防災避難訓練

平成24年10月22日(月)

目 的  @地震の発生直後に適切な危険回避行動をとり、その後安全・迅速に避難する。
      A地震災害に備え、日常生活に即した防災知識を身に付ける。
日 時  平成24年10月22日(月)12:00〜12:50 (4校時)
内 容  地震が発生したとの想定で行う  避難場所 蒼陵会館前駐車場(会館側に本部設置)

 

 

 






平成23年10月6日(木)11:20〜12:20 中間試験最終日(2校時終了後) 2学期 防災避難訓練を実施しました。
 目 的  @地震の発生直後に適切な危険回避行動をとり、その後安全・迅速に避難する。
       A地震災害に備え、日常生活に即した防災知識を身に付ける。

 内 容  地震が発生したとの想定

       教頭先生の話
        ・日本での津波の到達した最大の高さは明治29年におきた三陸沖地震で38.2メートルを記録しています。
        ・本校の昇降口は海抜32メートルです。したがってこのたびの避難場所を高台のプール跡地にしました。
        ・大切なことは、自分の命は自分で守るということ。そして、助けられる人から助ける人になることを意識してください。

      消防署の方からお話
        ・災害は生きるための抜き打ち試験のようなものです。
        ・早く情報を得ること、早く判断すること、早く行動することが大切です。
        ・けが人の手当や搬送方法について実技で学びました。     下の写真が訓練のようすです。

    

     
    


平成23年6月29日 1学期 防災避難訓練を実施しました。
 無言・敏速に行動することを目標に避難訓練を行いました。
 教頭先生より講評をいただき、「自分の身は自分で守る事の大切さ」を教えられました。
 浜田消防署より2名の方に話をしていただきました「大きな災害になるほど情報は入りにくい。正しい情報を得ることが大切。そして自分の身を守りその後、家族やお年寄りを守ったり助けたりするリーダーになってほしい。」と切実に話されました。
 避難訓練は良い評価をいただきました。