Shimane Prefectural Johokagaku High School
島根県立情報科学高等学校
学校案内

学校案内

校長ご挨拶


 本校は、東に秀峰大山を仰ぎ、冬には白鳥が舞う広大な能義平野に位置し四季折々の景観が美しい、素晴らしい環境の中に学校があります。
昭和六十二年四月、地元の強い要望と熱い期待を受け、これからの「高度情報社会を担っていく有為な人材の育成」を目指した、特色ある県立高等学校として開校いたしました。
  爾来(じらい)、着実に発展を遂げ、本年度創立三十周年という節目の年を迎えます。その間、情報教育において県内の高校をリードし、多くの卒業生は高い目標と情熱を持って、学習に部活動に大きな成果を上げ、就職や進学に多くの夢を実現してきました。その成果については、地元はもとより、県内や県外の卒業生の進路先より厚い信頼と大きな称賛の声が寄せられています。このように本校は、新しい歴史と伝統が育まれつつある、県内唯一の「情報教育の中心校」として位置づけされております。公立高校として全国唯一のマルチメディア科では、高度な資格取得に捉われずコンピュータを用いての創作活動を展開し、情報システム科ではハードウエア・ソフトウエア両面の学習はもとより、島根県松江発のプログラミング言語Rubyに特化した学習を展開しています。また情報処理科では、情報処理と簿記会計を中心としたビジネス教育を展開しています。また、昨年度全国の高等学校では初の「情報ITフェア」を開催し地域との連携による開かれた学校づくりに努めております。
 「明朗」「気概」「思いやり」の校訓のもと、本年度創立三十周年を迎えるにあたり生徒、保護者の皆様、地域の皆様、教職員が一体となり、創立時の気概の精神をもって学校づくりに努力しております。
 校歌の一節に「花開く若き力よ」とあるように、大きな意欲と輝きに満ちた生徒の皆さんがもっている素質や能力が自らの努力で蕾から花へと開いていけるよう、教職員一同、親身で丁寧な指導で力一杯、精一杯応援しながら教育活動を展開してまいります。

校 長  小 山  峰 明

校章

校章 校名にふさわしいものとして、コンピュータ処理の流れ図を書くときに用いる記号をデザイン化して取り入れました。
記号
 周囲の円は磁気テープと島根県全体を表しています。 3つのオンライン記憶は安来公園の桜を表すと共に、 郷土出身の国学者で「さくら読本」の編纂に携わった井上赳(たけし)氏の偉業をたたえています。 2本の通信記号は飯梨川と伯太川を表しています。 デザインは、白潟吉堯氏です。

校歌

校訓
制定 昭和62年10月1日
作詞 木島 俊太郎
作曲 小林 昭三

校訓

校訓
 明朗 気概 思いやり

教育目標

 普通教育ならびに情報・ビジネスに関する専門教育を施し、健康で、心豊かな人間を育成する。

重点目標

(1) 向かっていく学力の育成
・基礎学力の定着と授業力の向上を図りわかりやすい授業
 に努める
・情報教育の中心校としての特色を発揮し専門性の深化を
 図る
(2) 広がっていく社会力の育成
・地域との連携による開かれた学校づくりに努める
・進路指導の充実と強化により進路実現に努める
(3) 高まっていく人間力の育成
・基本的生活習慣の確立と学校生活の充実を図る
・特別活動の充実により心豊かな人づくりに努める
・人権教育の充実に努め人権意識の高揚を図る

本校の目指す教育

(1) 学校像
・地域社会や家庭との交流・連携を活発に行う、地域に
 根差し信頼される学校
・情報に関する総合的な学習ができる情報教育の中心校
・学術、文化、スポーツをとおして、心豊かな人間性を
 育てる学校
(2) 生徒像
・心身ともに健康で、思いやりのある生徒
・基本的生活習慣を身に付け、主体性と向上心のある生徒
・文武両立をめざし何事にも挑戦する生徒
・情報科学高生であることに誇りをもち、郷土を愛し、地域
 から学ぶ生徒
(3) 教職員像
・支え合い、高め合う教職員
・職務に対する誇りと責任、自覚をもつ教職員
・自己形成に努め、学び続ける教職員
・地域を知り、愛着をもち、地域から学ぶ教職員
 

