「小さな親切」実行章受章式


 平成28年10月3日(月)16時〜 校長室
 1年河野楓千さん、松本雄太さんに公益社団法人「小さな親切」運動山陰本部から、実行章が贈呈されました。
 2人は7月に浜田駅構内で困った様子の高齢者を見かけ、2人で声をかけました。高齢者はATMに財布を忘れたと思い、探したが見つからず、困っておられました。その話を聞き、1人は駅前の交番に行き事情を説明し、もう1人は高齢者の方の側で一緒に待っていました。その後警察の方が探され、財布は無事見つかりました。2人が声をかけ、すぐに行動した善行に、浜田署の方から推薦をしていただき、第635回実行章受章になりました。この「小さな親切」運動は、1963年に発足し「できる親切はみんなでしよう
それが社会の習慣となるように」をスローガンに活動されている団体です。
2人の親切に心から拍手を送りたいと思います。
     

  「脚下照顧」のページにも記載