部活のトップへ     



部活の紹介
部員に聞きました
 最新 Q&A (2010)

 柔道部は休部状態から平成12年度より再開しました。現在8名の部員ですが、伝統を受け継ぎたいものです。浜田では昭和57年島根国体、平成7年全国高校総体、平成9年国際親善女子柔道大会、平成13年全国中学校総体を行いました。浜田の地では柔道熱も高まり、部活動を続ける上で大いに将来性を感じています。大勢の仲間で柔道を楽しみたいものです。是非入部してください。


成績
2015年の成績

第62回中国高等学校柔道大会
 日時 平成27年6月12日(金)〜14日(日9
 場所 島根県立浜山体育館カミアリーナ
 成績 男子個人 稗田 誉之  
        1回戦 崇徳高校 一本負け  積極的な攻撃を仕掛けたがうまく対応され一本負けを喫し完敗したがベストを尽くした。
    


平成27年度 島根県高校総体
 日時 平成27年5月31日(日)
 場所 石見武道館

   個人戦 男子81s以下級 1回戦敗退


中国大会県予選

 日時 平成27年4月26日(日)
 場所 県立武道館

   3回戦敗退 後 敗者復活戦 3位決定戦で敗退




2014年の成績

平成26年度島根県高校総体 柔道
 期日 平成26年5月31日・6月1日
 会場 県立武道館
     女子団体 1回戦 松江農 2-1 浜田商
     男子個人 稗田(2-3) 2回戦敗退    鹿野(3-1) 初戦敗退
     女子個人 岡本(3-1) 2回戦敗退    伊藤(3-2) 初戦敗退

中国高等学校柔道大会島根県予選 4月19日(土)20日(日)
 団体戦女子予選リーグ棄権
 個人戦 稗田(男子73sベスト8)  他予選敗退


2013年の成績
全国高等学校柔道選手権大会島根県大会
日 時 平成26年1月10日(金)〜12日(日)
会 場 島根県立石見武道館
    団体女子 
      1回戦 浜商1−2平田
   

第45回島根県高等学校新人柔道大会
日 時 10月19日(土)20日(日)
会 場 島根県立武道館(松江)
 男子個人 稗田73s級3位
 女子個人 伊藤48s級3位
  参加者4名とも入賞が目標であったが2名に終わり残念実力はついてきているので次回の大会でがんばりたい。


中国高等学校柔道大会島根県予選 4月20日(土)21日(日)
 団体戦・個人戦ともに予選敗退

 勝つための課題が見つかり次回に向けて克服したい。


2012年の成績

県選手権
  期 日 1月12日(土)・13日(日)
  会 場 石見武道館
   女子団体 浜商 0−3 益田東 初戦敗退
   女子個人 -52kg 伊藤・岡本  2回戦負け
   男子個人 -60kg 鹿野 2回戦負け −81kg 日高 1回戦負け



平成24年度 県高校新人柔道大会
期日 10月27日(土)28日(日)
会場 県立石見武道館
 男子 60s級 鹿野 3位  81s級 日高 3位
 女子 48s級 伊藤 3位



第50回島根県高等学校総合体育大会 6月1日(金)2日(土)
垰(3年)男子60kg級3位  
  
 男子団体戦はぎりぎり3人だけのメンバーで出場し、それぞれがよく頑張りました。特に高校生活最後の県内公式戦となった3年生は、満身創痍の中、柔道へ対する思いや今までの努力が伝わってくる試合内容でしたが出雲工業に惜敗していまいました。
 女子団体戦は初戦で優勝した出雲西と対戦し負けてしまいましたが収穫のある大会となりました。
男子個人戦では60kg級で3年生の垰君が3位入賞することができました。
 保護者の皆様や沢山の皆様に応援していただき、全員が力を出し切ることができました。
大変ありがとうございました。今後も浜商柔道部をよろしくお願いします。

中国高等学校柔道大会島根県予選 4月21日(土)22日(日)

