新着情報

イシクラゲとは原核生物の仲間で、1つ1つはすごく小さな細胞なんですが、それらがかたまりとなって、見た目は「わかめ」みたくなり校庭の隅などに生育しています。

普通の顕微鏡では細胞まで見えませんが、今日使った顕微鏡では1,000倍にして細胞を観察しました。

イシクラゲ1.jpg

みんなで校庭に出て、イシクラゲをゲット!たくさんあります。

イシクラゲ2.jpg

実験室に持ち帰り、高倍率顕微鏡で観察。映像が撮れなくて残念ですが、数珠みたいにつながったイシクラゲの細胞が見えました。

ちなみに、イシクラゲは食べることもできます。5分以上湯がいて、三杯酢やポン酢につけて召し上がってください。

 
 
 

 

「学校生活」と同じカテゴリの記事