きゃっかしょうこ

 

平成29年度 ご挨拶
 平成29年度の始まりに際し、挨拶申し上げます。浜田商業高校の校長として2年目を迎えます。今年度は新たな取り組みとして、今まで校内に点在していた職員室を1つにまとめ、学年部単位の組織にしました。これは、多様な生徒へ全職員で対応していくことと、情報共有のしやすさという視点で変更しました。また、今年度のテーマを「魅来を彩る浜商人 〜楽しく学び、人生を豊かに生きよう〜」とし、変わり続ける社会で、生徒が変わらずに必要とされ、生き生きと活動し続けていくために、未来を自分自身が設計し、その実現に向けた行動を高校生の時から起こしてほしいという願いから決めました。
生徒がたくましく育ってくれることと、地域に必要とされる学校になれるよう全教職員で学校を作っていこうと思いますので、よろしくお願いします。
 
校長より

 私が4月に赴任してきたころは、桜が満開でしたが、1か月も過ぎると、周辺の若葉も燃えるような緑一色となり、勢いのある生命観を感じさせられる毎日です。
4月9日、80名の新入生を迎え3学年揃い、浜田商業高校の平成28年度が始まりました。生徒たちはそれぞれの目標に向かい頑張っている姿は、この季節の植物と同じで勢いを感じます。
さて、初めて浜田での勤務となる私ですが、浜田に来て1か月、今私は浜商「愛」に感動しています。毎日熱田の陸橋付近で交通安全の立ち番をしておられる方、学校周辺在住の方、浜田市内の商店街の方などいろいろな方に出会いましたが、皆さん一同に浜田商業高校について熱く語っていただき浜商「愛」をすごく感じました。前任の出雲商業高校でも応援してくれる地域の方がたくさんおられ、すごく心強くそしてこの学校を盛り上げていきたいと感じていましたが、この浜田商業高校でも同じ感動が味わえ、浜田商業高校に赴任したことへの感謝と喜びに満たされ、より一層「地域の学校」として学校運営をしていきたいと思いました。
 最後に、このページの題名を「脚下照顧」は、私の母校の合宿所の入り口に掲げてあった看板で、「自分の足元をよく見る。自分自身をよく反省すべき」等の意味があります。自分自身を見つめながら、学校内外いろいろな方の支援を受け、焦らず自分らしく振舞っていきたいという思いで題名をつけましたので、ご意見・ご感想をお聞かせください。よろしくお願いします。


2017/07/13 夏休みカウントダウン

 この度の県西部地区を襲った豪雨によって被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます
また、九州北部における豪雨により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

1学期の期末テストも終わり、夏休みまでカウントダウンの時期となりました。学校は
休み明けにある学園祭の準備や浜商デパートの会議等の予定が入っています。生徒も先生
も忙しい毎日です。特に3年生は、自分の進路活動もしなくてはならず、3年間で一番活

動的な時期ではないかと思います。長いようで短い夏休みを有効に活用し、学園祭、デパ

ートそして自分の進路実現に向け、充実したものにして欲しいです。

○夏休みまでの活動紹介
 ・保育実習:2年生が保育実習に長浜幼稚園に出かけていきました。蒸し暑い中での実
習でしたが、普段見ることのできない表情で汗を流しながら、園児と遊んでいました。

 ・浜商生によるビジネスマナー講座:浜田第三中学校から職場体験実習に行く3年生に

ビジネスマナー講座を実施しました。三中の卒業生を中心として「礼」の基本動作から立
ち居振る舞いなど本校生徒が学んできたことを実践も交えながら指導していました。

 ・プログラミング教室:情報処理科3年生が、長浜小学校に出向き、パソコンクラブの

お手伝いに行きました。教えられる側から教える側になり、戸惑いを感じながらも、小学
生の質問にしっかりと答えていました。長浜小学校では夏休み(7月27日、28日)に
プログラミング教室を開催する予定です。これは、プログラミング教室の事業可能性につ
いての研究の一環として生徒が自ら考えたものです。
 
 ・商品開発:地元企業とコラボしての商品開発の事業が始まりました。「もったいない

をコンセプトに高校生のアイデアで商品開発をしていきます。商品はもとより、ネーミ
ングや
パッケージ、ブランディングまで長期にわたる事業です。

これ以外にも地域とかかわり、浜商生が学んできた商業教育の視点を取入れ、地域の課
題解決に向けた活動を行っていますのでその様子をお知らせしたいと思います。

 夏季休業中に全国大会に出場する部活動を紹介します。
○郷土芸能部:全国高等学校総合文化祭 宮城大会 8/2〜 宮城・名取文化会館

IT商業研究部 
・全国高等学校珠算・電卓競技大会 団体 8/1 東京・東京武道館
 
・全国高等学校ワープロ競技大会 団体 8/5 東京・高千穂大学
 
・全国高等学校情報処理大会 個人 7/23 千葉・明海大学県大会

○野球部 全国高等学校野球選手権大会 島根大会 7/19 浜山球場

○吹奏楽部 全日本吹奏楽コンクール島根県大会 7/29 大田市民会館 

健闘を祈ります!

