学校紹介

校長あいさつ

チーム浜ろう2017

 本校は島根県西部における聴覚に障がいのある幼児・児童・生徒の教育を担う学校です。「明るく なかよく たくましく」という校訓のもと、「自ら考え、自ら判断し、自ら行動する 心豊かにたくましく社会で生きる自立した人間の育成」に努めています。
 現在、幼稚部2名、小学部6名、中学部1名、高等部2名、計11名の子どもたちが学んでいます。視覚支援や手話等による情報保障を徹底するとともに、個々の子どもたちの実態を把握し、ニーズに応じた教育活動を推進しています。
 小規模校ではありますが、まるで大家族のような学校です。昼休み、幼児から高校生、教職員が一緒に遊んだり、時には中高生が絵本の読み聞かせを行ったりと、アットホームなところが自慢です。学校行事になると、多くの地域の皆様、保護者・卒業生の皆様にご参加いただき、とても賑やかな学校になります。昨年度は全国聾学校卓球大会が島根で開催され、本校が主管校を務めました。個人準優勝、団体5位という成果をあげることができましたのも、多くの皆様のご支援、地元高校生の大声援があったからこそでした。
 支えられれば支える。本校は島根県西部において、聴覚障がいにかかわる相談、支援を行うセンター的機能を果たす役割も担っています。乳幼児・児童・生徒に対する支援や保護者支援、また保育所・幼稚園、小・中・高の先生方へのコンサルテーションを実施しています。また、本校は聴覚だけでなく、県西部の視覚障がい教育の拠点校として、0歳からできる視力検査や視知覚検査等を実施したり、支援についての情報提供等を行ったりしています。加えて、2名の通級指導教室担当者が、支援を必要とする児童・生徒への個別の指導にあたっています。
 浜ろうは小さな学校ですが、元気いっぱいです。どうぞ、本校教育へのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

                                                                校長  福本 章弘