学校紹介

教育方針

授業づくりの推進

█ 松江養護学校とは

 本校は、昭和54年の障がい児教育義務化施行によって開校した知的障がいのある児童・生徒を対象とした特別支援学校です。小学部・中学部・高等部の各学部に6歳から18歳までの児童・生徒が在籍しています。

松江養護学校(本校)

松江養護学校安来分教室

校舎のイラスト小学部 中学部
高等部(総合コース)
所在地:松江市西川津町
-----------------------------------------------

校舎のイラスト乃木校舎
高等部(職業コース)
所在地:松江市乃木福富町

 

校舎のイラスト高等部
所在地:安来市佐久保町


█ 松養の校訓

  明るく 強く 仲よく


█ 松養のシンボルマーク

校章

 緑に囲まれた自然「緑」の中で、あかるく「黄」、つよく「あか」、なかよく「両手」、伸びゆく養護学校「よ」の子どもの姿をデザインした。


█ 学校経営

(1)校訓

  「明るく 強く 仲よく」

(2)教育目標

   自立をめざし「生きる力」を培い豊かな人間性を育む。

(3)教育方針

  • 健康と安全に心がけ、体を動かすことを楽しみ、健やかな体と心を育成する。
  • 児童生徒の主体性・自主性を育て、自分で考え行動したり、表現したりする力を育成する。
  • 児童生徒が自分らしく生きるための基礎的な学力や日常生活・社会生活に必要な力を育成する。
  • 児童生徒の将来を見据えた計画的・継続的な就労観を育成する。
  • 人との関わりを楽しみ、思いやりの心や豊かな感性を育成する。
  • 地域との関わりを大切にし、地域の中で育ち、地域の中で生きていく力を育成する。

(4)令和2年度重点目標

  1. 学ぶ力&コミュニケーション力
  • 個の教育的ニーズと集団課題の吟味と評価
  • 豊かな子ども観と子どもの内面理解
  • 多様な出会いと発見のある学びの保障、提供
  • 対話的で深い学びによる学習意欲・態度の育成
  • 授基礎教科(国・算数)と自立活動の充実
  • 読書教育の充実
  • 教育相談的手法を取り入れた生徒指導の充実
  • 指導者の専門性、独自性、協同性の発揮
  1. 学び方(カリキュラム・マネージメント)
  • 新学習指導要領に対応した教育課程の改善(テーマ研究を通じて)
  • 個別の指導計画・自立活動シート等の活用
  • 授業づくりの推進(公開授業を通しての授業改善、授業評価。学習・単元計画、学習内容の整理・検討。)
  • 道徳、総合的な探求の時間の実践の充実

  1. 地域づくり
  • 地域学習・交流の充実(ヒト・コト・モノ)
  • 公民館と地域の方との関係強化
  • 理解啓発活動の充実と情報発信
  • 特別支援教育のセンター的な取組の充実
  • 就学支援の充実(校内、地域小中学校)
  • 地域貢献活動やボランティア活動の導入・充実

  1. 学校環境・働きやすい職場
  • 新型コロナウイルス対応
  • 防災体制の再構築と防災教育の充実
  • 図書館、情報機器整備
  • 教員の働き方改善(life&work balance)
  • 子ども、教職員のメンタルケア・人権感覚


  


█ 学校経営

  校内組織図はこちから

    (PDFファイルが新しいウィンドウに表示されます。)

 2016年8月26日からのカウントです。