 

2017/06/08 平成29年度 県高校総体終わる
 県総体が終わりました。選手を激励にすべて会場に行きました。
すべての選手がはつらつとプレーを行い、輝いていました。特に3年生は最後の大会となりました。
これまでの厳しかった練習やチームメイトとの友情、そして最後の試合で満足している生徒、つらい思いをした生徒いろいろあると思いますが、いい思い出としてしっかり受け止めてください。3年生はこれからの進路について2・1年生は3年生から引き継いだ宝物をしっかりと受取り、輝かせてください。
 さて、今年の春転勤していかれました先生からいただいた「心をつなぐ、ひまわりプロジェクト」の種を5月1日に巻きました。9粒の種をまき6粒の種から芽が出て、現在すくすくと成長しています。
「心をつなぐ、ひまわりプロジェクト」とは、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市で、被災地の
皆さんが少しでも笑顔を取り戻そうとの想いから、震災翌年に「ひまわり」を植え、そのひまわりの種を各地で育て、ひまわりを通して被災地の皆さんに笑顔を届けようとするものです。
本校でもこのひまわりを通して、遠く離れた地から「被災地の皆さんのことを思っているよ」という気持ちを
伝えられたらと思います。
すくすくと育って大きな花を咲かせてくれることを願っています。                     



2017/04/08 平成29年度入学式

平成29年度 入学式 式辞
 椿が丘にの息吹が感じられる希望の季節を迎える中、晴れて島根県立浜田商業高等学校の生徒となられた74名の皆さん、そしてご参列の保護者の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、本校PTA会長工藤和幸様をはじめ多数の来賓の皆様にはご出席いただきましこと、高いところからではありますが、厚くお礼申し上げます。
 本校は、昭和40年に開校した石見地域唯一の県立商業高校であり、「未来を切り開く志を抱き、心身ともに健康で、豊かな心と高い知性を持った生徒を育てる」ことを目指し、地域の皆様や、保護者の皆様の温かいご支援とご協力に支えられ、11,752名の卒業生を送り出してきた、歴史と伝統のある学校です。
 新入生の皆さん、本日から高校生活が始まります。高校入学という節目を迎え、これを一つのチャンスとしてとらえ、大きく飛躍していただきたいと思います。そして、本校の校風を一段と高め、また、誇りと責任を感じて、新たな1ページを付け加えてほしいと思います。
さて、新入生の皆さん、今皆さんはどのような気持ちでしょう。緊張の中にも、これから始まる高校生活に期待を抱き、大きな夢と希望に満ち溢れているのではないでしょうか。
皆さんの今の、希望に満ち溢れる気持ちを、大切に持ち続けていただきたいと願っています。
 そこで皆さんに期待することを話したいと思います。それは三つの力をつけることと夢を持つことです。三つの力とは、一つ目は失敗しても粘り強く取り組む力、二つ目は疑問を持ち、考え抜く力、三つ目はいろいろな人と、目標に向かって協力する力です。
 一つ目の「失敗しても粘り強く取り組む力」とは、常にチャレンジャーであり続け、失敗してもそれを克服し再び挑戦していこうとする力です。その繰り返しで人は成長しくのだと思います。
 二つ目の「疑問を持ち、考え抜く力」とは、今が最も良い状態であると考えず、常に課題がないか考え、もしあれば計画的に解決するための過程を考えていく力です。
 三つ目の「いろいろな人と、目標に向かって協力する力」とは、困難な課題に対して他者と協働しながら、あらゆる知識を結集して解決の道筋をつけていこうとする力で、それは社会で必要となってくれるのです。
 これからの社会は、人工知能の普及やあらゆるものがインターネットと接続され、ビッグデータの活用などによって、多くの職業がロボットで代替されるなど、職業や働き方が大きく変化していくといわれています。このような変わり続ける社会で、皆さんが変わらずに必要とされ、生き生きと活動し続けていくために、ぜひこれらの力を身につけていただきたいと思います。
 本校では商業教育を中心とした授業や学校行事、生徒会活動、部活動などの場が用意してあります。みなさん一人一人がこうした力を身につけることを意識しながら学校生活を送っていただきたいと思います。
 そして、未来に向かい大きな夢を持つことが、自分の進む方向に導いてくれることでしょう。そこには大きな壁が現れるかもしれませんが、結果を焦らず、努力し続け、自分を信じ、その夢の実現を確信しながら過ごしていただきたいと思います。
最後に、高いところからではございますが、保護者の皆様にご挨拶申し上げます。本日は、お子様のご入学、誠におめでとうございます。私たち教職員一同、お子様をしっかりお預かりし、お一人おひとりが未来に目標を持ち、強い意志を持って歩んでいけるよう、全力で支えてまいります。どうか、ご家庭におかれましても、学校との連携をしっかり取っていただき、これからの高校生活が実り多いものになりますように、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。
新入生の皆さん、いよいよ高校生活が始まります。一日一日を大切にして、この浜田商業高校で学ぶ3年間がかけがいのない時間となるよう、良き友、良き先輩、良き先生と出会い、充実した高校生活を送ってほしいと心から願い、式辞とします。

