お知らせ

松養サッカー部、全国大会応援ありがとうございました。

2月11日、12日に第2回全国知的特別支援学校高等部サッカー選手権がおこなわれました。

試合結果
(PDFファイルが新しいウィンドウで開きます。)

2月10日(金)壮行式  小学部、中学部、高等部と全校のみんなの声援の中、出発しました。

出発式の様子

このあと、大雪の影響で山陰脱出に5時間ほどかかり、藤枝まで11時間のバスの旅でした。

2月11日(土)開幕戦 VS阪神昆陽特別支援学校
 静岡県藤枝市は、ご覧のとおり、晴天でした。

試合直前の藤枝競技場

FIFAのテーマソングで入場。全員での写真撮影。

試合前の集合写真

ドリブルで攻め込む選手 1対1でボールを取り合う選手

ロングキックをする選手

攻めて攻めて、守って、攻めてと、押していましたが、後半に入り、先攻され、続けて点を許していしまいました。結果、0対2で初戦敗退。

<戦評>
立ち上がりはペースをにぎったが、相手が球際の強さで上回っていた。徐々にセカンドボールをうばわれると、後半残り10分で立て続けに2失点。日本代表の安達選手も厳しいマークに本来の力を出し切れなかった。 <田原監督コメント>  初舞台でしっかりしたサッカーをしてくれた。スタメンのうち8人は1,2年生のチームなので、この経験を生かしたい。

2月11~12日 交流戦4試合

ヘディングでクリアする選手 ゴール前の攻防の様子
敵ボールをカットする選手 ボールを取り合う選手たち

 交流戦4試合。いい具合に力もぬけて、どの試合も好ゲームでした。中でも、3試合目の、初戦で敗れた昆陽特別支援学校との闘いは、リベンジをかけて、とても集中したゲームでした。  なかなか、1点がとれず、苦しんだ大会でしたが、最後の試合で、安達選手がシュートを決め、終えることができました。後輩たち全員が、安達先輩が1点をとり、1勝できたことを実は一番ほっとして喜んでいたことは、チームの成長を感じる瞬間でした。

ゴールを決めた直後の足立選手

安達選手ゴール!!

試合後あいさつをする選手たち

「ありがとうございました」

n170211m.jpg

藤枝市サッカー場前にて
みなさん、ご支援とご声援をいただき、ありがとうございました。松養サッカー部一同

 2016年8月26日からのカウントです。