お知らせ

本日の体育祭ですが、小雨のため、開始時刻を遅らせて午前10時30分より実施する予定です。足元が悪い中ですが、たくさんのご声援をよろしくお願いします。

 4月21日(土)18:25ごろから(18:00からの「週刊おおなんニュース」後)、石見養護学校のドキュメンタリー番組(約30分)の放送が始まる予定です(約2週間)。

 昨年度の高等部3年生、山本学さんの現場実習から卒業・就職までのドキュメンタリーを軸に、本校の学習活動がとてもわかりやすくまとめてあります。邑南ケーブルテレビが視聴できる方は、ぜひご覧ください。

30cabletv.jpg

 昨年度、町会議員の辰田さんから依頼があり、高等部3年1組が作成した木製ベンチが、邑智病院前の「絆ロード」に設置されました。絆ロードの憩いの場として活用していただければと思います。

30roadbench.jpg

 3月9日に卒業式が行われました。今年度は小学部1名、中学部3名、高等部10名の卒業生が巣立っていきました。

 小学部・中学部・高等部の在校生が見守る中、緊張した表情で入場してきた卒業生でしたが、式の最中、思いが募り涙を流す場面も見られました。最後には誇らしい表情で式を終えることができ、卒業生たちは様々な思いを胸に学び舎をあとにしました。

29sotsugyo.jpg

 2月10日(土)に第28回販売・作品展「かがやきIWAMI」が、あいタウンアベルで行われました。中学部、高等部の作業学習で生徒が心を込めて製作した製品販売、全校の美術作品の展示も行いました。大雪という天候にもかかわらず、たくさんのお客さんに足を運んでいただき、今年もとても盛り上がりました。
 当日は朝からケーブルテレビの密着取材も入り、みんな気合が入っていました。事前に接客やレジの練習を重ねた成果が表れ、お客さんに元気で明るい接客をほめていただきました。
 地元の方々に本校の活動をより知っていただき、愛される「かがやきIWAMI」になっていくよう来年度に向け頑張ります。

29kagayakiiwami.jpg

 1月27日に、元気館において「おおなんドリーム学びの集い」が開催されました。本校からは昨年に引き続き高等部2年生のユースフィンランドフェスの取り組みと、新たに1年1組と2組それぞれが「食」に関する取り組みを発表しました。
 2年生は元気館の一室をお借りして、フィンランドや視覚障がいに関することを調べて掲示したり、実際にゴールボールや点字を体験できるコーナーを設けたりして、会場は大きな賑わいを見せていました。
 1年1組は邑南町の伝統料理を広めることを目的にし、角寿司を取り上げました。食の学校に出向き、作り方を教わり、それを地域の保育所や若い世代のお父さんお母さんに伝える活動を発表しました。今後も、角寿司以外の食を伝えていく予定です。2組は米粉を使ったクッキーを試行錯誤して開発し、そのレシピを会場のみなさんに配布しました。邑南町産のミルクジャムを使ったクッキーなど数種類考えました。
邑南町を盛り上げるために今後の展開も楽しみにしていてください!

29oonandream.jpg

 10月19日(木)~20日(金)江津少年自然の家で宿泊学習を行いました。台風接近の中でしたが、何とか天候にも恵まれ、様々な活動に取り組むことができました。1日目は、冒険の森で汗を流し、夜ご飯は「田舎鍋」を自分たちで作って食べました。少し肌寒くなってきたこの季節にぴったりの料理で心も体も温まりました。夜には、子ども達がハロウィンの仮装をして、肝試し大会も行いました。2日目は、浅利富士登山に挑戦し、頂上で記念写真を撮りました!晴れた青空がとてもきれいでした。6月に行った校内宿泊学習の時と比べ、3人とも「たくましさ」が感じられた宿泊学習となりました。

1019shukuhaku.jpg

 9月29日に、今年度で2年目となる稲刈りをしました。今年度も地域の宮本さんの田んぼをお借りし、5月に田植えをした苗が順調に成長し、たくさんの稲穂を実らせていました。

 宮本さんのほか、元PTAの新田さんも手伝いに来ていただき、時々アドバイスをいただきながら、みんなでにぎやかに稲を刈りました。前日に雨が降ったので少々田んぼがぬかるんでいましたが、去年刈った稲で作った藁で刈り取った稲を結び、はで干しまで体験させていただきました。さわやかな秋空の下、地域の方と一緒に汗をかき、収穫の喜びを共有できたひと時となりました。

inekari.jpg

 中学部では、学部生活単元という学習の時間に年間を通して「誕生会をしよう」という学習をしています。一人一人の生徒にとって大切な誕生日を祝う活動の中で、自分は大切な存在だと感じたり、同じように友達も大切だと感じたりできるように、誕生会の内容を工夫しながら学習をすすめています。活動の中で、自分のやりたいことを伝えたり、友達と話し合ったり、協力して準備したりすることを通して中学部全体としての絆が深まることを期待しています。

tanjokai.jpg