平成29年4月8日
 島根県立浜田商業高等学校
  校 長  日 向 伸 之

 2017/03/24 平成28年度3学期終業式

 生徒の皆さんの登下校を毎日見守っている校門の木蓮の古木にも花が咲き始めました。ところどころ花の咲かない枝がありますが、今年もきれいな花を咲かせてくれました。白木蓮の花言葉は「気高さ」です。
さて、平成28年度が終わりました。生徒の皆さんにとってどのような1年でしたでしょうか。充実した1年間であったでしょうか。思い返してみてください。自分自身では成長を感じられないかもしれませんが、私は皆さん方の学校生活などをとおして、すごく成長していると感じているので心配しないでください。そして、次年度に向けさらなる成長のためにこの春休み過ごしていただきたいと思います。
どのように過ごしたらよいかの一つとして、「でも、だって、どうせ、わからない、できない、だめだ」というマイナスイメージの言葉を封印してください。「やってみよう、考えてみよう」等のプラスのイメージの言葉をどんどん使ってみましょう。最初はわからないかもかもしれませんが、徐々に変化が表れてくると思います。友達から、「いいことあった。嬉しそう」「積極的だね」など周りに変化を気づいてもらえると思います。そうなれば、いろいろなことがプラスに転じてくると思いますので、今日から実践してみましょう。
もう一つは、失敗を恐れず、前に踏み出す勇気を持ちましょう。失敗を恐れて挑戦しない人がいます。それでは何も始まりません。校訓にもあります「開拓者精神」の気持ちを忘れず、自分を信じて挑戦し続けてください。失敗してもかまいません。困難にぶつかったり、失敗したときその事実をしっかり受け止め、それを乗り越えることで人は大きく成長できます。いろいろなことに挑戦し、いろいろなことを経験することで、自分自身を作り上げていって欲しいと思います。
それでは2週間という短い休みになりますが、新年度の準備をしっかりとして、4月7日始業式には元気な姿で会いましょう。
最後に、今日帰るとき校門の白い花を咲かせた木蓮の木を見て帰ってください。きれいですよ




 2017/01/30 告知
 ○平成28年7月から始まりましたIT材育成事業に一環として、平成29年1月13日(金)「IT材育成事業 ビジネスアイデア発表会」を本校で行いました。IT人材育成事業の該当科の2年情報処理科40名が10班に分かれ、身近な困りごとをテーマに班でアイデアをだしあいながらビジネスにつなげていく授業を11月から4回行いました。外部講師としてラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 共同代表 堤孝志様、飯野将人様に、ワークショップ形式で授業を展開していただきました。当日発表した中の1つのアイデアに対し、具現化できないかという動きがあり、今後どうなるか楽しみなところです。

 ○平成29年2月11日(土)本校体育館で日頃の郷土芸能部の声援に感謝をこめて「椿咲く丘の舞い遊び」を開催します。入場無料です。ぜひお越しください。会場ストーブを用意しますが、寒いです。温かくしてきてください。

 ○平成29年2月12日(日)本校郷土芸能部が「新日本のうた」に出演します。放送予定は以下のとおりです。見てください。
 放送 平成29年2月12日(日)19:30〜21:00
    BSプレミアム(NHK) 
     
   

 2017/01/27 蒼陵会広島支部総会開催
  先週(1月21日(土))本校同窓会 蒼陵会広島支部総会が広島メルパルクを会場に開催さ、出席してまいりました。参加者は学校関係者含め○○名でした。今回は現支部長の三澤様がご退任となり、伊藤様が新支部長になられました。詳しくはトピックスをご覧ください。
 三澤様のご退任のあいさつの中で3つの断「判断・決断・断行」についてお話をされ、ビジネスマンにとって大切なことであると共感しました。私たちは日々選択の連続です。情報を集め正しい決断を行い行動に移すことをしなければなりません。同時に責任を負わなければなりません。以前研修で「責任の重たさはどれくらいでしょう」といことをグループでディスカッションした覚えがあります。年齢、職業、役職等で重たさの感じ方が異なることなど話をしたことを思い出しました。私自身校長になって1年が経とうとしていますが、しっかりと情報収集し判断、決断、断行をしなければならないことを再認識しました。また、行動や発言等よく考え、責任という荷を背負いながら、学校経営をしていかなければと思いました。
 2017/01/10 平成28年度 3学期始業式
○新年にあたり
 あけましておめでとうございます。昨年は、浜田商業高校を応援していただき、ありがとうございました。教職員、生徒ともども御礼申し上げます。
 本年も一つよろしくお願いします。

 今年の抱負としまして、昨年以上に浜商のため活動していきたいと考えています。生徒一人一人が活躍し輝けるよう、また、教職員が働きやすい環境を作っていこうと考えています。

 さて、平成29年が始まりましたが、私たち学校では、28年度学期末3学期を迎えます。総決算を行う時期でもあります。3年生は卒業に向け最後の高校生活を締め括るとき。2,1年生は進級、将来の進路実現に向けひと踏ん張りをするときです。それぞれも目標とするところに1歩でも近づけることができたらと思います。

