新着情報 : マーケティング

 本日は昨日、行った特別授業のまとめをしました。情報処理科は、企業見学のレポートをプレゼンテーションしました。商業科のマーケティングコースは市内商店街にヒアリングに出掛け、見つけ出した課題について発表会を実施しました。

DSC_0113.jpgDSC_0007.jpg

 
 
 

 例年3月に2年情報処理科は宿泊研修を実施していましたが、今年は新型コロナウィルス感染症対策のため中止としました。そこで、2年生は、商業科・情報処理科ともに特別授業を行いました。情報処理科は午前中、2グループに分かれ企業見学をして午後はその様子をまとめるワーク・ショップをしました。
 商業科は3つのコース別に活動しました。マーケティングコースは市内各商店街にヒアリングに出掛けました。ビジネス経済コースは午前中、出雲保健所の方に新しい食品表示制度について教えて頂き、午後から現地調査に出掛けました。会計コースは今回も大阪の専門学校から講師の先生にお越し頂き、会計の講義を実施して頂きました。

DSC_0001.jpgDSC_0021.jpg

 
 
 

 このたび、PRプロデューサー米田孝優氏(ワイズカンパニー)をお招きし、10月8日、15日、26日の3回にわたってマーケティング講演会を開催し、ご講演いただきました。
 講演内容は、「マーケティングを勉強して将来役に立つのか」、「教科書のようなことを本当に社会人は行っているのか」など生徒の素朴な疑問に対して回答していく形式で行いました。米田氏が今までに手掛けていらっしゃった仕事の一部であるテレビCM作成の裏話などを交えながら、身近な出来事から有名人の方々との仕事を、時にはユーモラスに時には鋭い視点でお話をしていただきました。その講演の中で「マーケティングとは、人のことを知ること、つまり人々が何を求めているのかを知ることが、何よりも相手の気持ちを理解した行動につながり、"人生に役立つ"ということに結びつくことになります。」とおっしゃいました。そして、その意味は、「今、このような考え方を早くから学べる環境にある商業高校の生徒の皆さんは、人生の勝ち組に一歩近づいていると私は考えています。」というお言葉から激励の言葉として受け取ることができました。 
 この3回の講演を通して、今後の日常生活や学習へのモチベーションが高まるアドバイスを数多くいただきました。

米田さん講演会1.PNG