演目紹介
  
  天蓋(てんがい)  : 天地人が清められ、神々をお迎えし、神遊びの様子を表現した曲芸的な神楽です。
         ◎第10回郷土芸能の集い(12月10日)で上演しました。
                    

                      


  神迎(かんむかえ) : 東西南北の四方と中央を祓い清め神々をお迎えします。
         ◎ 第34回全国高等学校総合文化祭みやざき2010に出場し優良賞を受賞しました。
           男子2名女子2名の4名が囃子と息を合わせ、儀式舞いらしく厳かに舞いました。


  塵輪(じんりん) : 第14代仲哀天皇によって異国の凶賊を退治されたという神楽です。
         ◎2011浜田駅北医療フェスタで市民の皆様に披露しました。 (10/23)
         ◎ 9/26 フェスタ2010(はまだ自動車教習所)で上演しました。


  恵比須(えびす) : 漁業、商売繁盛の神、事代主の命の鯛釣りの舞いで、御神徳を称えます。
         ◎ 9/26 フェスタ2010(はまだ自動車教習所)で上演しました。


  岩戸(いわと) : 天の岩戸に籠もられた天照大御神を招ぎまつり、再び世の中が明るくなり喜びを表現します。
          ◎安芸高田市の「神楽甲子園」で1,200名の皆様の前で上演しました。
          ◎8/20「月一の舞」で上演しました。(北広島町)
          ◎ 第33回全国高等学校総合文化祭みえ’09で上演しました。


  大蛇(おろち) : 須佐之男命がヤマタノオロチを退治します。
         ◎ 第32回全国高等学校総合文化祭ぐんま総文では秋篠宮・同妃殿下および
        眞子内親王殿下の御前で上演する機会に恵まれ、部員一同得難い経験をさせてい
        ただきました。

         ◎ 第31回全国高等学校総合文化祭しまね’07総合開会式では8頭立ての大蛇を披露しました。
         ◎ 第30回全国高等学校総合文化祭 京都大会、初めて全国大会を経験しました。
 
       
 八十神(やそがみ) : 大国主命を慕う八上姫を奪おうと、兄弟である八十神が大国主命を亡きものと画策しま
                す。
         ◎ 9/26 フェスタ2010(はまだ自動車教習所)で公演しました。八十神の二人は地元社中にも所属
           している今年の卒業生が演じ、滑稽なやりとりで会場を沸かせました。


 天神(てんじん) : 左大臣藤原時平の讒言によって太宰府に左遷され、無念の死をとげた学問の神様、
              菅原道真を祀る神楽です。

◎ 9/25 フェスタ2011(はまだ自動車教習所)で公演しました
◎津和野温泉なごみの里(8/21)で舞いました。



今年度の活動へ
昨年度までの活動へ
郷土芸能部に戻る部活紹介に戻る