○3学期始業式
 1月10日(火)本日3学期が始まりました。どの学年も締めくくる学期です。3年生は高校生活、1、2年生はそれぞれの学年を悔いが残らないよう次につなげていただきたい。
 平成29年が始まりましたが、どのような1年になるのでしょうか。皆さんの将来にかかわってくるかもしれないことを挙げてみますと、国内では経済産業省が昨年4月に発表したAIやロボットなどの第4次産業革命により2030年には最悪735万人の雇用がなくなるという見通しを出しています。また、世界を見渡すといろいろな国で変化が起きています。昨年OPEC(石油輸出国機構)及びOPEC非加盟国の石油減産による石油価格の高騰、1月20日には過激な発言をしているトランプ氏がアメリカ大統領に就任し、フランスでは大統領選挙と国民議会選挙、ドイツでも連邦議会選挙があり、結果次第ではEUやユーロ圏崩壊の危機が訪れるかもしれません。このような経済的不安材料がたくさん存在します。皆さんに将来を不安がらせるような話をしていますが、このことは現実として受け止めなければいけないことです。このような不安材料が多い中でも皆さんはしっかりと自分の将来を考え生きていくことをしなければなりません。そのために今何をしなければいけないか、それは自分自身で情報を収集し考え行動に出ることです。そのためのヒントをお話しします。
 「鳥の目」「虫の目」「魚の目」という言葉を知っていますか。失敗をしないための心構えと思ってください。
 「鳥の目」は、高いところからものごとを見て、全体を把握することです。
 「虫の目」は、細かいところまで見ることで、狭くそして深くものごとを見ることです。
 「魚の目」は、魚は川の中にいますね。川の流れを体全体でキャッチし泳いでいます。ということで時代の流れをしっかり見ることです。
 この3つの視点を持って日々を暮すことで、失敗が減って自分の夢や希望がかなえられるようになると思います。その訓練として生徒の皆さんに今があると思います。「鳥の目」「虫の目」「魚の目」という視点を日頃から持つことで、変化の激しいこれからの世を生きぬいていけると思いますので、ぜひこの3つの視点を忘れずいてください。。
 それでは、締めくくりの3学期、悔いが残らないように、新しい年度に向けての準備をしていきましょう。


 2016/11/22 蒼陵会関東支部・京阪神支部総会に行ってきました。
 平成28年11月19日(土)関西支部総会、翌日20日(日)京阪神支部総会が開催され、野藤蒼陵会会長、城市前会長、酒井先生と私4名で行ってきました。
 関東支部総会は島根イン青山で開催し、小越支部長をはじめ14名の参加、京阪神支部は大阪メルパルクで藤森支部長をはじめ20名の参加の元、総会を開催しました。総会では野藤会長から学校の様子などを話されました。また、城市前会長からは、30年にわたる会長職を無事終えることができたお礼や今後の母校への期待等話されました。その後懇親会を行い、お互いの近況や当時の高校生活、担任、部活動顧問の話で大変盛り上がりました。最後に皆さんで校歌を歌い、4年後の再開を誓い散会となりました。私も母校の同窓会にいるような本当に居心地の良い楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。卒業後も集まってワイワイできる集団に今の生徒たちを育てていきたいものです。
 ご参加くださいました皆様方、ありがとうございました。これから寒さも増してきます。ご自愛ください。


 2016/11/02 壮行式行う 
 連日文化祭で発表する合唱コンクールの練習が行われていますが、今日(11月2日(水))全国大会、中国大会に出場する選手の壮行式が放課後ありました。
 出場する選手は、全商英語スピーチコンテスト県大会スピーチの部で全国大会出場の切符を手にした1年1組石田怜士君、島根県商業教育研究会主催珠算・電卓競技大会の電卓の部でIT商業研究部が中国大会出場、県高校新人ソフトボール大会で準優勝のソフトボールが中国新人大会に出場することになりました。おめでとうございます。全国・中国大会では、予選で戦った相手のため、そして自分のために、万全の態勢で頑張ってきてください。健闘を祈ります。



2016/10/26 2学期球技大会
 2学期の球技大会が行われました。今回の種目は、男女バスケットボール、男子フットサル、女子ソフトボールでした。あいにくの小雨模様でしたが、フットサル、ソフトボールとも楽しそうに協議をしていました。ソフトボールでは、外国語指導教員のマコイ・デスタニー先生も生徒に混じってプレーをしておられました。また、フットサルでは優勝した3年2組の生徒と教員チームとエキビジションマッチが行われました。
 この大会は12月に行われる地区高体連の予選も兼ねています。出場権を獲得したチームは、ぜひ優勝目指して頑張ってください。



2016/10/25 2年情報処理科での授業風景 (IT人材育成事業に係る授業)H28.10.25
 IT人材育成事業に係る授業が25日(火)に行われました。今回の授業は、東京と浜田を結んでの授業で、東京でIT関連の仕事をしておられる浜田出身と本校出身の2人の講師の方に、仕事の様子や情報処理科の生徒に期待すること等について話をしていただき、その後生徒から質問等を行うインタラクティブな授業を行いました。生徒の様子を見ると、教室というフィールドを感じさせない、あたかも講師の方の会社で話を聞いているかのようでした。生徒はとても良い経験をしたと感じました。今後は、ICTの活用で時間と場所を選ばない授業が多くなることでしょう。
 