 個人 垰(3年)男子60kg級3位 中国大会出場権獲得


2011年の成績

第43回 島根県高等学校新人柔道大会  10月29日(土)30日(日)
男子 個人 60kg級 第3位 垰(2年)
 
 新チームとなり挑んだ試合でしたが、メンバーが足りず個人のみの出場となりました。しかし、選手宣誓を務め、個人で入賞するなど存在感をアピールできた大会となりました。
 1月に松江で行われる島根県選手権大会では気持ちを切り替え、今大会以上の成績を目指します。
 最後になりましたが、応援に来てくださった保護者の皆様、応援してくださった方々ありがとうございました。

 



第49回島根県高等学校総合体育大会 6月3日(金)4日(土)
男子総合7位  出江(3年)男子100kg級3位  総体得点4

 男子団体戦トーナメントは松江農林に勝ちましたが次の益田東に健闘したものの敗れ、敗者復活戦に進出しました。敗者復活戦では松江北を破りましたが、松江工業戦で惜敗しました。
 男子個人戦では100kg級で3年生の出江君が3位入賞し、団体戦と合わせて総体得点4を獲得することができました。
 保護者の皆様や沢山の皆様に応援していただき、全員が力を出し切ることができました。
大変ありがとうございました。今後も浜商柔道部をよろしくお願いします。     文責 顧問花本

  



中国高等学校柔道大会島根県予選 4月23日(土)24日(日)

 男子団体戦では松江南戦、出雲西戦共に健闘しましたが、あと一歩及ばず予選リーグ敗退となりました。男子個人戦66kg級で3年生湊が4位、100kg級で3年生出江が4位入賞し中国大会出場を決めました。6月3日(金)4日(土)松江市で開催される島根県高校総体では、「浜商の柔道に対する思い、勝利への執念、チームワーク」で、今大会以上の成績を目指します。
 最後になりましたが、応援に来てくださった保護者の皆様、応援してくださった方々ありがとうございました。 文責 顧問花本


県高校柔道選手権大会にむけて

 標記大会が1月15・16日に松江市の島根県立武道館で開催されます。
 先日行われた県新人戦では、夏の努力が実り、浜商として20年ぶりのベスト4に入ることができました。その後のミーティングで、次の目標は「今大会での団体・個人優勝」と決まりました。しかし、その目標を達成するためには、今までよりも数倍高い意識で練習や生活に取り組んでいかないといけないことを選手たちと話をしました。「強くなるための練習や生活はもちろん、『チャンピオンになるための考え方』ができてこそ、道は開ける。」そう信じています。
 考え方をより高めていくことは簡単なことではありませんが、選手とともに頑張っていきます。
 組合せはこちらから


 2010年の成績

第11回中国高等学校柔道新人大会
 
日 時:平成22年11月20・21日
場 所:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター
【大会結果】
男子団体予選Dリーグ @浜田商業 1−2 広島工業大学(広島3位)
               A       3−2 下松工業(山口6位)
               B       0―5 作陽(岡山1位)
                     ※Dリーグ 1勝2敗(予選敗退)
【顧問雑感】
  3年連続での出場となりましたが、一昨年、昨年は一勝もできておらず、「なんとしても一勝する」ことを目標に、今大会に挑みました。
結果は1勝2敗と、目標を果たすことができました。「いい試合」「悪い試合」「全国3位の強豪相手に気持ちでひるむことなく、全力でぶつかっていけた試合」をそれぞれ経験することができました。結果以上に内容のある大会となり、そして「浜商柔道部はもっと強くなる」ことを感じた大会となりました。
遠征などでお世話になっている県外強豪校の先生からも「選手も強くなっているだけじゃなくて、いいチームに育ってきたね」と声を掛けていただきました。どんどん強くなっていく選手と一緒に過ごし、こういった大きな大会に連れてきてもらうと、『私自身、選手に成長させてもらっているな』『もっと選手と一緒に成長したい』という思いがこみ上げてきます。
きつい練習・遠征や厳しい言葉にも必死で食らいついてきて、それにこたえて成長してくれている選手たち、そしてそれを支えてくださっている保護者のみなさま、学校関係者や地域のみなさまに対する感謝の気持ちも日々大きくなります。
次は、1月の県高校選手権が近い目標となります。私自身さらに努力し、成長していくことで、選手の頑張りに応えていきたいと思います。それが、さらなる選手たちの成長につながっていけばいいなと思っています。努力は人を裏切らない!





