学校紹介

島根県立松江緑が丘養護学校は

本校は、病気の治療をしながら学ぶことのできる病弱教育特別支援学校です。児童生徒の個々の病気の実態により、学習の様々な場面で制限がある中で、個々のペースに合わせながら学習内容を精選し、効果的に授業が展開できるように取り組んでいます。

本校には小学部、中学部、高等部があり、日常の学習は各クラスで取り組みますが、全校集会や自立活動の時間には各学部の交流を大切にする活動にも取り組んでいます。

本校の隣には「国立病院機構松江医療センター」があり、児童生徒の約25%がこの医療センターに入院しています。近年は家庭からの通学生が増えていますが、学校に通学することが難しい児童生徒に対しては、松江医療センターに出向いて教育を行う床上学習、教員が家庭や病院に出向いて行う訪問教育も実施しています。

校長あいさつ

島根県立松江緑が丘養護学校

校長 足立 芳樹

島根県立松江緑が丘養護学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、昭和34年に松江市立乃木小学校および松江市立第三中学校の分教室として設置されました。その後、独立校の「松江市立養護学校生祥学園」となり、さらに、昭和47年に県立に移管され「島根県立松江緑が丘養護学校」となりました。そして、昭和60年には高等部を設置し現在に至っています。

本校には、さまざまな病気や障がいを抱えながら学ぶ小学部から高等部までの児童生徒が在籍しています。本校では、教育目標を「病弱虚弱によるさまざまな困難を改善・克服し、心豊かに生きる児童生徒を育てること」とし、また、めざす児童生徒像を、<自分を大切にする人><すすんで行う人><助けあう人>と定め、教育活動を行っています。これからも医療機関や福祉関係機関と連携を図りながら、児童生徒が安心で安全な学校生活を送れるよう、教職員で心と力をあわせて支援をしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 校報みどりが丘
  • 児童生徒会通信
  • みどり作品展
  • お知らせ

お問い合わせ先

島根県立松江緑が丘養護学校
〒690-0015
島根県松江市上乃木5丁目18番1号
TEL:(0852)23-9500
FAX:(0852)23-9517
E-mail:
midorigaokayogo@pref.shimane.lg.jp