2016/10/03 浜商デパート準備始まる
 中間試験も終わり本日(10月3日)から10月9日(日)に行います「浜商デパート」の準備が本格的に始まりました。3年生を中心にどのようなコンセプトの店舗にするのかを再確認し、店舗設計や販売する商品の内容等の確認が行われました。販売する商品やイベントについてはホームページ中のポスターやなどを見てください。
 浜商デパートの開催日時は以下のとおりです。皆さん来校していただき生徒の評価をしていただきたいと思います。
期日 平成28年10月9日(日) 
   9:55〜10:00 オープニングセレモニー
  10:00〜15:00 販売


2016/10/03 表彰される 
 本日「小さな親切」運動の会員である山陰合同銀行石見営業本部長の石原貢様より表彰を受けました。表彰を受けた生徒は、1年1組の松本君と河野君の2人です。松本君と河野君は、浜田駅でATMに財布を忘れして困っていた高齢者の方に声をかけ警察に連絡をしたことに対して、公益財団法人「小さな親切」運動本部より小さな親切運動実行章を受章しました。このような賞をいただき大変うれしくまた誇りに思いました。


 
「小さな親切」実行章受章式 topics

 
2016/09/28  IT人材育成事業研修会・「私たちのネットルール」作成事業
 IT人材育成事業の一環として平成28年月26日(月)に職員研修会がありました。「ICTの最新事情(企業活動のどのような部分にICTが利活用されているか、生徒がICTを学ぶ意義)」と題して、eーFront島根支社長 佐々木大輔様の講演がありました。様々な企業のICTについての説明と、生徒がICTを学ぶ意義についての内容でした。社会に出ていく生徒の現状を知る上でも大変参考になりました。高校生のからICTの意義を学ぶことで、生徒たちの強みになるであろうと感じました。
 同じ日に「私たちのネットルール」作成事業の第4回の会議が本校会議室で行われました。今回が最終回でチラシの最終確認等が行われました。この会議で作成されたチラシについては浜田市内の小・中・高の児童生徒へ配布される予定です。
 なお、10月7日(金)浜田東中学校で中学生に向けて本校生徒がチラシを配布し、ネットトラブル防止教室の講師として話をする予定です。



2016/09/03 体育祭行う
 9月3日(土)体育祭が、「闘志 勝利への鍵をつかみとれ」のテーマで、赤、青の2分団に分かれ、優勝を目指して競い合いました。競技はテーマ通り、勝利にこだわり白熱した競い合いが随所で見受けられ、応援合戦では、一致団結して練習の成果が遺憾なく発揮されました。また、保護者、近隣の皆さん方が多数来校して応援していただきました。ありがとうございました。最後に工藤PTA会長の万歳三唱で体育祭を締めくくりました。PTA会長様ありがとうございました。
 なお、文化祭は11月8日(火)に、文化部、クラスを中心とした催しが、学校体育館で開催しますのでぜひお越しください。
 もう一つ学園祭とは別に、10月9日(日)浜商デパートを開催します。昨年以上にパワーアップを図り、来場者の皆様が満足できるよう、生徒一人一人がおもてなしを考えております。お待ちしております。

                        平成28年度浜商体育祭のページへ



2016/08/29 2学期始業式
 8月に外国語指導助手、Destiny McCoy先生が赴任されました。授業は2年生が中心ですが、皆さんと一緒に授業ができるのを楽しみにしておられます。よろしくお願いします。
 さて、2学期が始まりましたが、この2学期は体育祭、浜商デパート、文化祭と大きな行事があり、皆さんが活躍できる機会が準備されていますので、自分の持てる力を、パフォーマンスを見せていただきたいと思います。また、行事ばかりではなく3年生にとっては将来に係る大切な時期でもあります。就職・進学共にしっかりと準備はしてきていると思いますが、最後の力をふりしぼり、自分の将来を勝ち取ってください。2年生、1年生も勉強に部活動に全力で向き合ってください。部活動は新体制になってから初めての試合があります。夏休みしっかりと練習をしてきたと思いますので、試合に体調を整えて力を出し切ってください。
 最後に、夏休みに入ってから教室前の手すりの補修工事をしていただきましたことを紹介しておきます。もう一つ、8月22日島根県ビルメンテナンス協同組合の社会貢献の一つとして、生徒用トイレを清掃していただきました。7人の方に来ていただき、暑い中、きれいにしていただきました。皆さんも感謝して、トイレをいつまでもきれいな状態で使用してください。お願いします。この社会貢献ですが、商業を学ぶ生徒としてしっかりとその意義等を理解していただきたい。企業はお金儲けだけを考えていたのでは、成り立っていきません。「企業の真の目的は社会貢献である。」とも言われています。商業を学ぶ生徒として社会貢献の意義を理解し、高校生活を送っていください。
 では、2学期皆さんの活躍を期待します。            以上

