学校行事

3学期の最近の行事

 1月12日(火)に3学期の始業式を行いました。本来であれば、7日(木)に実施する予定でしたが、大雪による臨時休業となったため、12日(火)から3学期のスタートとなりました。                          

 校長訓話では、3学期に臨むにあたり、「やるべきことは最後までやり遂げて欲しい」、「物事には優先順位があり、人生にとって大事なことは今やるべきことを一番最初にやること、今やるべきことを見極めて努力してほしい」、「4年生は集大成の課題研究発表会を誰にでも伝わるようにきちんと準備をし、立派な発表をして欲しい」、「1~3年生は1・2学期に出来なかったことを目標に立てて欲しい」等のお話がありました。

 尚、始業式は、密をさけるため、オンラインで2会場に分けて実施しました。

始業式.png

定時制課程2名、全日制課程214名、計216名の卒業生が本校を卒業しました。

今年の定時制課程の卒業生は、機械科のみでしたが、2人とも立派に巣立っていきました。

2月19日(火)~2月22日(金)
詳しい時間割は、ここから見ることができます。
※ この間の給食は、ありません。

学校としては今年度3回目のそば打ちでしたが,1年生にとってははじめてのそば打ちでした。

慣れないことに苦戦しながらも,最後にはみんなでおいしくお蕎麦をいただきました。

名称未設定.png

1年生,最後の茶道教室が2/5にありました。

全員,茶道にも慣れ,ひとりひとりが思い思いにお茶を点てていました。

茶道1年2-5 HP用.jpg

2/5に行われた研修会に4年生2人が参加してきました。

社会人になるために気合い充分です。

名称未設定.png

 本校のユニークなキャリア教育として茶道教室があります。これは、茶道を通じてコミュニケーション能力を高め、人や社会とつながる力を育てようというものです。講師として裏千家助教授の島田宗智先生と三浦宗洋先生を迎え、1・2年生を対象に毎週1時間、合計4時間の体験を行っています。

 本年度も1年生の教室が、あと2回(今回を含む)残すのみとなりました。いろいろな作法があって大変だったと思いますが、生徒の皆さんは、熱心に取り組んでいました。

CIMG3389.JPG CIMG3387.JPG

CIMG3399.JPG CIMG3403.JPG CIMG3401.JPG

 今年も、古志原地区高齢者支援グループ「そばの会」の皆様にご協力いただいて、そば打ち体験を行いました。3時間の体験でしたが、職業意識啓発セミナーの一環として、地域の方々と交流し、コミュニケーション能力を高めることができたのではないかと思います。
 作業工程は、写真の通り、(1) そば粉に水回しをして、しっかり捏ね、(2) 麺棒で平らに伸ばし、(3) 包丁で等間隔に切りました。続いて、(4) そばを茹で、(5) 水でしめて、(6) 盛り付けた後、おいしくいただきました。

 この体験学習は、 平成31年1月15日:2年生(今回)
平成31年1月17日:3・4年生
平成31年2月12日:1年生  の日程で行われます。

CIMG3395.JPG CIMG3406.JPG CIMG3405.JPG

作業の続きは、次回をお楽しみに。

校長講話は、「授業を大切にする」という話でした。内容は、授業に出席すること、話をよく聞くこと、疑問をもつこと、そして分からないことを放っておかないこと、などでした。そして、生徒の皆さんが、そろって卒業、進級できるように、全員あきらめないで授業に参加してほしいと激励されました。

また、式のあと、生徒総会があり、新しい生徒会役員の紹介と生徒会長があいさつをしました。続けて、卒業生の講演が行われました。