新着情報 : 情報処理科

情報処理科ではより高度な学習を進めていくために,コンピュータの構造・ネットワーク技術・セキュリティ対策などの知識を深めるための合宿を実施しています。今年は3月14日から3日間実施しており,今日で2日目を終えました。

今年度も大阪IT会計専門学校から講師の先生にお越しいただき,丁寧で分かりやすい講義を実施していただいています。この知識を定着させて3年生1学期には国家試験にチャレンジします。全員合格できるように頑張ります!

info_180315001.jpg info_180315002.jpg

info_180315003.jpg info_180315004.jpg

 
 
 

情報処理科では出雲市内のIT企業3社の協力により,即戦力となるIT人材育成に取り組んでいますが,その成果発表会を14日に実施しました。
情報処理科3年生6グループの作成したシステムの概要,完成までの苦労話や反省点などをそれぞれが発表しました。

info_180214003.jpg info_180214008.jpg

info_180214001.jpg info_180214002.jpg

またそれぞれの発表・成果物に対して企業の皆様から講評をいただき,最後に島根県情報産業振興室長の河野様から激励の言葉をいただきました。
発表をした生徒の多くは市内のIT企業へ就職や,上級学校へ進学して更に高度な学びを進めることになります。発表を聴講した1・2年生も学ぶことの重要性を先輩から受け継いで次年度への学習意欲を高めることのできる時間となりました。

info_180214007.jpg info_180214006.jpg

info_180214005.jpg info_180214004.jpg

 
 
 

本校では出商デパートをはじめとする実学に力を入れるとともに,多数の資格取得を勧めています。
今年度の3年生は経済産業省ITパスポート試験に16名,全国商業高等学校協会主催検定3種目以上に28名合格するなど努力の跡が見られました。

2月5日には,上記の検定をはじめとする職業資格取得に努力をした生徒への表彰が行われ,本校からは3年情報処理科の鬼村真実さんが代表として出席しました。鬼村さんは経済産業省基本情報技術者,日商簿記検定2級,全商検定6種目を取得するなどの努力を積み重ね,本日教育長より表彰と激励の言葉をいただきました。

1・2年生も高度資格取得のために学習を頑張っています。この伝統が引き継がれるよう出商全員頑張ります!

info_180205001.jpg info_180205002.jpg

info_180205003.jpg

 
 
 

情報処理科では,プログラミング言語Rubyを使ったシステム開発の一環でスモウルビー甲子園予選大会への応募を実施しました。

予選大会の結果,2名が決勝大会への出場決定が決定しました。
出商からは初出場で初の決勝大会でたいへん嬉しい知らせでした。
決勝大会は3月24日(土)に実施されます。優勝目指して頑張ります!

関連ページ:https://smalruby-koshien.jp/

info_1801300001.jpg info_1801300002.jpg

info_1801300003.jpg

 
 
 

情報処理科では3年次に学習の総まとめとしてシステム開発演習に取り組んでいます。
Ruby・VBA等のプログラミング技術を使って各自で設計を行い,グループで開発を進めていますが,いよいよ完成の時が近づいてきました。

info_1801220002.jpg info_1801220001.jpg

Ruby on RailsというWeb系フレームワークを用いた開発グループはIT人材育成事業の一環として株式会社プロビズモ様,株式会社島根情報処理センター様,株式会社日本ハイソフト様の協力を頂きながら,より高度なシステム開発を進めています。

完成後は関係者や情報処理科の後輩向けにプレゼンテーションを行う予定です。Web上でも披露を考えています,ご期待ください!

info_1801220004.jpg

info_1801220003.jpg

 
 
 

9月から実施してきたヒューマノイドロボット「NAO」の特別講義が最終回を迎えました。
この授業を終えるとNAOは東京へ帰ってしまうため,研究のまとめ発表を行い,将来の可能性について企業の方々から講義をいただきました。

info_1712130001.jpg info_1712130002.jpg

info_1712130003.jpg info_1712130004.jpg

NAOを通じて情報の最先端について学び,未来の可能性を考えることができた3か月間でした。
今後も情報処理科では生きた技術を学びながら,進路実現を果たしていけるよう頑張ります。

info_1712130005.jpg

 
 
