平成20年度学校評価

1.評価者

 教職員による自己評価

 自己評価の裏付け資料

  @生徒への学校評価に関するアンケート

  A保護者への学校評価に関するアンケート

 

2.評価項目と評価基準

ア.教職員対象の自己評価(1月、評価実施)

評価項目・・○学校目標毎に、具体的内容で問うようにする。評価対象が、「自分」なのか、分掌な
のか、学年・学校なのかを明確化

○自由記述欄を設ける。

    評価区分・・・・ 5:できている(5ポイント)

4:概ねできている(4ポイント)

3:やや不十分である(3ポイント)

2:改善すべきである(2ポイント)

1:わからない(評価対象外)

の5段階評価とし、評価平均値を出す。

 

イ.生徒対象のアンケート(全員対象)

評価項目・・○「生徒の立場に立った評価」を基本にして、評価項目には学校

に関する評価する項目のほかに、生徒自身の取組に対する自己評価も加える。

○自由記述欄を設ける。

    評価区分・・・・ 5:そう思う(5ポイント)

4:ある程度そう思う(4ポイント)

3:あまりそう思わない(3ポイント)

2:そう思わない(2ポイント)

1:わからない(評価対象外)

の5段階評価とし、評価平均値を出す。

 

ウ.保護者対象のアンケート(全保護者対象)

評価項目・・○保護者が評価しやすい内容を評価項目とするとともに、実態調査の項目(何%か)を
設けた。

例 学校からの配布物、生徒の様子、生徒からの情報等

○全体を通して自由記述欄を設ける。

    評価区分・・・・ 5:できている(5ポイント)

4:概ねできている(4ポイント)

3:やや不十分である(3ポイント)

2:不十分である(3ポイント)

1:わからない(評価対象外)

の5段階評価とし、評価平均値を出す。

 indexへ