Mathematica 」 Wolfram Research社の数学用ソフトです。ここではWindows版のTeacher's Editionを用いています。日本では住商エレクトロニクス社などが輸入販売しています。因数分解,展開,微分積分をはじめとしてほとんどの数学計算が可能です。2次元や3次元グラフィックス機能も強力です。一方リアルタイム表示ができないもどかしさもあります。多くのメモリーが必要で1個のファイル容量が10MBを超えることもあります。現在Mathematica5がリリースさています。


等式や不等式を空間表示して観察したものです。

1.不等式・方程式を空間表示
 (学習院大98年、一橋大95年、島根大97年、和歌山県立医大00年、九州大92年

2.立体の表示(円柱、だ円柱、回転体)
 (東京大92年、慶応大91年)


3.立体の体積を求める問題
  (東京大94年、上智大93年)


4.連立方程式・連立不等式を空間表示
  (京都大97年、東海大92年)


5.不等式を空間表示
  (九州大97年、北海道大76年、富山医科薬科大76年)


6.x,yで表される式の空間表示
  (学習院大95年)


7.円柱2本および3本の交差図形






「パソコンで知る高校数学」トップページへ戻る