ビブリオバトル中国大会出場者発表

身だしなみ指導
 2016/08/10 1日体験入学行う  
 夏休みに入り2週間が過ぎました。3年生は進路実現のため毎日のように登校、1・2年生は高校総体の補助員として選手や応援に来られた方のおもてなしをしていました。いつも以上に暑い夏。よく頑張っていると思います。
 9日、10日両日1日体験入学を行いました。浜田、江津、益田から約160名の中学生を迎え、簿記・情報処理の体験授業と部活動体験を行いました。短い時間でしたが中学生の皆さん真剣に説明を聞いていました。また、部活動体験は暑い中、高校生に混じりながら一緒に練習をしていました。部活動体験では、4クラス並みの人数となり、久々に体育館、グラウンド共に活気のある声が聞こえていました。活気の感じられる学校っていいですね。体験に来られた中学生の皆さん、浜田商業に来て一緒に学校生活を送りませんか。




 2016/07/22 平成28年1学期終業式
 まずは、来校された方々から、「挨拶や礼とても気持ちがいいです。」とほめていただきことがたくさんありました。また、先日浜田駅で困っているお年寄りを助けてあげた1年生について、交番から連絡を受けました。とてもうれしく誇らしく思いました。
 さて、明日から夏休みに入ります。そこで次の2つのことについて自分なりに考え実行してみてください。
 1つ目は、自分なりに反省をしてください。学校での生活、勉強への取り組む姿勢、部活動への取り組み姿勢、人にいやな思いをさせていないか、保護者への感謝の気持ちを忘れずにいたか、自分勝手な行動をとっていなかったか、などなど、自分がどうであったかを反省してください。良いところが見つかればそれを今後も続けていくことに心がけ、悪いところは直していこうと努力してください。私たちは自分のことはさておき、人を評論家のように評価します。まず自分をしっかり評価してください。
 2つ目は、この夏休みしっかりと楽しんでいただきたい。たとえば運動部であれば、毎日の体力・筋力トレーニングや厳しい練習に耐えてこそ、楽しく試合ができます。また、3年生は自分の進路に向けた勉強をしっかりとすれば、志望する進路先にぐっと近づいてきます。しかし、漢字は同じでも「楽」をしてしまうと、試合にもならない、志望の進学先すらいけないことになります。この夏休み、楽をしないで楽しく過ごしてみましょう。
 最後に、インターハイの補助員として出かける生徒の皆さん、さわやか浜商生として選手や役員、応援に来られた方々をおもてなししてください。
 

 

ショートケーキの日 ・・・・・? 22日の上には?

2017/07/20  全国大会出場者が浜田市長を表敬訪問しました
 7月20日(水)本校の郷土芸能部とIT商業研究部が、久保田浜田市長を表敬訪問しました。郷土技能部の大坪さん、坂本さん、IT商業研究部の大岡さん、山藤さんらが「全国大会では上位をめざし頑張りたい」と意気込みを述べました。
 郷土芸能部は7月30日(土)広島県三原市で、IT商業研究部は8月6日(土)東京高千穂大学で大会があります。




2016/07/20  浜商デパート株式会社 株主総会開かれる
 7月20日(水)浜商デパート株式会社の臨時株主総会が開かれました。新しい役員の紹介では、森川代表取締役社長をはじめ8人の取締役と2人の監査役が紹介されました。その後5つの議案についての採決がありいずれも可決されました。
 最後に森川社長が全校生徒に、今年度の浜商デパートへの意気込みをアピールし、株主総会が閉幕しました。
 浜商デパートは、10月9日(日)開催されます。
 



2016/07/19 地域IT人材育成事業の開始式及びキックオフ講座を行いました。
 7月19日火曜日、地域IT人材育成事業の開始式及びキックオフ講座を行いました。開始式には、事業主体者として県教育委員会片寄教育監様、島根県商工労働部産業振興課情報産業振興室美濃室長様、同企画調整グループ安達GL様、同グループ長岡主任主事様が、受託企業から株式会社e-Front佐々木島根支社長様、同社高橋様が来校され、また、来賓に久保田浜田市長様、石本浜田市教育委員会教育委員長様をお迎えし、久保田市長様から生徒に激励の言葉をいただきました。
その後キックオフ講座として、「10年後の理想の未来」と題し、島根県立大学生6名をファシリテーターとしたワークショップを実施しました。ファシリテーター役の大学生を中心として生徒の考えを引出し、まとめて、最後に発表までの講座でしたが、生徒は緊張しながらも、楽しく活動をしていました。また、大学生の話やファシリテーションに「さすが大学生だ」と感心している生徒もいました。
この授業は、2学期からが本格始動となり、実社会で働いておられる方の姿に触れながら、生徒の成長に期待したいところです。
 
 この事業以外に、2年1組の保育実習があり、暑い中園児と一緒に砂遊びや虫取りをして触れ合ってきました。また、野球部は出雲高校と対戦をしましたが、残念ながら負けてしまいました。応援していただきました皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

