お知らせ

9月8日(水)に小学部2組~4組の児童が、学校近くの匹見川であゆつかみ体験を行いました。早朝の雨に実施が危ぶまれましたが、ほとんど増水しなかったため、実施することができました。高津川漁協や豊田公民館の協力を得て、安全に気をつけながら生きのいいあゆをつかみ取りすることができました。素手で、何匹もつかまえることができる児童、あゆが怖くて直接は触れないけれど手袋をつければつかむことができる児童、教員が手元に運んだあゆの感触を確かめる児童と様々な姿がみられました。学校に帰ってからは、炭火で焼いたあゆを味わうことができ、みんな満足そうでした。

キャプチャ.JPG

 9月1日(水)に、2学期の始業式を行いました。ソーシャルディスタンスを確保するために、アリーナで2部に分けて行いました。はじめに、高等部が行いました。校長先生の話にあった「多様性」について、各々が考えているようでした。

 次に、小学部と中学部が始業式を行いました。校長先生から「発見」と「協力」について話があり、みんな提示されたスライドに視線を向けながら聞いていました。

 全校の児童生徒が大きく体調を崩すことなく、2学期を迎えることができました。大きな行事が控えた2学期、コロナ対策を万全にしながら、日々の学習を積み上げていきたいと思います。

2.JPG

8月1日(日)に小学部親子行事を行いました。校舎内に「魚釣り」「玉入れ」「ボウリング」の3つのブースを設けました。児童と保護者は、密にならないように少人数のグループに分かれて、各ブースを体験しました。久々の学校での活動が楽しかったようで、「ヤッタ!」と喜んだり、笑顔になったりする姿がたくさん見られました。夏休みの良い思い出の1つになったと思います。

キャプチャ.JPG

7月31日(土)に、中学部親子行事を行いました。今年は、「ゲーム会」を行いました。一年生が1学期に作成した「シュートゲーム」、スポーツクラブで取り組んでいた「ペットボトルボウリング」、新入生歓迎会で行った「缶つみゲーム」の3種目を行いました。「レモンチーム」「マスカット・パイナップルチーム」「白くまチーム」の3チームに分かれ、チームで協力しながら高得点をめざしました。珍プレー・好プレーに大いに盛り上がり、楽しいひとときを過ごすことができました。

中学部.JPG

コロナ感染拡大の関係で延期していた第1回目の「ボランティア養成講座・作業学習ボランティア」を7月3日に行いました。高校生・専門学校生・一般の方合わせて53名が参加されました。開講式・説明会・あいサポーター研修では、みなさん真剣に話を聞いておられました。その後は、グループに分かれて作業を行いました。本校の児童生徒たちが、学習で使用する新聞紙のごみ袋や「さおり織り」の糸作りなどを一生懸命作って下さいました。参加者のみなさんが、積極的に取り組んでおられる姿が印象的でした。

ボランティア.JPG

7月8日(木)の5時間目に高等部の生徒を対象に、「情報モラル教室」を実施しました。講師には、益田警察署生活安全課の高尾さんをお招きしました。講演では、「SNSやコミュニケーションアプリのトラブルの事例や使用する上で気をつけること、フィルタリングの必要性」など、クイズや動画を交えて、わかりやすく話していただきました。高等部の生徒にとっては、これからの生活で必ず必要になってくる情報モラルについて考え直すきっかけとなり、大変貴重な時間でした。

モラルPDF.JPG