あん摩マッサージ指圧
(あんまマッサージしあつ)


 「あん摩」「マッサージ」「指圧」は、気持ちがいい、コリがあると感じる場所を探しながら筋肉をほぐしていく施術です。その効果としては、血流促進、筋肉疲労の除去、自律神経の調整などがあります。
 では、この「あん摩」と「マッサージ」と「指圧」は、どう違うのでしょうか?

あん摩(あんま)

 中国から伝わってきました。もんだりたたいたりの手技を、心臓に近い方から末端に向けて行います。服の上や手ぬぐいなどを使い、肌に直接触れることはあまりありません。 肩をもんだり叩いたりしている図

マッサージ

 明治の頃にヨーロッパから日本に伝わったといわれています。さする手技が中心で肌を直接刺激し、血液やリンパの流れを促します。あん摩とは逆に、手足などの末端から心臓に向かって行います。
肌の滑りをよくするために、パウダーやオイルを使います。本校では、おもにアロマオイルを使用したオイルマッサージを行っています。
ふくらはぎをマッサージしている図と、オイルを手のひらにつけてのばしている図

指圧(しあつ)

 日本が発祥の地です。指や手のひらを使い、「押す」ことが中心です。「シアツ」は、海外でも通じることばです。 背中を指圧している図

 あん摩などの施術を受けられる方に、どんな服装がいいのか尋ねられることがあります。上はTシャツやトレーナー、下はジャージのようなゆったりした服装が適しています。本校の臨床実習の際は、持ってこられた服に着替えていただくこともできます。


前のページに戻る

トップページに戻る