島根県立  松江工業高等学校 定時制








 トップページ  教育目標 沿革  概要 校歌

校 訓

  本校は、明治40年4月「松江市立工業学校修道館」の名で、市内南田町に誕生した。校名の「修道館」は、旧松江藩藩校修道館を継承する
誠に由緒深い名称で、工業高校としては全国にその例を見ない。
 本校の校訓は、昭和4年に制定され、その後昭和15年に改訂されたが、敗戦とともに自然消滅したままであった。昭和60年3月に新校訓として
「修道創意」が40年ぶりに制定された。
 「修道」の語は創立時の校名を継承し、そのもつ本義は中国古典「中庸」の自律自学の精神であり、「創意」は工業教育に不可欠な新たなもの
に取り組む進取高邁な精神をあらわす。


修道館の由来

 「修道館」は、江戸時代、松江藩の藩校名「修道館」に由来するものである。
 「修道」の語は、中国古典「中庸」の冒頭に云う「天命之謂性、率性之謂道、修道之謂教、道也者、不可須臾離也」からで、「自からの意志で学ぶ
ことが、生きていくことの真の道である」との意である。
 明治維新後、藩校「修道館」は廃校となったが、明治24年、私立中学修道館として再興され、幾多の英才が輩出したという。
 明治40年、本校が山陰地方初の工業学校として設立された時、たまたま前記私立中学修道館は廃校となった。館長渡部寛一郎先生は修道館
校舎を本校に移管するにあたり、「修道館」の呼称の存続を切望せられ、ここに「松江市立工業学校修道館」が誕生したのである。
 爾来、「修道館」は昭和19年までの37年間、本校校名に付され、世間では「修道館工業」とも呼んでいた。

 なおこの書は、維新政府の軍政の実力者前原(源一誠、先祖は大原郡の佐世氏、尼子氏家臣)の揮毫で、皇紀二年己巳(つちのとみ)とあるのは明
治2年(1869)であり、藩校時代末期のものであるが、本校への入手経緯については不詳である。