沿革

西暦 和暦 月日 校長名 内 容
1980 昭和55 9月10日   島根県教育委員会は、高等学校新設の答申を行う。
1983 昭和58 9月5日 島根県教育委員会は、安来・能義地区に特色のある商業高等学校の建設が望ましいと報告を行う。
1985 昭和60 9月13日 島根県教育委員会は、昭和62年度に安来市能義町に新設することを決定する。
1986 昭和61 4月1日 情報科学高等学校(仮称)開設準備室の業務を安来高等学校内の80周年記念館で開始する。
1987 昭和62 4月9日
10月1日
長澤  徳
(初代)
開校式・第1期入学式
第1回学園祭・校歌発表会
1988 昭和63 5月14日 竣工式(県知事来校)
1989 平成元    
1990 平成2 3月1日 第1期卒業式
1991 平成3   梅田 晃弘
(2代)
 
1992 平成4    
1993 平成5   真明 宏文
(3代)
 
1994 平成6    
1995 平成7   石橋 正夫
(4代)
 
1996 平成8    
1997 平成9 11月8日 創立10周年記念式典
1998 平成10   杉原 宏敦
(5代)
 
1999 平成11    
2000 平成12   坪内 邦至
(6代)
 
2001 平成13 8月24日 米国インディアナ州マディソン総合高校と姉妹校縁組締結
2002 平成14    
2003 平成15   中西 秀夫
(7代)
 
2004 平成16 7月31日
8月2,3日

8月2,3日

体育館アリーナ、照明・放送設備改修
全国高等学校総合体育大会女子バレーボール会場
全国高等学校総合体育大会女子バレーボールをインターネットによるライブ中継を行う。
2005 平成17 3月25日 野球場バックネット・テニスコート全面改修
2006 平成18   坂本 逸雄
(8代)
 
2007 平成19 10月27日 創立20周年記念式典
2008 平成20   山本 篤治
(9代)
 
2009 平成21 10月25日 第1回情報デパート
2010 平成22   折坂 隆
(10代)
 
2011 平成23    
2012 平成24    
2013 平成25    
2014 平成26 河野 義男
(11代)
 
2015 平成27  
2016 平成28
12月3日
小山 峰明
(12代)
第1回情報ITフェア
2017 平成29    

生徒数

学年 人数 学年 合計
1年 1 全科
(一括募集)
32 95 288
2 32
3 32
2年 1 マルチメディア科 28 94
2 情報処理科 33
3 情報システム科 33
3年 1 マルチメディア科 33 99
2 情報処理科 30
3 情報システム科 36

教員構成





























 





















1 1 24 1 4 3 5 1 1 2 1 2 4 1

40 11

51

時程表

時程T(月・火・木・金曜日)
内容 時間
朝読書 08:45〜08:55
朝礼 08:55〜09:00
1限 09:05〜09:55
2限 10:05〜10:55
3限 11:05〜11:55
4限 12:05〜12:55
昼食 12:55〜13:30
清掃 13:30〜13:45
5限 13:50〜14:40
6限 14:50〜15:40
終礼 15:45〜  
時程U(水曜日)
内容 時間
朝読書 08:45〜08:55
朝礼 08:55〜09:00
1限 09:05〜09:55
2限 10:05〜10:55
3限 11:05〜11:55
4限 12:05〜12:55
昼食 12:55〜13:30
清掃 13:30〜13:45
5限 13:50〜14:40
6限 14:50〜15:40
7限 15:50〜16:40
終礼 16:45〜  
〒692-8500 安来市能義町310
TEL:0854-23-2700   FAX:0854-22-2933   進路:0854-23-2854
E-mail:
jyohokagakukoko*at*pref.shimane.lg.jp (代表)
このページに掲載されている文章・写真等の著作権は、本校に帰属します。
また、無断掲載を禁じます。


 


 

Valid HTML 4.01 Transitional

正当なCSSです!

これらのマークはWebページを作るにあたって、 高度な相互運用性に対する配慮を 行った事を示すものです。