沿  革

 明治40年 4月  島根県松江市立工業学校修道館として創立(南田町)   
 明治41年 4月  島根県立工業学校修道館となる  
 大正 8年 8月  大正町に校舎新築落成、移転   
昭和14年 4月  2年制夜間機械科設置  現在の松工定時制ここに始まる   
 昭和15年 4月  2年制夜間電気科新設   
 昭和16年 4月  夜間機械科・電気科の4年制を増設
 2年制夜間建築科新設 
 
 昭和17年 4月  2年制夜間造船科新設   
 昭和19年 4月  島根県立松江第一工業学校と改称
 夜間建築科、造船科が4年制に昇格 
 
 昭和21年 4月  島根県立松江工業学校と改称   
 昭和23年 4月  島根県立松江工業高等学校と改称
 夜間造船科を廃止し、夜間木材工芸科を設置 
 
  8月  校舎は大正町から古志原の連隊跡(現在地)に移転   
 昭和24年 4月  松江商業高等学校と統合して、島根県立松江産業高等学校と なる 
 (28.4 再び分離し、島根県立松江工業高等学校に戻る)   
 
 昭和25年 4月  夜間部はこのころから定時制に名称が統一される   
 昭和28年 4月  木材工芸科廃止。普通科設置
 くくり入学開始(36年度まで) 
 
 昭和37年 4月  脱脂粉乳給食に併せパン給食も開始   
  6月  新教室棟に移転する   
  12月  勤労学生のための連絡協議会(ETA)結成   
 昭和39年 12月  グランドの照明施設完成(400W28灯)   
 昭和41年 4月  給食の脱脂粉乳を牛乳に切り替える   
  12月  体育館竣工   
 昭和42年 10月  創立60周年記念式典   
 昭和44年 4月  再入生制度発足(平成9年度からは特別編入生と改称)   
 昭和52年 4月  創立70周年記念 工窓会館竣工
 電気科、普通科をまとめて電気・普通科として生徒募集をする
    (57.4 再び分離) 
 
 昭和60年 3月  新校訓「修道創意」を制定   
昭和62年 9月  工窓会館別館竣工   
  10月  創立80周年記念式典   
 平成元年 10月  定時制創設50周年記念式典挙行   
 平成 3年 3月  定時制卒業生会による皆勤・精勤生徒の表彰始まる   
 平成 5年 9月  土木科・建築科実習棟竣工   
 平成 8年 4月  本校定時制の修業年限が3年以上となる
 建築科と松江高等技術校との技能連携制度開始
 テニスコートに夜間照明設置 
 
平成 9年  10月  創立90周年記念式典   
  11月  電子機械科・情報技術科・機械科実習棟竣工   
 平成10年 4月  今年度入学生から単位制的学年制を導入
 給食を改善(水曜日は米飯給食、他の曜日は調理パンと牛乳) 
 
 平成11年 4月  定時制創設60周年記念式典挙行   
 平成19年 10月  創立100周年記念式典  
平成21年  10月  定時制創設70周年記念式典挙行  
平成22年  4月  普通科募集停止  
平成22年  7月  新校舎竣工  
平成22年  9月   新校舎使用開始  
平成25年  3月   普通科閉科  
平成25年  7月   教室棟にエアコン設置