商業科

学びの特色

商業に関する総合的な知識と技術を学びます。
2年次から興味・関心のある科目を選択し、商業の学習分野を深めます。

1年次 ビジネス基礎・情報処理・簿記など商業科目の基礎的・基本的な知識と技術を身につけます。
簿記実務検定2級、ビジネス文書実務検定2級、情報処理検定(ビジネス情報)2級の資格取得を目指します。
2年次 自分の興味・関心に応じてマーケティング分野・会計分野などの商業科目を選択します。
選択した商業科目を学習し、商業経済検定1級、簿記実務検定1級などの上級資格取得を目指します。
3年次 学んだ知識や技術の総まとめとして、総合実践(経理事務の実践)と課題研究を学習します。
自分の適性や進路に合わせて商業・家庭・芸術などの専門科目を選択します。

カリキュラム

平成28年度入学生 28nens.pdf

平成29年度入学生 29nens.pdf

平成30年度入学生 30nens.pdf




関連する記事

 

 

情報処理科では国家資格(経済産業省)である情報処理技術者試験に全員挑戦しています。その合格を目指して,3月13~15日に2年情報処理科全員で集中合宿を実施しました。

合宿の講義には大阪IT会計専門学校から講師の先生にお越しいただき,丁寧で分かりやすい講義を実施していただきました。現代に必要な情報セキュリティや,コンピュータシステム等についての難解な知識を身に着けることができました。

info_1903150001.jpg info_1903150002.jpg

info_1903150003.jpg info_1903150004.jpg

学習の合間には,クラスレクリエーションや,焼肉パーティーをしたり,3年間一緒に学ぶメンバーと生活を共にして結束を深めることができました。来月から最高学年を迎えますが,情報処理科の最上級生としてこれからも頑張ります!

info_1903150005.jpg info_1903150006.jpg

info_1903150007.jpg info_1903150008.jpg

 
 
 

2月23日に行われたコンテストにおいて、情報処理科3年生のチーム(佐名木さん・磯田さん・山口さん)の提案したビジネスプランCLATCH(クラッチ)が最優秀賞に選ばれました。高校生が最優秀賞に選ばれるのは8年ぶり、島根大学、松江高専など上級学校の学生を抑えて受賞しました。

20190228_160730.jpg

 
 
 

情報処理科では入学直後からRuby言語を中心にプログラミングの学習をして,システム開発の技術を身に着けます。

3年生はIT企業の方々にご協力いただいて,実際にシステム開発の演習を実施します。その成果発表会を実施しました。
最初に,開発したシステムについてのプレゼンテーションを実施しました。情報処理科1・2年生は先輩の発表に耳を傾け,今後の学習への意欲を高めていきました。

info_1902200001.jpg info_1902200002.jpg

info_1902200003.jpg info_1902200004.jpg

プレゼンテーションの後は実際に作成されたシステムの体験会を実施しました。校内だけではなく,地元IT企業の方々や島根県の関係者の皆さまにも体験いただき,3年生はアドバイスや激励を受けていました。

info_1902200005.jpg info_1902200006.jpg

info_1902200007.jpg info_1902200008.jpg

もうすぐ3年生は卒業式を迎えますが,この知識を活かして良い未来を築き上げてほしいと思います。

 
 
 

3年生の課題研究の集大成として課題研究発表会がありました。各グループが1年間かけて取り組んだ研究成果についてプレゼンテーションを行いました。

P1160243.JPG

 
 
 

課題研究(商業計算)の授業では、「そろばん×リハビリ」というテーマで、島根リハビリテーション学院の元廣先生に出前授業をしていただきました。

そろばんは計算用具である、という固定観念にとらわれず、新たな視点でそろばんを考えるという、ワークショップを織り交ぜた授業を展開していただきました。

今日聞いたお話や体験したことをもとに、それぞれに課題研究の内容をさらに深めていきたいと思います。

0812.jpg

 
 
 

12月1日、2日と出商デパートを無事開催することができました。

生徒達も販売を通して新たな学びがあったと思います。

お買い物をしていただいたお客様、ご協力していただいた企業様、地域の皆様、そして、ご支援していただいた保護者、卒業生会の皆様、大変ありがとうございました。

2018出商デパート写真.jpg

 
 
 

雲州そろばん伝統産業館にて提案発表を行いました。

10月4日、18日の訪問に続いて3回目となります。

今回は奥出雲町の10名の評価ゲストの方にも参加いただき、4グループの提案それぞれにアドバイスをいただきました。

いろいろな方と関わることができ、大変貴重な経験をさせていただきました。それぞれの提案の改善点も指摘していただきましたので、学校に持ち帰り、1月の課題研究発表までにさらに提案内容を深めていきます。

コーディネートしてくださった、雲州そろばん協業組合様・NPO法人ただも様、本当にありがとうございました。

purezen.jpg

 
 
 

10月18日(木)に課題研究(商業計算班)で、「古民家オフィスみらいと」に行ってきました。

10月4日の訪問に続いて2回目となります。

今回は雲州そろばん協業組合の梅木様、NPO法人ただもの平井様にコーディネートいただき、地元の方々4名と一緒に授業を行いました。

グループの研究テーマに基づいて、地元の方々と意見交換を行いました。古民家をリノベーションしたすてきな空間の中で、様々なお話をしたり、アドバイスをいただいたりしました。

普段の学校の授業ではなかなか経験できない、貴重な時間を過ごすことができました。

次回は11月8日(木)に奥出雲町に伺い、研究発表を行います。

DSC_0744.JPG

 
 
 

課題研究(商業計算班)で、雲州そろばん協業組合(そろばんと工房の館)に行ってきました。

昨年度から課題研究の授業に協力していただいています。

今年度も14名の生徒が、そろばんができるところを見学させてもらったり、ご担当の梅木様およびNPO法人ただもの平井様にお話をしていただいたりしました。

また、昨年度の生徒が考案した、そろばんと地域の活性化のためのロゴマークが実際に使用されることになりました。現在は雲州そろばん協業組合様で、エコバッグ・シールとなり販売促進活動で使われています。

今年度はあと2回訪問する予定です。次回は地元の方々にお話を伺う予定です。

43090012_345625912678815_4974114145050820608_n.png

 
 
 

高砂醤油(平田)さんとの企画第3段として(有)ノード(松江市)に来ていただき、デザインについての考え方や、商品アピールの仕方を講義していただきました。今回学んだことを元に、商品デザインについて考えていきたいと思います。

20180524_130252up.jpg