2016/07/15 生徒救急法講習会
 1年生を対象に、日常生活での事故防止の知識や事故・急病人への応急手当、AED取り扱いなどの講習会がありました。緊急場面に遭遇したとき、勇気をもって救助できる知識や態度、技術を身につけてほしいということで、講習会を開催しています。
 日本赤十字社島根支部救急法指導員竹下氏、山田氏を講師に招いて、「救急蘇生法の指針2015」に基づいて救急法の知識やダミーを使っての蘇生法及びAEDの使用方法について、2時間行われました。生徒は、心肺蘇生法やAEDの使用方法など真剣な態度で行っていました。
 

 


2016/07/14  2年生園児と共に遊ぶ(保育実習)
 7月14日(木)家庭科授業の一環として2年生(今日は2年2組)が、長浜幼稚園で保育実習を行いました。園児との交流を通して、園児の心身の発達や生活について理解を含め、園児と触れ合うことで保育の関心を高めることを目的として行っています。
 生徒は最初緊張やどのように対応してよいのかわからず、戸惑っていましたが、時間がたつにつれ園児たちと一緒に砂遊びや虫取りをしていました。園児の中には、お兄ちゃん遊ぼうといって園庭を走り回り、園児のパワーにアッとされている生徒もいました。生徒たちは10年前の自分の姿を思い起こす時間となったことでしょう。
 この実習は19日にも実施されます。
 

 


 第3回 高校生によるネットルール作成
 高校生が考える「私たちのネットルール」作成事業が今日本校で開催されました。今回で3回目となり、それぞれの意見をまとめる段階になりました。浜田市教育委員会、石見ケーブルビジョン、浜田市PTA連合会の皆さんのアドバイスをもらいながら、小、中、高に配布するチラシの作成をしました。
 
2016/07/07  激励会行う。
 全国大会・中国大会と野球県予選・県吹奏楽コンクールに出場する各部の激励会を行いました。
 全国大会
 ・郷土芸能部 7月30日(日) 広島県三原市
 ・IT商業研究部(ワープロ競技) 8月6日(土) 東京

 中国大会
 ・水泳部   7月22日(金)〜24日(日) 山口県山口市

 県大会
 ・野球部   7月16日(土) 浜山球場 第3試合  野球選手権島根大会
 ・吹奏楽部  8月6日(土)  益田市 グラントワ  全日本吹奏楽コンクール島根県大会
   
 全国大会・中国大会出場する選手の皆さん、大会出場おめでとうございます。全国・中国大会では、予選で戦った相手のため、そして自分のために、万全の態勢で頑張ってきてください。
 野球部・吹奏楽部は、今まで練習してきたことを十二分に発揮し、上位大会出場めざし、暑い暑い時期ではありますが、頑張ってきてください。健闘を祈ります。

2016/07/06  校内球技大会 熱戦繰り広げられる! 
 校内球技大会が本校体育館で行われました。種目は、男女バレーボール、男女卓球(個人戦)で、気温30℃超える中、熱のこもった試合が繰り広げられました。体調不良を訴える生徒もほとんどなく、競技を終えることがでました。この球技大会が終わると、夏休みまで秒読みといったところです。
バレーボール競技で1位、2位のチームは、地区高体連の大会に出場します。優勝目指して頑張ってください。
成績
 バレーボールの部
男子 1位 3年1組A  2位 3年1組B  3位 2年1組A 2年1組B
女子 1位 2年1組   2位 2年2組A  3位 3年2組B 3年2組A

卓球の部
男子 1位 1年1組 濱角さん   2位 1年2組 高野さん
   3位 2年2組 永見さん 1年1組 松本さん
 
女子 1位 1年2組 渡津さん   2位 1年1組 金本さん
   3位 1年2組 栗生さん 1年1組 長田さん

2016/07/04 専門高校説明会
 先週金曜日(7月1日)浜田合同庁舎2階で、浜田商業高校、浜田水産高校、江津工業高校3校で専門学校説明会を中学校保護者様対象に開催しました。参加された保護者様はわずかでしたが熱心に学校の説明を聞いていただきました。3校の説明後各学校に分かれて、保護者様から検定のことや授業のこと、実習などについて質問があり、1つ1つ丁寧に答えました。
 この説明会は、各中学校に高校が出向いて行う説明会では聞けないことや、保護者様の質問に答えることをしました。本校からはPTA会長さんに子供さんの学校の様子等話をしていただきました。

 今週金曜日(7月8日)には江津でも説明会を行います。浜田会場に来られなかった保護者様、申し込みをしていなくてもかまいませんので、直接会場にお越しください。江津会場は、江津総合市民センター(ミルキーウェイホール)18:30から行います。

  
2016/06/29  3年生保護者同伴の進路説明会を開催しました。
 6月25日(土)3年生の保護者、生徒を対象に進路説明会がありました。就職、公務員、進学とそれぞれ担当が昨年の状況や今年度の見通し、そして手続き等の説明を約2時間行い、親子で真剣に説明を聞いていました。
この説明会が終わると、3者面談を行い、将来に向けて重大な決断をすることになります。就職希望は9月16日から試験が開始され、進学希望者はまず専門学校の推薦試験が10月から開始されます。
まずは、自分の希望するところに行けるようしっかりと頑張って欲しいです。