 

9月から実施している特別授業であるヒューマノイドロボット「NAO」プログラミング実習も大詰めを迎えました。
12月2・3日の出商デパートでの披露に向けて情報処理科生徒みんなで一生懸命動きをプログラミングしました。

info_1711220002.jpg info_1711220001.jpg

プログラムを組んで実際に動くかテスト...この作業を繰り返し続け,ついに完成して披露する時がきました!

info_1711220003.jpg info_1711220004.jpg

12月2・3日の出商デパートでは,メインフロアの一角でNAOロボットの披露をしました。
多くの子どもたちがNAOと楽しく遊んでくれました。大人気で少しNAOも疲れてしまったようです・・・。

info_1712030002.jpg info_1712030003.jpg

限られた時間でしたが,最新のAIロボットを体験していただきありがとうございました。

info_1712030001.jpg

 
 
 

情報処理科ではAI社会への対応の一環として,12月までロボットプログラミングの特別授業を行います。 日本サード・パーティ株式会社から深田様,株式会社プロビズモから竹下様にお越しいただき,ヒューマノイドロボット「NAO」の説明と初回講義をしていただきました。

info_1709200001.jpg info_1709200002.jpg

身長約60cmと小柄でかわいい顔をしていますが,激しい恋ダンスを踊ったり,人の性別や年齢も言い当ててしまう万能ロボットです。 これから3か月かけて様々なプログラミングを行い,出商デパートで姿を披露する計画です。ご期待ください!

 
 
 

情報処理科では島根県産プログラミング言語「Ruby」を幅広く学んでいます。
今回は、プログラミング入門者に最適なスモウルビーを深く学ぶために、チーム出雲オープンビジネス協議会・株式会社日本ハイソフト様の協力で特別講習会を実施しました。

info_1707130001.jpg info_1707130002.jpg

プログラミング環境の構築(インターネットで無料でダウンロード・構築できます)方法や、基本的な操作方法、発想を形にするために必要なスキルを一通り学び、あっという間に1人で自由自在にプログラミングができるようになりました。

この経験を通じて、夏に開催される小中学生Ruby教室の講師ボランティアや、スモウルビー甲子園等にチャレンジしていきたいと思います。
出商情報処理科はプログラミングを通じて柔軟な発想を形にする方法を学び社会に貢献できる人材育成をしていきます!

info_1707130004.jpg info_1707130003.jpg

 
 
 

情報処理科の国家試験対策合宿は2日目を迎えました。

昨日は日中の講義と,学習習慣を身に着けるための夜学習を行い,高度な内容について理解を深めることができました。

2日目はインターネット・ネットワークの仕組みを学びました。 また大きな体育館でクラスレクレーションを実施したり,様々な場面でクラスの結束を深めている合宿となっています。

明日は最終日,最後まで頑張ります!

info170306_03.jpg info170306_02.jpg
今日も講師の先生に
お世話になっています
難しいテーマに
一生懸命チャレンジ中です

info170306_04.jpg info170306_05.jpg
ご飯をたっぷり盛りつける
科目担当者
たっぷりご飯を喜んで
食べ続ける男子たち

info170306_06.jpg info170306_07.jpg
レクレーションは
男女対抗ドッジボール
※女子圧勝
明日も全員で頑張ります
 
 
 

2年情報処理科では国家試験である情報処理技術者試験への挑戦のために,島根青少年の家(サンレイク)で集中講座と合宿を実施しています。

大阪IT会計専門学校から2人の先生方を迎え,本校教員と合わせて6人体制で合格を支援していきます。

今日は夕方まで講義のあと,夜の自主学習までクラス全員頑張ります!

info170305_01.jpg

素敵な雛人形と素敵な男子がお出迎え

info170305_02.jpg

グループ学習に取り組んでいます