新着情報

春季中国地区高等学校野球大会が6月4日(土)から6日(月)どらやきドラマチックパーク米子市民球場で、開催県の鳥取は上位4校、他の4県は優勝校の8校で開催され、熱戦を繰り広げました。島根代表の開星高校はベスト4という結果でした。その週末の6月10日(金)から12日(日)まで、山陰高等学校野球大会が、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク野球場で鳥取、島根上位3校、計6校で開催されました。島根からは、開星高校、大東高校、益田東高校が出場し、決勝は大東高校と益田東高校の島根対決となり、益田東高校が20年振りに栄冠を手にしました。鳥取県の皆様には、二週にわたり大変お世話になりました。大会を支えてくれた鳥取の高校生の皆さんの明るくキビキビとした対応で気持ちのいい大会でした。いよいよ夏甲子園島根大会の抽選が明日18日(土)に行われます。本校の初戦の相手が気になるところですが、どこと対戦しても思いっきり出商野球を展開し、栄冠を勝ち取って欲しいと思います。皆様ご声援ください。

chugokutaikais.jpg 

 
 
 

 

「校長メッセージ」と同じカテゴリの記事