浜田商業高校のホームページにようこそお越しくださいました。


 ☆中学生の皆さんへ

 
高校卒業後、就職を考えている中学生の皆さん、ぜひ浜田商業高校に来てください。簿記や会計、情報処理の勉強をしましょう。浜田商業高校では初めて商業系の科目を学ぶ皆さんに懇切丁寧な指導をします。これらの勉強は、高校1年から全員が同じスタートラインに立って始めるのですから、新たな気持ちで取り組むことができます。そして勉強の成果は、各種検定試験を受験して、資格取得という具体的な形で確認することが可能です。昨年度は開校以来初めて、全ての検定試験(8種類)で1級を取得した人が出ました。浜田商業高校ではこのような専門科目の勉強が1/3、国語や英語といった普通科目の勉強が2/3です。この両者がバランスよく配置されて、日々の勉強を楽しいものにしています。

 また、浜田商業高校では卒業生が社会に出て活躍するために、ビジネスマナーの習得に力を入れています。挨拶や礼儀作法といった基本的な事から、実際の商取引の場面でのマナーまで、授業を始め学校生活の様々な場面で、一人ひとりの生徒の身に付くように取り組んでいます。その甲斐あって、就職した卒業生は県内外の企業で高い評価を受けています。

 次に、中学生の皆さんは、「商業高校=就職」というイメージが強いでしょうが、浜田商業高校の卒業生の約50%が進学です。日本全体でも、商業高校の卒業生の半数以上が進学しています。浜田商業高校の卒業生の進学先を見てみると、大学では経済・経営・商といった従来からある学部の他、総合政策・人間科学・福祉健康といった割と最近になって設置された学部にも進学しています。短大では保育・食物栄養・生活といった生活科学系の他、英米語・臨床検査などの学科にも進学しています。専門学校進学者は、簿記・会計といった商業系、看護・リハビリテーション・介護といった医療系の他、ファッション系・理容美容系・調理製菓系など多様な学校に進学しています。

 多くの進学者は「浜田商業高校の推薦があれば、小論文や面接で判断して入学を許可する」という制度を活用しています。この推薦制度を利用するには、高校3年間の成績が一定の基準を満たさなければなりませんが、多くの卒業生が校訓にも謳ってある学業と部活動の両立を果たして進学しています。高校3年間、思い切り部活動や生徒会活動などに打ち込んで、上級学校進学を目指してみませんか。

 最後に、浜田商業高校は学校を休む生徒が非常に少ない学校です。昨年度の年間を通しての出席率は、風邪の流行などがあったにもかかわらず、99%でした。欠席者が少ないということは、勉強、部活動、交友関係などに楽しさを見いだし、充実した高校生活を送っている生徒が多いことの現れだと思います。中学生の皆さん、ぜひ浜田商業高校の良さを体験してみてください。今年度は夏休み中に、1日体験入学、10月にオープンスクールを計画しています。ご来校をお待ちしています。