 2016/06/22 課題研究のご紹介 その1
 本校は、「地域創生」を意識し、観光資源・地域特産品の活用を踏まえた展開など、地域に根差した特色ある活動をしています。その一つの活動として、3年生が課題研究という授業で取り組んでいる内容を数回に分けて紹介します。この課題研究は、商業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的、創造的な学習態度を育てるものです。また、総合的な学習の時間も兼ねており、この学習を通して、自己の在り方生き方を考えることができるようにすることも含まれています。
 今回紹介するのは、観光班です。生徒6名が担当し、地域の観光資源の掘り起こしや資源の有効活用等を研究し、生徒目線での観光プランを作成する班です。6月中旬に2か所の施設を訪れ、体験学習をしてきました。
 1つは、大いに自然(田舎)を感じてもらえる浜田市弥栄町の「ふるさと体験村」でそば打ち体験です。そば打ち初めての高校生6人が悪戦苦闘しながら、講師の先生に指導していただき、そばを打つことができました。その後自分たちの打ったそばを美味しくいただきました。私もおいしくいただきました。
    
 2つ目は、浜田市三隅町にある石州和紙会館で重要無形文化財「石州半紙」を含む伝統的工芸品「石州和紙」の製造工程を体験してきました。紙漉きから和紙を使った行燈づくりを体験しました。
    
今後旅行業者とタイアップして、高校生の視点から観光プランを提案していこうとしています。生徒たちは、「商業高校で学んだ知識を生かし、お客様に満足してもらえるような商品を開発したい」と張り切っています。
  


 2016/6/6  県高校総体終わる
 県高校総体後期が先週すべての日程を終えました。現地に出かけてすべての試合を応援することはできませんでしたが、浜商生、前期同様、持てる力を出し切りよく戦ったと思います。他校の壁をなかなか崩せなく上位へ進むことはできませんでしたが、水泳部3年生阿瀬川さんが200m,400m個人メドレーで1位、3年生平野さんが100m、200m自由形で4位、2位という結果で、全国大会めざし中国大会に出場することとなりました。
生徒の頑張っている姿を見られ、大変うれしかったです。また、会場には多くの保護者、卒業生の皆様が応援に来ておられました。応援ありがとうございました。
 その他に、書道部が高文連書道コンクールに出場し、2年生梅田さんが特選に選ばれました。おめでとうございます。
 6月は、全国商業高等学校協会が主催する珠算電卓、ワープロ、簿記、情報処理の全国大会をかけた県予選があます。本校からも出場しますので応援よろしくお願いします。



2016/06/01 中学生への学校説明会始まる
各中学校へ学校説明会が始まりました。来年度の生徒募集の始まりです。今日から7月初旬まで浜田地区、江津市区、益田地区の中学校に出向き高校の特徴や目指すところなどの説明会がありますが、来年度より高校入試の仕組みが変更になり、中学生の動向が気になるところです。浜田商業の目指しているところや魅力をしっかりと伝えていきたいと考えています。
 また、体験入学(8月9日・10日)やオープンキャンパス(10月1日)を実施しますので、しっかりと体感していただきたいと思います。保護者様向けの説明会も開催します。お子様の将来像が見える会にしたいと考えていますので、どうぞご参加ください。よろしくお願いします。
 



2016/5/31 県総体が始まりました。
 今日で5月が終わります。先週から県総体が始まり、浜商生も日頃の練習の成果を発揮しています。
しかしながら、他校の壁は高く厚く、それを突破することは容易ではありませんでした。しかし、生徒は精一杯持てる力を出し闘っている姿は素晴らしかったです。

熊出没注意(クリエイティブコンパス社の商標ではありません。本物です。)
 5月に入ってから熊、猿が出没し注意情報が出ていました。先週道の駅ゆうひパーク浜田周辺で熊の目撃情報がありました。周辺の小・中学校の児童・生徒は、鈴を携行しての登下校時で、朝夕「チリーン、チリーン」という音がしています。先週土曜日には、熊が捕獲されましたが、小学生は今でも「チリーン、チリーン」と鈴を鳴らして登下校しています。
 先週校長会で東京に出かけていましたが、東京では熊ならぬ「スマートフォンゾンビ」が大量発生していました。熊も怖いですが、スマートフォンゾンビも不気味で,危うく襲われそうでした。私自身もスマートフォンゾンビに変身しないよう気を付けないと。

 
 5月18日(水)
 先週中間テストも終わり、いよいよ県総体に向けた動きが活発化していきます。昨日は、県総体、文化部で県大会に出場する部活動の激励会を行いました。選手たちに「笑顔で、頂点をめざし悔いの残らない戦いをして欲しい。」と激励をしました。みんなで応援し、盛り上げていこうとする姿が見られ、良い一日でした。
放課後、生徒の活気のある声が聞こえる体育館、グランドを見て歩いているとき、他の高校では聞こえてこない笛・太鼓の音がしています。郷土芸能部の石見神楽の練習する音です。「どんちっち・どんちっち」とアップテンポの音は、運動部にとって気持ちが高揚してくる効果があるのかなと一人ニヤニヤしながら部活動を見学していました。これまた「いいな」と感じた瞬間でした。