1」が三つ並ぶことに着目し、そして、それぞれの夢に向かって、着実に進んで行こうという思いも込めて「1歩1歩1歩 夢に向かって進もう!!!」というスローガンを生徒会で決め、準備や練習に取り組みました。そして、テーマソングには「イエローライン」を選びました。
毎年、学園祭を開催するにあたっては、児童生徒が普段の学習の成果を発表する場とすること、また盲学校を広く知ってもらうことを目的として、地域の方々や関係機関の方々のご協力を得ながら開催しています。
 今年も、午前中は児童生徒を中心とした体育館ステージでの学習発表、その終了後からは各種催し物を運営するコーナー活動を行いました。
 ステージ発表では、小学部、中学部、高等部普通科の児童生徒の合同発表、教育相談や就学前の子どもを支援する地域支援部の教員による発表、音楽部の発表、高等部専攻科の生徒による発表を行いました。修学旅行での思い出を歌や身振りを交えて発表をした小学部。ドラムやトライアングルといった打楽器を使って音楽の授業を発表した中学部。職場体験での箱折り実習の様子を発表した高等部普通科。音楽部は、近年、外部講師の先生にご指導いただきながら合唱を中心に練習を重ねてきた成果を発表しました。古江地区を拠点として活動しておられる音楽グループの「マミーミュージカル」とコラボレーションしたステージ発表も三年目となりました。ステージ発表では、それぞれのグループが個性豊かな内容で、観る人の心を引き付けるものがありました。
 コーナー活動では、盲学校ならではの、高等部専攻科生徒による「あんま体験コーナー」や視覚障がい者スポーツを代表する「サウンドテーブルテニス体験コーナー」等、来場者に体験して楽しんでもらえるものを企画しました。また、視覚障がい者にとって見えやすい環境を支援する機器等を紹介する「視覚補助具コーナー」では、ソフトバンク様、島根ライトハウスライブラリー様のご協力のもと、様々な支援グッズを紹介することができました。
 学園祭を締めくるフィナーレでは、学園祭テーマソング「イエローライン」の作詞者、作曲者によるトークと歌で大いに盛り上がりました。「イエローライン」は、点字ブロック(視覚障害者用誘導ブロック)をテーマにした詞で、エフエム山陰パーソナリティーの影山さゆりさんによって作曲された楽曲です。影山さんとは、今後音楽科の授業で再度交流を図る計画ができ、学園祭をとおして夢が広がることとなりました。
 児童生徒総勢14名という少人数の盲学校ですが、今後も地域の方々、関係機関、保護者の皆様方とのつながりを大切にしながら有意義な学園祭を開催していきたいと思います。

小学部・中学部・高等部普通科発表の写真 地域支援部教員による発表の写真
小学部・中学部・高等部普通科発表 地域支援部教員による発表
音楽部発表の写真 理療科発表の写真
音楽部発表 理療科発表

前のページに戻る

トップページに戻る