第42回島根県高等学校新人柔道大会の展望(文責顧問)   2010年10月30日開催  組合せはこちら

 男子団体戦では予選リーグで出雲工業高校と大社高校と対戦することになりました。出雲工業高校との試合は接戦が予想されます。しかし、6月の県総体後、浜商が県内では一番練習してきたという自負があります。その稽古量を自信にして、予選リーグを1位で通過し、目標としてきたベスト4に進出したいと思います。応援よろしくお願いします!
                                       


2010/07/10 国体予選の様子
  出江君 100s以下級  2位
   野田君  60s以下級  3位



  県高校柔道選手権大会
   結果  男子団体
        ・ 1回戦 (シード)
        ・ 2回戦  益田翔陽(2人残しで勝ち)
        ・ 準決勝  開星(4人残しで負け)
        男子個人
        ・ −90kg級 松村(2−1) 3位
        ・ 無差別級  出江(2−2) 5位

 
【顧問雑感】
 目標としていた「今大会での団体・個人優勝」には届かず、顧問としての力不足を感じ、選手たちに申し訳なく思っています。しかし、新チームとなり、2大会連続で3位に入賞することができました。大会で連続して賞状をもらうことは簡単ではありません。年末年始を返上し、選手たちが努力してきた成果だと思います。ぜひ、この結果を自信につなげてほしいと思っています。

 今大会で活躍した選手がいます。彼は団体戦でも要所要所でチームの流れをいい方向へ変える活躍をし、また個人戦でも自分の力を十分に出し、結果を出しました。以前から彼を知っている他校の顧問のみなさんにも「彼は今回すごく良かったね。」「彼はかなり成長したね。」とほめていただきました。
また、浜商に帰り、彼の活躍ぶりを数名の先生に伝えたところ、嬉しい反応が返ってきました。
 「そういえば、彼は、勉強も頑張っとるしね。」 
「実は彼は、最近、授業を受ける姿勢がすごく良くなってきとって、かなり真剣に授業をうけとるなーって思っとったんよ。」
 他の先生から、このような声を聞け、とても嬉しく思いました。そして何より、彼のそのような日常での意識や行動が、今回の大会での活躍につながったのではないかと思い、またまた嬉しく思いました。
 よく「すべては柔道につながっている」という話を選手たちとします。私自身この言葉を意識し続け、選手たちと一緒に成長していきたいと思います。

 最後に、大雪の中、松江まで応援に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。


  第42回島根県高等学校新人柔道大会
  結果 団体戦 第4位 勝ち上がり表(PDF)
      個人戦 湊 松村 出江 山口 各5位入賞
 男子団体戦では目標としていたベスト4に入り、3年連続で中国新人大会の切符を手にすることができました。決勝リーグ進出をかけた出雲工業高校戦は予想通りの大接戦となりましたが、「浜商の柔道に対する想い、勝利への執念、チームワーク」でなんとか勝利をつかみ取ったように思います。中国新人大会(11月20〜21日・周南市)は、レベルの高い試合が予想されます。強豪校と試合ができることに感謝しながら、次の成長のカギを見つけてきてほしいと思います。
 寒い中、応援に来てくださった保護者の皆様、応援してくださった方々ありがとうございました。
  

  平成22年度 島根県高校総体
   結果  団体戦 1回戦 浜商 1−3 松江北  敗者復活戦 浜商 2−3 出雲西
        個人戦 60s級 野田 3位    100s超級 山口 3位

  平成22年度 中国高校選手権大会 島根県予選

   日時 4/24〜25  会場 島根県立石見武道館
   結果  団体戦ベスト8
        個人戦 60s級 野田 3位  73s級岩本 5位  90s級松村 5位   100s級出江・山口ともに5位