学校紹介

教育方針

█ 松江養護学校とは

 本校は、昭和54年の障がい児教育義務化施行によって開校した知的障がいのある児童・生徒を対象とした特別支援学校です。小学部・中学部・高等部の各学部に6歳から18歳までの児童・生徒が在籍しています。

松江養護学校(本校)

松江養護学校安来分教室

校舎のイラスト小学部 中学部
高等部(総合コース)
所在地:松江市西川津町
-----------------------------------------------

校舎のイラスト乃木校舎
高等部(職業コース)
所在地:松江市乃木福富町

 

校舎のイラスト高等部
所在地:安来市佐久保町


█ 松養の校訓

  明るく 強く 仲よく


█ 松養のシンボルマーク

校章

 緑に囲まれた自然「緑」の中で、あかるく「黄」、つよく「あか」、なかよく「両手」、伸びゆく養護学校「よ」の子どもの姿をデザインした。


█ 学校経営

(1)校訓

  「明るく 強く 仲よく」

(2)めざす姿

  ・「前向きに、主体的に生きる姿」
  ・「元気な体と心で、たくましく生きる姿」
  ・「よい人間関係を築き、共に生きる姿」

(3)教育目標

   自立をめざし「生きる力」を培い豊かな人間性を育む

(4)教育方針

  ・健康と安全に心がけ、体を動かすことを楽しみ、健やかな体と心の育成
  ・児童生徒の主体性・自主性を育て、自分で考え行動したり、表現したりする力の育成
  ・児童生徒が自分らしく生きるための基礎的な学力や日常生活・社会生活に必要な力の育成
  ・児童生徒の将来を見据えた計画的・継続的な就労観の育成
  ・人との関わりを楽しみ、思いやりの心や豊かな感性の育成
  ・地域とのかかわりを大切にし、地域の中で育ち、地域の中で生きていく力の育成

(5)平成30年度の重点目標

☆まもる
  ・児童生徒が学びやすい環境づくり
  ・教職員が働きやすい環境づくり
  ・体力づくり健康づくり食育の充実
  ・性に関する指導の充実
  ・いじめのない学校づくり
  ・教職員の高い危機管理意識
  ・教職員の働き方改革の推進
  ・ワークライフバランス
  ・自己管理意識とコンプライアンス

☆たかめる(専門性の向上)
  ・学び続ける教職員
  ・授業力向上
  ・自立活動を意識した教育活動の展開

  ・児童生徒のニーズに応じた教育の充実
  ・高等部コース制の見直しや教育課程の改善・運用
  ・個別の指導計画・教育支援計画の改善・活用
  ・積極的な生徒指導・生活指導

  ・ICT機器の活用力の向上
  ・OJT、外部専門家の活用による人材育成

☆つなぐ(連携)
  ・チーム力の向上(協力体制の充実)
  ・組織強化
  
・学級、学年部、学部、校舎間、寄宿舎、事務室の連携(情報共有、共通理解の促進)
  ・外部関係機関との連携(支援会議・職場開拓の推進、進路指導の充実)
  ・保護者との連携(共通理解の促進)
  ・地域との連携(地域資源の活用、地域貢献)
  ・センター的機能の充実(小・中・高等学校)


  
(6)めざす学校像

    児童・生徒・保護者の喜びが一番の喜び、優しさと愛情あふれる場所


█ 学校経営

  校内組織図はこちから

    (PDFファイルが新しいウィンドウに表示されます。)

 2016年8月26日からのカウントです。