学校沿革


創立者 福田与志先生の紹介


明治38(1905) 5.20
福田与志先生松江市母衣町に「松江私立盲唖学校」を開校
明治40(' 07) 5. 1
松江婦人会に経営移管、「私立松江婦人会盲唖学校」と改称
明治44(' 11) 7.31
松江市外中原町に新校舎落成移転
明治44(' 11) 9.27
財団法人山陰盲唖保護会に経営移管、「財団法人私立松江盲唖学校」と改称
大正元(' 12)11.28
福田与志先生歿(享年41歳)
大正12(' 23) 4. 1
島根県に移管、「島根県立盲唖学校」と改称
昭和16(' 41) 1.16
福田平治先生歿(享年77歳)遺志により骨格標本とする
昭和23(' 48) 4. 1
島根県立盲唖学校廃止、外中原校舎を「島根県立盲学校」と「島根県立聾学校」に分離併設、高等部設置
昭和25(' 50) 7.13
松江市南田町189の松江市立家政高等女学校寄宿舎跡へ移転、独立校舎となる

昭和26('51)7.22

学校だより「むつぼし」創刊
昭和26(' 51)11.22
あん摩師・はり師・きゅう師・柔道整復師法認定規則による学校として認可
昭和27(' 52) 5.20
校地を拡張、理療科校舎増築
昭和29(' 54) 6.20
校地を拡張、講堂並びに小学部校舎増築
昭和30(' 55)11. 5
創立50周年記念式典挙行
昭和36(' 61) 5.20
福田与志先生胸像建立
昭和37(' 62)12. 1
普通教室5教室増築
昭和40(' 65) 2. 1
理科室増築
昭和40(' 65) 9.25
校舎狭隘となり校舎移転新築期成同盟会を設立し、移転新築運動推進
昭和41(' 66)10. 1
創立60周年記念式典挙行
昭和43(' 68) 7. 2
現校地(松江市西浜佐陀町468)に造成工事竣工
昭和44(' 69) 3.31
第1期工事(教育棟竣工)
昭和45(' 70) 7.31
第2期工事(管理棟東棟・寄宿舎竣工)
昭和45(' 70) 9. 7
松江市西浜佐陀町468の新校舎に移転、入校式挙行
昭和46(' 71) 2. 8
第3期工事(管理棟西棟、体育館竣工)
昭和46(' 71) 3.31
前庭等舗装、庭園工事完了
昭和48(' 73) 4. 1
新教育課程により、高等部に普通科、保健理療科、専攻科理療科(3年制)設置
昭和48(' 73) 11. 1
屋外養護・訓練場整備
昭和50(' 75)10.31
創立70周年記念式典挙行
昭和51(' 76) 3.31
旧教育課程による専攻科廃止
昭和55(' 80) 1.16
福田平治先生骨格標本返納式
昭和56(' 81) 5.31
養護・訓練棟竣工
昭和60(' 85)10.26
創立80周年記念式典挙行
平成元(' 89) 4. 1
福田平治先生、福田与志先生松江市制百周年記念表彰
平成4(' 92)12.20
森の中の散歩道、香木の森完成(いきいき島根スクール環境整備事業)
平成6(' 94) 3.28
ロータリー、寄宿舎東庭、養訓棟東側法面植樹(県緑化センター緑化推進事業)
平成6(' 94) 8.31
高等部普通科に重複学級設置、校庭倉庫を作業学習室に改修
平成7(' 95)11. 4
創立90周年記念式典挙行
平成8(' 96) 3.31
校庭北側法面桜植樹(緑の公共空間創造事業)
平成9(' 97) 8.31
校舎リフレッシュ工事完了、盲学校誘導施設設備整備
平成10(' 98) 3.27
スク−ルバス(むつぼし号)配備
平成10(' 98) 4. 1
就学前教育相談「ひよこ教室」開設
平成10(' 98) 7.30
全日本盲学校教育研究大会・島根大会 主管
平成13(2001) 3.25
福田与志先生胸像周りの造園工事完成(緑化センター事業)
平成14(' 02) 4. 1
専攻科保健理療科新設
平成17(' 05) 5.20
松江市母衣町 松江私立盲唖学校跡地に「島根盲聾教育発祥の地」記念碑建立
平成17(' 05) 10.22
創立100周年記念式典挙行
平成19(' 07) 3.31
視覚障がい者支援補助具展示ルーム(通称センタールーム)開設

平成22(' 10) 3.31

校舎等大規模改修工事完了

平成22(' 10) 12.5

バリアフリー化工事(エレベーター設備等整備)完了

平成26('14)3.19

スクールバス(むつぼし号)更新

平成27('15)10.18

創立110周年記念学園祭挙行

トップページに戻る