お知らせ

 毎年、米作りをさせていただいている宮本さんの田んぼで、今年度も田植えを実施しました。慣れない田んぼに足を取られながらも、一人3列ずつ丁寧に「ひめのもち」という餅米の苗を植えていきました。
 昨年度よりも小中学部の児童生徒数が少なくなったので、田植えをするエリアを縮小していました。しかし、今年度で4年目となる田植え。すぐに田植えの感覚を思い出して、予定していた範囲をオーバーするほど、慣れた手つきで次々に苗を植えていきました。秋には、稲刈りをする予定にしています。

R1taue.jpg

 第29回石見養護学校販売・作品展「かがやきIWAMI」の開催が、2月9日(土)に迫ってきました。小中学部の作品展示・作業製品販売及び高等部各作業班の作業製品の販売をします。児童生徒が一生懸命に作った作品や製品を手にとってご覧ください。皆様のご来場、お待ちしています。

30kagayaki-1.jpg30kagayaki-2.jpg

12月18日、自分たちで田植え・稲刈りをして収穫した餅米を使って、もちつき会をしました。例年、田植えからお世話になっている宮本さんをはじめ、地域の方3人にお手伝いに来ていただき、にぎやかにお餅をつきました。井原公民館から臼と杵を貸していただいたおかげで、全員が一人ずつ臼と杵でお餅をつくという体験ができました。
 お餅のトッピングとして、これまた自分たちが地域の方に指導してもらって栽培した小豆・大豆を使って、きな粉とあんを作りました。お餅からトッピングまで、すべて自分たちが一から育てた素材を使って作ったお餅の味は、格別でした。

30mochitsuki.jpg

 11月22日(木)高等部窯業班6名で、邑南町内の養護老人ホーム香梅苑に行きました。最初に作業学習で自分たちが日頃何をしているのかを知ってもらうために、パワーポイントを使って説明しました。みんな緊張しながらも、真剣に聞いてくださる皆さんに助けられながら、発表することができました。次に、機械ろくろで作った小鉢の絵付けを利用者のかたにしてもらいました。呉須(絵付けの絵の具のようなもの)や、筆の準備をしたり、どんな絵をかいたらいいか困っておられる方の所に行ってこれまで描いたことがある絵を紹介したり、話を聞いたりして交流をしました。

301122.jpg

 平成30年10月13日(土)~10月15日(月)の3日間、福井県で開催された「全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会2018」に本校高等部1年生 土居太陽さん が出場しました。
 結果は、100㍍ではメダルにはとどかなかったものの自己新記録、ジャベリックスローでは、銀メダルを獲得する活躍でした。4×100㍍Rは、メダルにはとどきませんでしたが、「いい走りができました。」とレース後に振り返っていました。
 島根県選手団や他県の選手、ボランティアの方々との交流もでき、とてもいい経験ができました。
 応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

(顧問より)
 大会を通して、土居さんは全国のレベルの高さを肌で感じ、これからの陸上競技に対する思いを強くする貴重な経験ができたと思います。今後、この経験を本校の陸上部員に伝えることが彼の使命であると思います。石見養護学校陸上部を引っ張っていく存在になってほしいと願っています。

30kekka.jpg※表彰式(右)と島根県選手団の同種目(ジャベリックスロー)のメダリストたち(左、中央が土居さん)

 平成30年10月13日(土)~10月15日(月)の3日間、福井県で開催される「全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会2018」に本校高等部1年生 土居太陽さん が出場します。
 出場種目は、・100㍍ ・ジャベリックスロー ・100㍍×4 の3種目です。「どの種目も自己ベストを出したい。」と意気込んでいます。
 先日、邑南町長様、川本町長様へ大会出場の表敬訪問に伺いました。両町長様の前で全国大会での活躍を宣言し、応援の言葉をいただきました。

30shutsujo.jpg

 10月2日(火)今年で3年目となる稲刈りを行いました。
 田んぼを使わせていただいている地域の宮本武さんから指導を受けながら、慣れない鎌を一生懸命使って、たくさんの餅米が実った稲穂を次々に刈っていきました。台風の合間をぬって行ったこともあり、田んぼのぬかるみに足を取られて全身泥まみれになる子どもが続出しました。それでも、みんな笑顔で、バケツリレーで稲を「はでぎ」まで運んで、干すことができました。
 12月には、できた餅米を使って収穫祭を行う予定です。どんなお餅ができるか...今から楽しみです。

30inekari.jpg

 9月11日(火)石見自動車学校で交通安全・防犯教室を行いました。

 川本警察、井原駐在所から5名の警察の方に来ていただき、前半は、交通安全について、クイズ形式で交通ルールを確認しました。後半は、不審者に車に乗るように声をかけられたらどうするか、警察の方に不審者役をしていただき、ロールプレイをして対応方法を学習しました。相手の服の柄や車のナンバーなど、特徴を覚えて大人に伝える体験もしました。
 その後、自動車学校のコースに出て、歩行チームと自転車チームに分かれて、実践的な研修をしました。

 ご協力いただいた川本警察署、井原駐在所の皆様、この教室のために教習場を空けていただいた石見自動車学校の皆様、大変ありがとうございました。

30anzen.jpg